FC2ブログ

藤原経清

承平天慶の乱(平将門の乱)鎮圧に貢献し、その後、陸奥に地盤を持った
貴族、藤原秀郷(ふじわらの ひでさと)。その秀郷から数えて四代目が、
藤原経清(ふじわらの つねきよ)。ゆくゆくは陸奥守になる
可能性もある人物。奥州の実力者。

時は十一世紀・後半。栄華を誇った摂関政治に、陰りが見え始めた頃。
現在の東北地方は、東が「奥六郡」西が「山北三郡」と呼ばれてました。
おおまかな呼称で、それ以外は未開の地。

奥六郡を支配したのが安倍氏。藤原経清の時代、棟梁は安倍頼時
(あべの よりとき)。頼時は山北三郡の清原氏と同盟を結び、
絶大な権力をふるいました。奥六郡で取れる金(きん)、駿馬を
朝廷に献上。自治を認めさせ、奥六郡は事実上、独立国。

藤原経清は安倍氏と昵懇となり、頼時の娘を妻に迎えました。とはいえ、
当時、奥六郡の人々は朝廷から「俘囚」と呼ばれ、人間扱いされてません。
俘囚から嫁をもらったということで、経清の未来も、断たれました。
もちろん、それは覚悟の上。

経清は安倍氏の一族となり、奥六郡の運営にも参加。ところが、
ずっと安倍氏を率いた頼時が死去。この機にすかさず、同盟にあった
清原氏が安倍氏に侵攻。時の陸奥守・源頼義(みなもとの よりよし)が
清原氏に加担。大きな戦いとなりました。

源氏の棟梁・源頼義。武士として初めて陸奥守に上りつめました。
次は奥六郡の支配を企図し、清原氏の侵攻に深く関与。
いわば、この戦いは頼義の私戦。

頼義の息子・義家も戦いに参加。けれど、結局は大義なき戦い。
義家は後に「八万大菩薩」と崇められる、武士の神。
けれど、実際にやってたことは、父親の私戦。

安倍氏は各地に柵を構え、鉄壁の陣地を構えたはずでした。しかし、
頼義、義家という戦いのプロを相手に苦戦。源氏の軍略には勝てず、
とうとう最後の砦・厨川(くりやがわ)の柵も、火攻めで落とされました。

安倍氏は滅亡。藤原経清は戦死。その妻は清原氏に奪われ、
清原氏・棟梁の側室に。この妻には、経清との間に男子がいましたが、
この男子は命を許され、清原氏一族として成長。名前も「清衡」(きよひら)
と改め、清原清衡(きよはらの きよひら)。

やがて清衡には弟が誕生。「家衡」(いえひら)と名づけられました。
清衡、家衡の兄弟は、清原氏の中で、父親が違う兄弟として、
育つことになります。

安倍氏が、清原氏と源頼義の結託によって滅ぼされた、この戦い。
前九年の役(ぜんくねんの えき)と呼びます。

緑
July

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ