FC2ブログ

筑波大学

昔、東京教育大という教員養成の学校が東京・大塚にありました。
この大学、教育大なのに文学部を擁し、教員養成にとどまらず、
人文で他大学を凌ぐ研究者を輩出してました。やはり、
東京にあったことが幸いしたのでしょう。

ところが1960年代後半、東大・一極集中の弊害に気づいた文科省が、
一橋、外語、教育大、東工大をひっくるめた「第二東大」を
作ろうと企画。場所は茨城・つくば。ここに新たな学問拠点を
作ろうとしたのです「つくば学園都市」という官僚の発想。

「そんな田舎で学問などできない」と各大学で猛烈な反対運動。
「同窓会や伝統はどうなるんだ」という話も出ました。

結局、この騒動は教育大だけが移転する形で決着。
どこの大学もやりたくなかったことを、やらされたわけです。

もちろん教育大でも大きな反対運動が起きました。
家永三郎・教授は移転反対・裁判を起こして話題を呼びましたが、
現実的な力を持つに至りませんでした。東京教育大はなくなり、
筑波大という医学部を備えた新しい総合大学が茨城に誕生。

ですが東京から二時間ほどかかる場所。今は秋葉原から
「つくばエクスプレス」が開通しましたが、以前は、もっと時間が
かかりました。そんな場所で一体、人文が花開くでしょうか?

私が高校時代、筑波・文系学部に進学しようという同級生を、
担任がやめるよう説得していました。その担任、東京教育大の出身。

どういうつもりでやめろと言ってたのか、今は確かめることも
できません。ですが移転問題と無関係ではなかったでしょう。
私の教え子でも、筑波に進学した人は全て医学部か保健に。

理系学部ならば、施設の充実した国立大を田舎に作るのは一つの方法。
街起こしにもつながるでしょう。一方、文系学部の場合、
人が最大の財産。人は場所に大きな影響を受けます。
茨城にある筑波はロケーションとして、
いい場所にあるとはとても言えません。

とはいえ今年、私のクラスには筑波・文系学部を志望してる女子が、
何名かいます。彼女たちに「なんで筑波なの?」と聞くと
「充実してるし」という答え。

圧倒的に不利だった筑波・文系学部も少しずつ受験生の支持を
得てるのかもしれません。今年だけが例外なのか、
長期的傾向なのか、私も注目していくつもりです。

筑波山
Mt.Tsukuba

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ