FC2ブログ

阿衡の紛議

古代中国で「阿衡」(あこう)という、皇帝を輔佐する役職がありました。
身分の高い役職。光孝天皇の後、即位した宇多天皇が、詔勅で
藤原基経(ふじわらの もとつね)を「阿衡」と呼んだのも、決して
貶めるためでは、ありません。九世紀・後半のこと。

けれど、基経。関白就任にあたり、詔勅で使われた「阿衡」という
役職に、言いがかりをつけます。基経いわく、古代中国で「阿衡」とは、
名誉職にすぎず、そんな実質ない役職なら、朝廷に出仕しないと。

自分が出仕しないと、朝廷が回らなくなることを承知しての言いがかり。
宇多天皇は、即位の時、基経に借りがあり、この時には、
折れないわけには、いきませんでした。

宇多天皇が詔勅で使った「阿衡」。結局、この呼び名を取り消し、
詔勅の事実上の著者・橘広相(たちばなの ひろみ)を配流することで、
紛議は決着。冬嗣、良房、基経と続く、藤原・北家の力が、
天皇をしのぐことを世間に見せつけました。

ちあみに、この時、基経に怒りを解くよう、論理的な
説得の手紙を書いたのが、菅原道真。

紛議の後、基経はすぐに死去。藤原氏の横暴に懲りた宇多天皇は、
以降、関白をおかず、親政を実施。側近として、紛議・解決に一役
買った菅原道真を登用。学者にすいなかった道真が、
政界デビューするきっかけとなりました。

夏海
summer sea

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ