FC2ブログ

チャイナ・ショック

先月、スイスで開かれたダボス会議。ここで投資家ジョージ・ソロスが
「中国経済にはハード・ランディングしかない」と発言。物議を醸しました。
中国経済は悪影響なしに、回復できない、ということ。

ソロスは同時にロンドン・オフショア市場で人民元にショート・ポジションを
取る、とも宣言。ソロスは、カール・ポパーに師事。「オープン・ソサイエティ」
を理想に掲げる人物。今回のターゲットは、中国。内政では、猛烈な
人権弾圧と虐殺を繰り返し、外交では、武力で膨張し続ける国だけに、
やりがいある仕事でしょう。

平成九年のアジア通貨危機と、酷似。あの時も、ソロスはシンガポール・
オフショア市場で、タイ・バーツに売りを浴びせ、巨額の利益を得ました。
通貨危機は、その後、マレーシア、インドネシア、韓国へと飛び火。
韓国にいたっては、国家破産。IMF介入を招きました。

マレーシアは当時、マハティール首相。マハティール首相はソロスを名指しし、
ヘッジファンドを非難。固定相場に戻し、資本規制を実施。なんとか
国家破産を逃れました。

名うてのソロスが、今回、中国に売りをかけるとあって、世界の金融関係者は、
緊張。同時株安に拍車がかかりました。この状況は、まさに「チャイナ・ショック」。
石油価格・下落など、原因でなく、結果。これまで石油価格・高騰で、
リセッションになった場合はあっても、石油価格・下落でそうなった例など、
ありません。

中国政府は今、かつてのマハティール首相のように、資本規制・導入を
検討してるはず。そうなれば、人民元の国際化だの、アジア・インフラ
投資銀行だの、地に墜ちますが、背に腹は変えられません。

中国政府が資本規制すれば、チャイナ・ショックは一時的に抑えられ、
世界の株価は、一斉に上昇。報道には敏感になる時期です。

春色
spring color

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ