FC2ブログ

保元の乱

鳥羽天皇の長子・崇徳天皇(すとく てんのう)。後白河天皇の兄。
母は藤原璋子(ふじわらの たまこ)。彼女は後に待賢門院(たいけん 
もんいん)となり、「ながからむ 心は知らず 黒髪の 乱れて今朝は 
ものをこそ思え」で名を残しました。

この璋子。歌の実力はともかく、白河法皇の寵愛を受けて育ちました。
しかも、その関係は、彼女が鳥羽天皇に輿入れした後も続いた、
とのこと。白河法皇は、鳥羽天皇の祖父。なんと、祖父が
孫の嫁を寵愛。なんたる背徳。皇室の歴史とは、
実は、このようなもの。

三年前のNHK大河ドラマでも、このあたりの事情を、生々しく描写。
璋子の夫・鳥羽天皇は、彼女との子、崇徳天皇を、白河法皇の
子とみなし、「おじ子」と呼んで、生涯、遠ざけます。自ら非もないのに
嫌われることになった崇徳天皇は、たまったものではありません。

鳥羽天皇は上皇、法皇となった後も、崇徳天皇を嫌い続けました。
崇徳天皇を早々と上皇にし、実権を与えず、崇徳天皇の弟を
後白河天皇として、世に出しました。後に源平を手玉に取る
後白河天皇は、こうして誕生したわけです。

さて、なすすべなかった崇徳上皇。父親・鳥羽法皇の存命中は、
何もできませんでしたが、死去するとすぐ、政権奪取に動きました。
後白河天皇と対立し、朝廷が二分。朝廷の対立に、藤原氏、源氏、
平氏の対立が加わり、保元の乱が勃発。十二世紀・半ばのこと。

大騒ぎになった割には、保元の乱、平清盛、源義朝がついた
後白河天皇が勝利。夜襲であっさり、けりがつきました。
崇徳上皇は讃岐に左遷。後白河天皇の世となりました。

乱後、上皇についた者たちに、事実上の死刑が執行されました。
源義朝など、父親・為義の首を、自らはねる命令を甘受。平安期、
数百年間、死刑が行われませんでしたが、ここで復活。
武力が、ものをいう時代となりました。

夏空
summer sky

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ