FC2ブログ

ドーマー法則

利潤率と利子率は通常、ほぼ同じになります。アメリカのロシア系・
経済学者エブセイ・ドーマーは、この利潤率、利子率の関係に着目。
利潤率が利子率を上回る限り、財政破綻しない、と導出。
これが、ドーマー法則。

マクロ経済で考えれば、利潤率はGDP成長率、利子率は、長期金利。
つまり、GDP成長率が長期金利を上回ってれば、財政は大丈夫。

ドーマー法則にしたがえば、政策担当者は、GDP成長に、まず主眼を
おかねばなりません。社会の資金循環を円滑にし、成長分野に
重点的に投資すること。

一方、長期金利は低い方がよいわけですから、中央銀行による
国債・買い取り。市中に出回る国債を減らし、価格を上昇させます。
当然、長期金利は低下。よく考えれば、これこそ、アベノミクスの
金融政策。アベノミクスの本質は、ドーマー法則。

もちろん、ドーマー法則だけでは、ダメ。財政破綻の回避が、
政府の第一目標ではないからです。成長していかねば。

今、民間に需要がありません。ですから、政府が需要創造しなくては
なりません。つまり、財政出動。その意味では、今、アベノミクスは、
ドーマー法則からケインズ法則へ移行する段階。

ドーマー法則・適用によって、金融政策については、ある程度、
成功したアベノミクス。資産価格は上がり、雇用は劇的に改善。
今、ケインズ法則、すなわち、財政政策を始める時。

一般会計で公共事業費を大きく増やさねばなりません。よしんば、
それができぬとしても、補正予算を大きく組み、国土強靭化のための、
さまざまなインフラ整備に着手しましょう。やるべきインフラ整備は、
日本全国、山ほどあります。

イチゴ
berries

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ