FC2ブログ

開成の卒業生(4)

水曜日の新宿教室。授業前、開成の卒業生。一浪し、今春、
大分大・医に合格。教室近くで話すことになりました。

明治通りから、少し奥まったコーヒー屋。
目の前で淹れてくれるコーヒー。これが、なかなか。

話してると、大学近くに、下宿を決めたとか。三月はヒマだから、
自動車教習所に通う、とも。なんだか、話題がスッカリ、大学生。
頼もしい。

国立大・医の入試には、必ず面接。入試面接について、聞いてみました。
やはり、というべきか、開成生、これまで自分がしてきたことと、
今後の医師としてのキャリアが、どう結びつくと思うか、
聞かれたそうです。

内容は派手でなくて、かまいません。むしろ、文化祭の大道具、
クラスの掃除当番、体育祭の後かたづけ・・・みんながイヤがって、
サッと帰ってしまいそうなことを、残った仲間と、しょうがねえな、
と言いながら、やりとげた経験。そんなことが、評価されます。

もちろん、入試面接のために、裏仕事をするわけでは、ありません。
けれど、入試面接の対策をするなら、カッコつけようとするより、むしろ、
自然な自分を出して大丈夫なように、日頃から、身、口、意の統御を
すべきです。

医師には、不眠不休あり、汚れ仕事あり、叱責あり、落胆あり。
将来、それをこなすんだという自覚あれば、自ずと、世の中を見る視線も、
そこでの自分の態度も、変わってくるはず。その自覚ありますか?
その態度の片鱗ありますか? それが、問われます。

医師としての自分をイメージし続け、どう行動するかが、大切なこと。
入試面接で問われるのは、日頃、です。急にカッコつけて、どうこう
できる話では、ありません。

面接官だって、したたかなもの。急に準備した話になど、
興味を示しません。嘘かもしれないのだから。

さて、合格を決めた開成生。大分大の先生には感謝してる、とのこと。
この調子なら、努力を続けてくれそうです。

九州は、私にとっても懐かしい土地。いつか彼が医学生として、
立派になった頃、フラッと大分を訪ねてみましょう。
そう話すと、彼は。

ぜひ、来てください!

未来の話は、楽しいもの。再会の時、今とは全く違う、
専門的な医学の話を、生き生き語ってくれるでしょう。

花
Zukunft

横浜共立の二年生(3)

火曜日の横浜教室。横浜共立生と話してると、校舎の話になりました。
横浜共立と言えば、山手のキレイな校舎。いいなあ、なんて、
私がノンビリしたことを言ってると。

高校生の校舎は、そんなでも、ないですよ。
え?

なんでも、設備の良い校舎は、中学生が使ってるとか。
普通、学年が上がるほど、条件の良い教室になっていくものですが・・・

入ったばかりの中学生に、良い印象を持ってもらおうという配慮。
高校生は、もう慣れてるんだから、どこで勉強しても同じ、という話。

去っていく人に、いかに喜んでもらうかが、サービス業の基本。
学校運営だってサービス業。その意味では、高校生を優遇しても、
よさそうなもの。とはいえ、学校運営に、部外者が口をはさんでは、
なりません。塾に来る横浜共立生には、あまり校舎のことを、
言わない方がいいでしょう。

廊下
corridor

八学の二年生(2)

八学の二年生、男子と女子。新宿教室の国立クラス。塾生の中では、
もう古参。時たつにつれ、二人とも、だいぶん、シッカリしてきました。
発音も、和訳も。若者は、磨けば光るもの。

学校ひけた後、西八王子から新宿まで、毎週、通う八学生。
いつ音を上げるかと思いきや、塾に、なじんできました。

塾までの時間、交通費。せこい話ですが、高校生には、それなりに
痛い投資。けれど、私たちの人生。リスク・テイクなくして、リターンなし。

投資された元本を何倍にして、返すのが、塾講師たる、私の役目。
その意味では、私も一種、ファンド・マネージャー。私と彼らの
努力しだいで、元本の増え方も変わります。共同作業。
息を合わせねばなりません。

蝶々
Hoffnung

國學院久我山の二年生(3)

昨夏、二年生・夏期講習で、来塾した久我山・女子。渋谷教室でした。
そのまま二学期も受講し、冬期講習。冬、三学期は国立クラスで
受講する、と言ってました。私は渋谷教室で国立クラスを
担当しませんから、これで、お別れかな、なんて。

けれど、三学期。新宿教室・国立クラスに、彼女が登場。月曜・二限。

新宿は通いにくいんじゃ、なかったの?

聞いてみると「通えるようになりました」。というわけで、三学期も、継続。
今、二月が終わろうとしてます。二十名クラス。もちあがり塾生も多く、
当てるべき人は、たくさん。けれど、誰も答えられなくなった時、
頼るのが久我山生。毎回、綿密な予習。彼女でダメなら、
私が自分で答えて、次に進まねばなりません。

目標、高き女子。学校の授業だけでは、とても間にあいません。
その危機感あれば、の受講。しかも、理系志望。英語だけ、できてもダメ。
まず英語をできるようにし、数学、化学、生物・・・

ちゃんとやれば、たいていの目標は達成可能。早く始めてるわけだから、
有利。このまま春期講習に突入しましょう。一学期・終わりくらいには、
手応えも掴めるはず。模試判定が、一つの判断材料です。

リンゴ
apples
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ