FC2ブログ

イスラエルとイラン

イスラエルとイランとの間で緊張が高まってます。イスラエルは
イラン国内での核開発を自国存続に関わる問題とみなし、
先制攻撃も辞さない構え。

今、アメリカでは大統領選挙前で、親米イスラエルは普通、
このような時期に、軍事行動を起こさないはず。ですが今回は、
大統領選挙前に、あえて事を構えることによって、アメリカを
動かしやすくしようという判断があるようです。

イスラエルは既に、イランからの報復攻撃への準備を始めてます。
イランは化学兵器を使うでしょうから、防毒マスクを国民に
配布し始めてます。事態はそこまで来てるのでした。

では個人投資家の私たちは今、どうするべきでしょうか。

当然、輸出企業への投資は控えるべきでしょう。投資対象は
電鉄会社やREITといった、国内型に限定すべき。

信用取引も、その時期ではありません。株価が急落しても
大丈夫な資産株だけを現物保有しましょう。

ただし、イスラエルの攻撃が万一、起きても、大きくは発展せず、
短期で終わるでしょう。報道によると、イスラエルのシナリオでは
「戦闘期間は一カ月・自国の死者は五百名」だとか。

もし信用取引をしたいのなら、今は現物で保有し、攻撃が起きた場合、
株価急落を見定めて、その時、勝負に出るべき。
ただし、時期の見極めは難しいでしょう。

もし攻撃が起きなかったら?

その時は、現物株の上昇だけで我慢しましょう。備えたことに
意味があります。未来の危機に備える癖を付けておけば、何度かは
外れても、ホンとに危機が来た時、シッカリ対応できます。

備えをして外れても、儲けが少なくなるだけで、
市場から撤退を命じられるわけではありません。

一方、備えをしないなら、何度かは儲けられても、イザという時、
危機の波をモロに被り、スッカラカンに。市場に向き合うなら、
市場から撤退させられず、混乱時でも市場に参戦できるように
常に態勢を整えておくことが大切です。

滴
autumn drop

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ