FC2ブログ

アベノミクスの財政出動(2)

三年前、始まったアベノミクス。三本の柱として金融緩和、財政出動、
成長戦略を掲げました。一つ目の金融緩和で株価は上がり、
輸出企業を注視に雇用、賃金が回復。このこと自体は、
文句なしに良いこと。

ところが、三年たっても、財政出動は、ほったらかし。逆の緊縮財政が
続いてます。その最たるものが平成二十六年・四月の消費税・増税。
それまで税収が増え、むしろ財政再建に貢献したはずのアベノミクス。
消費税・増税で、大きく失速。二期連続のGDPマイナスは、
記憶に新しいところ。

本来なら、消費税・増税の代わりに、積極的な財政出動を行うべきでした。
しかも介護、福祉といった社会保障だけでなく、公共事業。現在、
日本のインフラは、整備後、五十年ほど経ち、修理の必要が、
あちこちに。

そのうえ、リニア整備、新幹線・延伸など、推進すべき案件も、目じろおし。
補正予算を組み、国債発行して、充当すべき。今、長期金利は0.1%を切り、
利払いを心配する必要がありません。

公共事業に加え、他産業への波及効果が高い分野が、防衛産業。
今の五兆円では、とても足りません。日本を取り巻く国際情勢が厳しさを
増してることは、誰の目にも、明らか。防衛産業は、公共事業より、
すそ野が広く、恩恵を受ける企業は数知れません。

消費税・増税の代わりに、財政出動を実行してれば、今頃、日経平均は、
2万5000円を超え、3万円を窺うところだったでしょう。消費税・増税、
財政出動・停止は、かえすがえすも、残念。

今からでも遅くありません。日本の財政は、財務省プロパガンダとは
裏腹に、全く健全な状況。長期金利の低さを見れば、財政破綻など、
ありえないことが分かるでしょう。

低い長期金利は、国内に資金需要がないことを示します。今は、
政府が率先して、その資金需要を作る時。鹿しか通らない道路を
作る話では、ありません。

四年後に迫った東京五輪。首都圏でも、インフラ整備の項目は、たくさん。
日本経済を浮揚させ、世界の牽引役になるくらいの気概が、
政治家にも、国民にも必要です。

ボール
balls

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ