FC2ブログ

劇団森2016・さらば 愛しの箱根駅伝

劇団森(しん)の定期公演が早大・学生会館で行われます。私も、いそいそと
出かけました。開演は午後二時。主催者から、確認メールが前日、
何度も届く徹底ぶり。これは、行かないわけにはいきません。

日吉から西早稲田まで東横線、副都心線で一本。出口を出て、
学習院女子の瀟洒な校舎を右に歩いていると、ありました。
早大・学生会館。B203は、地下二階。こんな場所で。

会場は既に暗く、観客でいっぱい。やがて始まった定期公演。
テーマはズバリ、箱根駅伝。

紅葉大・マラソン部主将の走(はしる)。走たち十名は、箱根駅伝のため、
学生生活の全てを捧げてきました。けれど練習中、部員の一人にケガ。
ここから、走の苦悩が始まります。箱根駅伝への出場を諦めるか
どうか、その決断が、彼に託されました。

走には父親がいません。苦悩の末、辿りついたのは父の墓前。
そこで彼は、父・登(のぼる)と友人だった勇作という人物に遭遇。
二十年前、父・登と勇作は、ちょうど今の走のように、箱根駅伝を
目指すランナー。それぞれの大学に属しながら、競いあう好敵手。
どうやら勇作は、父の死の原因についても、知ってるそぶり。

そして、シーンは二十年前の父・登と勇作。二人は、ふとしたことから、
知りあい、互いの実力を認めあいます。目標は、箱根駅伝。勇作のチームで
女子マネを務めるラン。彼女は相手チーム主将の登に思いを寄せます。
結局、登とランは結ばれ、ランは、走の母親に。

現在と過去が交差。走が率いる紅葉大。父・登と友人・勇作が率いる、
それぞれの大学チーム。そして謎の鶴見大チームも加わり、
四つどもえの箱根駅伝がスタート!

走は登、勇作と共に十区を走ることなりました。その結果は?
そして走は父から、どんなメッセージを受け取ったでしょうか・・・

二時間を超える公演。早大生が時間をかけ、練ったストーリー。
ぼうっとしてると、ついていけなくなります。

シュールなようでいて、最初と最後をキチッと合わせ、統一感を出しました。
最初の山神の決闘。最後で、その二人が学生服の中学生として
走りさる、まとめ方は、相当、苦労したはず。

最後に流れるのはTOTOの"Africa"。
なんと、80年代ポップを、こんな場所で、流すとは。

教え子・女子も出演。彼女も体当たりの演技。主役を盛りたてました。
塾に通ってた頃、早稲田に入ったら、演劇やりたいと言ってた女子。
その夢を叶えました。劇団森。これからも公演が続くとか。
こんなできばえなら、私ももっと足を運ばなくてはなりません。

森1
forest

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ