FC2ブログ

寄進地系・荘園

醍醐天皇が発した「延喜の荘園整理令」。税徴収の単位を、人から
土地へ変換。これで、女子ばかりの村ができたり、人口が極端に
減ったりすることがなくなりました。もともとは、一つ前の天皇、
宇多天皇に仕えた菅原道真の建策。

こうして、それまで「国司」(こくし)と呼ばれた徴税担当者は「受領」
(ずりょう)に変わりました。「口分田」も「名田」(みょうでん)に。

税額は土地によって定められましたから、戸籍をごまかして、逃れる
ことが、不可能。この方法は、ある程度、うまくいき、中央政府の財政は
改善。経済が活性化し、貴族だけでなく、日本全体が潤いました。

これをもって、醍醐天皇の治世は「延喜の治」と呼ばれます。
四百年以上も後、建武の新政。後醍醐天皇が目指したのも、
この延喜の治、そして村上天皇の天暦の治。

さて、こうした税制改革。十世紀・後半になると、ほころびます。
有力農民・田堵(たと)は、受領に納税するかわりに、土地ごと、
有力貴族、寺院に寄進し始めたのです。

田堵は寄進先に謝礼を払い、受領には「この土地は私のものでは、
ありません」と申告。こうした荘園を「寄進地系・荘園」。三世一身の法、
墾田永年私財法によってできた初期・荘園と区別して、こう呼びます。

しかも「不輸不入の権」が認められるにおよんで、受領は、寄進地系・
荘園にアクセスできなくなりました。こうして有力貴族、寺院が
保有する荘園はドンドン増え、田堵にも、有力者が出現。

一方の朝廷。受領からの税は、ほとんど上がってこなくなり、威信低下。
寄進地系・荘園の登場をもって、奈良期・初めより、理想とされた
班田収授(公地公民制)は崩壊。十一世紀の藤原氏・繁栄に
道を開きました。

青い花
blue flower

コメントの投稿

非公開コメント

No title

習ったところもありましたが
この記事で詳細が判った気がします。

そう考えると、今の政治のありようが違って見えてくるから不思議です。
いつの世も、形式こそ違っても大変だったわけで歴史や史実に関心が湧いてきました。

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ