FC2ブログ

宮本顕治

大正十一年に結党した日本共産党。今、存在する日本の政党の中で、
最も古い党。戦前の二十三年間は、非合法。戦後、合法化されました。

先進国ではどこでも、共産党は消滅するか、党名を変えるかする中、
日本共産党だけは、議会で一定数を保ち、政治力を発揮。
地方議会では第一党、第二党の場合も多く、
その影響力は今だ、大きい。

アメリカ人やドイツ人と話していて、日本に"communist party"が
存在し、そこそこの影響力がある、と言えば、驚かれるでしょう。

そんな日本共産党。今あるのは宮本顕治(みやもと けんじ)という
指導者のおかげ。宮本なくば、日本共産党は、遅かれ早かれ、
ソ連・崩壊と同時に自己批判し、消滅したことでしょう。

宮本顕治は山口県・光市の出身。徳山中学、松山高校を経て、
東京帝大に進みます。東京帝大では経済学部に所属。けれど、
文学青年。在学中、「敗北の文学」で「改造」懸賞論文に当選。
次席「さまざまなる意匠」(小林秀雄)を、抑えました。

文学を理解する心と、数理に強い頭脳。東京帝大を出た後、
昭和六年、入党。同じく共産主義に共鳴してた、中條ユリと結婚。
ユリは顕治より九才、年上でした。

当時、日本共産党は、弾圧により人材が払底。顕治はすぐに
党幹部になります。この時、特高警察(現・公安警察)は党内に、
多くの工作員を潜入させ、相互に疑心暗鬼を発生させてました。
組織に入りこみ、疑心暗鬼にさせる手法は、今の公安警察も、
常套手段として使ってます。

顕治が入党した頃、工作員をあぶりだす目的で、「査問」が
行われました。そして顕治が関わった査問の最中、被査問者が
ショック死する事件が発生。「日本共産党リンチ事件」です。

この事件は、当時者しか真相を知らず、リンチがホンとにあったか
どうかは、私も分かりません。ただ、顕治には柔道の心得が
あり、体格もよく、被査問者が査問中に死亡したことも、
間違いなかったことから、昭和八年、逮捕。そのまま
昭和二十年の敗戦まで、十二年間の獄中生活。

投獄中、拷問を受け、転向を強制された顕治。そんな彼を支え、
裁判にも必ず出席したのが、ユリ。ユリは目を患い、顕治からの
手紙も、読みにくくなってました。けれど、読めない方が、
楽しみを後にとっておけると、むしろ喜びます。

そんな彼女を、手紙でいたわる顕治。間違いなく彼らは、
愚かな大東亜戦争に最後まで反対した、勇気ある
夫婦として、歴史に刻まれるでしょう。

そして大東亜戦争の敗北。顕治は網走刑務所から、太って
出てきました。出所前に馬鈴薯をたくさん食べさせられたとか。
刑務所前で出迎えたのは、ユリ。

戦後、ユリは「宮本百合子」として「播州平野」などの作品を
発表。顕治が、それを支えます。顕治は同時に、非転向の
不屈党員として、日本共産党・再建にも加わりました。

党内では、やがて路線対立が鮮明になりました。徳田球一たち、
武力闘争・路線と、宮本たち議会民主主義・路線。宮本は、
この権力闘争に勝利し、日本共産党は昭和三十年、
六全協で、正式に議会民主主義・路線を採用。

宮本は昭和三十三年から昭和四十五年まで、党書記長。
昭和四十五年から昭和五十七年まで委員長。
実権を握りました。

人気があった野坂参三は、党議長という、いわば、お飾り。
宮本顕治、不破哲三のラインが事実上、党を仕切りました。
野坂は後に、ペレストロイカの後、ソ連への内通が発覚し、
党を除名されます。

昭和五十七年、宮本は不破に実権をバトン・タッチ。
党選出の参議院議員として、政治に関わり続けました。

宮本が武力闘争を、戦後の早い段階で放棄し、ソ連、中国と
距離を取る「自主独立路線」を採用したからこそ、日本共産党は、
今も残ることができました。

70年代、フランス、イタリアなど、先進国でも、強い共産党が
あったのですが、それらはソ連共産党とベッタリの武力闘争。
結局、国民の支持を得られず、ソ連・崩壊と共に、
消滅せざるをえませんでした。

一方、「自主独立路線」の日本共産党。ソ連・崩壊に際して、
「もろ手を挙げて歓迎」。外にいる人には、同じ共産党なのに、
なぜ、と分からなかったことでしょう。

宮本がいつ武力闘争を捨てたかが、歴史家にとってのポイント。
宮本が獄中にいる間、既に武力闘争を捨ててたのでは
ないか、と私は個人的に考えてますが、証拠はありません。

ホンとは宮本が、自分の内面を発表すべきだったのですが、
リンチ事件もあり、彼は過去について、ほとんど語らずに、
世を去りました。

現在、日本共産党・委員長を務める志井和夫。彼は東大・工に
在学中、入党。早くから政治論文を書き、宮本に認められました。
志井を育てたのは、宮本です。

日本共産党は個人崇拝しませんから、宮本が今、党内で、
英雄視される、ということは、ありません。けれど、宮本の
影響力は、今も日本共産党に、そして日本の政治に
及んでます。

うろこ
late summer

応天門の変

燃えさかる応天門は、さぞや京の人々を驚かせたでしょう。
その驚きも計算に入れての放火なら、かなり周到な計画が
練られたはず。その計画を練ったのは、藤原良房だったでしょうか?

藤原良房(ふじわらの よしふさ)は皇室の血筋でないにもかかわらず、
摂政になった初めての公家。嵯峨天皇の下、蔵人頭を務めた
藤原冬嗣の子。

応天門の変は、ややこしい経緯を辿ります。京の応天門が何者かに
よって放火され、焼け落ちました。最初、大納言・伴善男(ともの 
よしお)が源信(みなもとの まこと)を告発し、犯人と主張。

けれど証拠もなく、源信はやがて放免。しばらく経つと、今度は
あろうことか、最初に犯人を告発した伴善男こそ、真犯人という
声が上がりました。

しかも、伴善男にも証拠はなかったのですが、なぜか罪が認められ、
伴善男は流罪。藤原・北家にとって強力な政敵だった伴氏が失脚。

伴善男が真犯人だったかどうか、今も分かりません。けれど、
応天門の変で、最も得したのは良房。しかも、後から見れば、
まるで誰かが予めストーリーを書いたかのよう。今も良房の
関与が囁かれる事件です。

日の出
history

悪左府

「あくさふ」と読みます。左大臣・藤原頼長(ふじわらの よりなが)は、
当時、こう呼ばれました。「悪」というのは悪い呼び名でなく、
「切れ者」ぐらいの意味。兄・忠実(ただざね)と摂関家の
氏の長者を争い、それを獲得。左大臣まで上りつめます。

もともと頭が良かった上に、若い頃から努力家で、勉学に励みました。
将来、朝廷を切りもりしていかねばならない、という自負が
あったことでしょう。

頼長が歴史に名を残すことになった事件が、保元の乱。
崇徳上皇につきました。鳥羽法皇が死去した後、崇徳上皇と
後白河天皇との間で、争いが表面化。頼長が上皇に、
兄・忠実が天皇につき、摂関家も対立。

これに平氏、源氏の対立も加わり、乱の規模が拡大。

上皇方のリーダーは、頼長。けれど、しょせん公家。頭は良くても、
戦いのことまでは、分かりません。本来なら専門家である武士に
任せるべきでした。けれど、なんでも自分でやりたがる頼長。
軍議に口をはさみました。

当時の状況では、天皇方が早い段階で夜襲をしかけてくることは、
明らか。上皇方の武士は、もちろんそれを察知し、むしろ先手を
打って夜襲を主張。けれど頼長は「夜襲など、正当な戦い
ではない」と、にべもなく、はねつけました。

結局、武士の見立てどおり、天皇方は夜襲をしかけてきました。
上皇方は、あえなく壊滅。頼長の意見など、どうせ、どこかの書で
読んだ内容の受け売り。何の力にも、なりませでした。

頼長は傷を負い、敗走。父親の屋敷に駆けこもうとします。
兄・忠実より、いつも自分を引き立ててくれた父親。けれど、
この時、屋敷に入ることを断られます。父親が断った理由は
「悪左府ほどの者、戦さで負傷するはずなし。」

絶望した頼長は、その場で舌を噛み切ったとか。乱後、頼長の
日記が発見されます。そこには赤裸々な同性愛の記録が
綴られてました。同性愛は、当時の公家、武家の間で、
それほど珍しいことでは、ありません。

裏切りが多かった政界では、同性愛によって互いの絆を
強めあう、という意味があったからです。いずれにせよ、
頼長。摂関家・復活のために奔走し、自ら恃むところ、
大ながら、志の半ばで斃れました。

流れ
stream

大森銀行ギャング事件

昭和七年に起きた、日本初の本格的な銀行強盗。映画の中だけの
存在だった「ギャング」が、日本に実際に登場したことで、
話題になりました。

大森銀行に押し入ったのは、日本共産党員。活動資金を得る
ためだけでなく、治安を乱そうという意図がありました。

彼らはスターリンが革命前、郵便馬車を襲って資金を奪い、革命に
資したひそみにならい、自分たちも革命の先駆けたらんと、強盗に
及んだようです。こういうのを「前衛」と呼ぶのでしょうか。

日本共産党は大正十一年、非合法団体としてスタート。この出発は、
これまで、むしろ党の誇りとして語られることが多かったようです。
戦前の暗黒時代、非合法の烙印を押されながらも、唯一、
反戦平和の団体として産声を上げた日本共産党・・・

けれど、非合法とされた理由は、日本共産党が結成当初から、
内乱を志向した団体だったから、でもあります。その好例が、
この大森銀行ギャング事件。

稚拙な強盗は失敗し、関係者は全員、逮捕。同じ年の
熱海事件で、事実上、戦前の日本共産党は壊滅。

ただし、日本共産党のために一言付け加えると、このギャング事件。
実はシナリオを描いたのは、特高警察(現・公安警察)。

日本共産党は、昭和三年の大弾圧で、組織は既に崩壊。
特高警察による弾圧のひどさは、小林多喜二が「一九二八年
三月十五日」で描き出したとおり。

その頃から"M"という特高警察・工作員が党内に入りこみ、実権を
握ります。党員の誰も、Mが工作員とは疑いませんでした。

このMが党員をそそのかし、ギャング事件を起こさせたわけです。
特高警察のこうした卑劣さは、戦後も公安警察という形で、
みごとに引き継がれてます。

いずれにせよ、日本共産党。戦前から反戦平和を貫いた、
と今、主張してますが、実際にやってたことは、ギャング事件。

Mにそそのかされたとはいえ、党員がついていかなければ、
ギャングなど、起きようがありません。Mが強制的にやらせた
わけでも、ありません。現在の日本共産党の主張を聞く時、
心に留めておくべき事件です。

滴
water drops

進まない日朝交渉(4)

昨年、うっすら解決の糸口が見えたかに思えた日朝交渉。
結局、今までと同じく、北朝鮮の駆け引き。日朝交渉は
完全に頓挫。出口が分からなくなってしまいました。

国会前で、安保法制・反対、戦争法案・反対を叫んだ人権派。彼らは、
同じ日本人が北朝鮮に拉致された問題については、驚くほど冷淡。
あるいは中国で今も行われてる、チベット、ウィグル、南モンゴルの
強烈な民族浄化についても、一言もありません。

彼ら人権派が、朝鮮総連、中国大使館の前でデモしたなど、私は
聞いたことがありません。彼らの行動は、結果から見れば、
外国勢力を利するもの。要するに、売国奴です。

国会前だけではありません。沖縄の基地、各地の原発に集まっては、
狂ったような反対運動をやってるのは、みんな、同じような人権派。

彼ら人権派がのさばるのは、日本国民が、なんとなく彼らに同調してる
からです。日本国民は、拉致された同胞について、あるいは隣国で
人権弾圧されてるチベット人、ウィグル人、モンゴル人について、
驚くほど無関心。

津川雅彦の「必ず取り返す」というポスターだけは、最近、いろんな
場所で見るようになりましたが、それも、それだけ。日本国民は、
拉致問題など、ないかのよう。そして日本共産党が流す「戦争法案」
というデマにコロッと騙され、そんな自分に何の疑問も持ちません。

同胞が拉致されてる事実を、なぜ真剣に考えないのでしょうか?
隣国の猛烈な人権弾圧について、なぜ沈黙するのでしょうか?

中国が南シナ海で大きな飛行場を不法に建設。東シナ海の国境線でも、
海底資源の盗掘を開始。これらが外交的な「話し合い」で解決する
でしょうか? 「話し合い」で横田めぐみさんを、取り返せるでしょうか?

安保法制・議論、そして改憲・議論の根本には、拉致問題があるべき
です。そして、今も助けを待ってる拉致被害者が、今も北朝鮮に
いることを、私たちは片時も忘れてはなりません。

滝
waterfall

ソ連の対日参戦

私が子供の頃、夏休みの今頃、毎朝、午前中に数時間、
NHKで中国残留孤児・身元探しの番組が流れました。

昭和二十年、八月九日、長崎に原爆が落とされた日、ソ連が満州に
侵攻。関東軍・上層部は既に逃げ出し、満蒙開拓団が取り残されました。
残留孤児は、その過程で発生。

満州で威張りちらした関東軍。いざという時、何の役にも立ちません
でした。民間人が近代兵器の矢面に立たされます。そして、やって来た
ソ連兵。その野蛮は、とても、このブログで書ける内容ではありません。

二十世紀の戦争で、民間人暴行が最も野蛮だったソ連兵。
満州だけでなく、欧州戦線のベルリンでも、陥落後、ドイツ女子への
ソ連兵の暴行は筆舌に尽くしがたいもの。その悲惨はブレヒトの
「ブリキの太鼓」にもシッカリ描かれてます。

この野蛮はロシア人特有のもので、明治期の先人たちが、朝鮮半島への
進出を、強迫観念のように主張したのも、ロシア人の野蛮に国民土が
蹂躙されることを、恐れてのこと。江戸期・終わりから、ロシア人の
野蛮は、大方の人が知るところでした。

満州にやって来たソ連兵。男子は抑留、女子は慰みものに。
この時、慰安婦たちが「私たちは、どうせ汚れてるから」と
一般女子の代わりに行ったという「美談」まで残ってます。

ソ連兵ほど、ひどくないにせよ、アメリカ兵が占領期、この日本で、
どんな暴行をしたでしょうか。あるいはベトナム戦争時、ベトナムで、
野蛮の限りを尽くしたのは、アメリカ兵、そして韓国兵。

これらと比べ、なんとか戦場の性を管理しようとした、日本軍の
慰安所。それは、それほど責められるべきでしょうか?

日本人のくせに、慰安所のことを、あれこれ調べて日本人の悪口を
言う反日の研究者、ジャーナリスト。彼らは、慰安所の数百倍も
野蛮だった、ソ連兵の暴行には一言も触れません。

慰安婦問題を、あることないこと取り上げ、世界に向かって吹聴する
反日・日本人。彼らはたいてい、日本共産党や旧・日本社会党の
支持者。ソ連、中国、北朝鮮について、今だ幻想を抱き、
その暗部を見ず、日本の悪口ばかり、世界に発信。
しかも、多くは嘘ばかり。

日本軍の慰安所は、戦場の現実を冷静に見つめ、少しでも悲惨を
減らそうと考え出されたもの。文明的な場所だったともいえます。
慰安婦の中にも、男子が戦場で命を危険にさらしてるのなら、
せめて影から支えたいと志願した女子もいたのです。

慰安婦たちは、圧倒的多数が日本人。そして少数の朝鮮人。朝鮮人・
慰安婦たちが、ホンとは貧しい親によって妓生に売られ、結果的に
日本軍の慰安所に来ただけなのに、日本軍に強制連行されたと、
後で吹き込まれ、そう叫び出し、今の慰安婦問題につながってます。

朝鮮人・慰安婦たちに、そんな嘘を吹き込んだ日本人は、やはり
左翼の弁護士、ジャーナリスト、国会議員たち。そして朝日新聞。
まさに売国奴の面々。

ソ連の対日参戦から、今年で七十年。当時、日ソ中立条約がありましたから、
明白な条約違反。ソ連に関しては、日本は侵略された側。けれど、日本政府。
戦後、北方領土交渉もあって、ソ連に侵略の事実を突きつけたことは、
一度もありません。

ソ連兵の野蛮は、日本人がもっと積極的に発信していくべきです。
辛い作業ですが、史実です。それを積み重ねていけば、日本人が今、
非難されてる慰安所のホンとの意味も、浮かび上がるでしょう。

慰安所が女性の人権無視など、偽善的な空論。女性の人権を真に
無視したのは、満州の猟奇的なソ連兵。日本国内で暴行を繰り返した
アメリカ兵。ベトナムで何万人の混血児を生み出した韓国兵。
韓国人には日本軍の慰安婦問題など、取り上げる資格など、
全くありません。

それらを無視し、女性の味方と言わんばかりに、慰安婦問題を語る
日本の左翼。何かあれば、すぐに国会前に押しかけ、どんちゃん騒ぎを
やってるのも、彼ら。それを裏から組織する日本共産党。
私たちは、その現実をシッカリ見つめるべきです。

水平線
Geschichte

山脇学園高校

横浜教室の夏期講習。山脇生が五日間、受講。一学期からの継続。
山脇学園といえば、青山通りから、赤坂警察署を右に曲がった場所。
そんな山脇学園に神奈川から通う女子。塾は横浜で探し、
見つけたようです。

塾のクラスメートと、ほとんど話さない山脇生。私も個人的に
口をきいたことはありません。けれど、そんな彼女。最終日の
「私の将来の夢」という自由英作文で、将来は金融機関で
働きたい、と書きました。

金融機関で一定期間、働いた後、独立して投資家になりたい、とも。
おお。塾に投資家の卵がいたとは。私が時々、話す株、債券、
不動産の話にも、彼女は、それとなく耳をそばだてたのでしょう。

ペラペラしゃべる者に、投資は向きません。おしゃべりにはビビりが多く、
ここぞ、という時の決断ができません。そもそも、おしゃべりには、
投資分析に必要な集中力が欠けてます。そのような者には、
電話応対か、レジ打ちくらいしか、できる仕事もありません。

けれど、静かな山脇生。国にも、企業にも、恋人にも頼らない、
経済自立の夢を描きました。これは、何より大切なこと。

経済学部、商学部に進んでも、どうせ投資の話など、聞けそうに
ありません。というより、日本の大学、特に文系学部は、何の役にも
立たないヒマつぶし。そこに通ってる情けない文系学生を見れば、
分かるはず。彼らは大学に通いながら、ドンドン無能にさせられます。

山脇生には、一味違う大学生活を送ってもらわないと。
入学と同時に、投資の勉強に入ってもらいましょう。
私も今後、それとなく刺激してみるつもりです。

アイスティー
iced tea

東洋英和女学院・高等部(3)

一学期、渋谷教室に通った東洋英和生。今回の夏期講習、なんと
横浜教室に足を運びました。一日・四時間の英語。
それが五日間。休まずにガンバりました。

最終日の自由英作文。課題は「私の将来の夢」。大学で心理学を
学びたいと書いてきました。人の心、内面に興味があるようです。

東洋英和といえば、パイプ・オルガン。朝な夕なに、その音色を
聞いてるうちに、内省する女子が誕生するのかもしれません。

パイプ・オルガン、聞いてみたいんだけど・・・

私は彼女に聞いたことがあります。けれど一般人に、その機会は
ないとか。パイプ・オルガン。やはり、東洋英和生の特権なようです。

ケーキ
cake

普連土学園高校(4)

一学期、渋谷教室に通った普連土生。夏期講習では、横浜教室に
やって来ました。たまには、場所を変えて勉強するのも悪くない、
そう軽く考えてた私。初日、彼女に言われてしまいました。

交通費、片道が五百円もした・・・

なんと、交通費! 普段、値段など見ずにバスやタクシーに乗ってる私。
高三・女子にそう言われ、いずまいを正さずに、いられません。
往復で千円の交通費・・・

夏期講習は五日間。彼女に五千円の出費をさせたわけです。
とはいえ、世の中、そう単純でもありません。この五千円が
将来、数倍、数十倍になって返ってくることも、あるのですから。

塾講師として、私はいつも自分がファンド・マネージャーのつもり。
交通費はともかく、塾生はいつも、ある程度の投資をして、参加。
そんな彼らに、ファンド・マネージャーとして、損させるわけに、
いきません。元本を少なくとも数十倍にして、返さなければ。

日本の大手・証券会社に所属する、あまたのファンド・マネージャー。
彼らはバブル崩壊後、二十数年、たいてい顧客に損させてきました。
しかも「投資は自己責任」と、知らん顔。最後は組織の中に
逃げこみます。道義的責任は、感じないのでしょうか。

そんなポンコツ・ファンド・マネージャーを日頃から、苦々しく
見るにつけ、顧客の利益こそ、ファンド・マネージャーにとって、
最大の利益と言いきかせてます。

よし。交通費・五千円。これを、どんなリターンで
お返しできるか、腕の見せ所です。

花火
phantasy

清泉女学院高校

清泉生を塾で見かけるなんて、何年ぶりでしょう。横浜教室の
夏期講習。清泉生がやって来ました。個性的な女子。

私が高校野球・神奈川大会について、熱く語ってると、授業後、
話しかけてきました。なんでも、今夏、神奈川代表の東海大相模。
選手に知り合いがいるとか。

そんな清泉生。最終日の自由英作文で力を入れました。課題は
「将来の私の夢」。なんと鎌倉ビールを取り上げ、もっと世に広めたいと
書いてきました。志望学科も醸造学科に決めたとか。これはスゴイ。
ビールに人生をかける女子が、塾にいたとは。

確かに、鎌倉ビール。地元で、そこそこ有名でも、全国的・知名度は、
ほぼゼロ。それを世に出したいという視点は、みごとなもの。しかも、
彼女、ビールの味が分かるらしく、原料ホップから学ばないと、
味の改良はできないと力説。一体、ビールの味をいつ、
区別できるようになったのでしょうか。

実は、神奈川県。ビール工場といえば、生麦キリンビール工場。
南足柄アサヒビール工場。見学にいけば、試飲させてくれます。
私も先月、涼を求めて、南足柄アサヒビール工場に行ったばかり。

けれど、そんな大手ビールに目もくれず、ひたすら鎌倉ビールを
愛する清泉生。泣かせるでは、ありませんか。これは私も、
応援するしか、ありません。

空
future

田園調布学園・高等部

田園調布・女子が横浜教室の夏期講習に参加。
一学期からの継続受講。満を持して臨みました。

初日・授業後、エレベーター前で、そんな彼女とバッタリ。
横浜駅まで帰ることになりました。一学期、一度も休まなかった
田園調布生。けれど、個人的に話したことは、ありません。

相鉄線・横浜駅へ向かう、入り組んだ道を歩きながら、
彼女は部活のことを話してきました。田園調布学園での
六年間を振りかえって、一番、心に残ったのは、ダンス部。

なんと、ダンスやってたとは。どうりでスレンダーなはず。
今秋・文化祭で出番はないか、聞いてみました。
あれば、チケットをもらって見にいきましょう。
けれど。

もう引退しました・・・

残念。彼女の舞台を見ることはできないようです。

ケーキ
cake

森村学園・高等部

塾では、ほとんど見かけない森村学園の生徒。けれど、
渋谷教室の夏期講習に、男子が参加。五日間、通いました。

といっても、来塾は二年生・三学期。私との勉強にも、かなり
慣れてきました。論述問題に強い男子。和訳問題でも、
英作文でも、毎回、キチッと予習。頼もしい。

とはいえ、誉めてばかりも、いられません。森村生。
好調と不調の波が激しい。そんな波があること自体、
実力が本格的でないということ。ホンとにできるように
なってしまえば、英語なんて、いつでも高得点が取れるもの。

波が安定する時を、早く到来させねばなりません。
その到来は、早ければ早いほど、いい。時間との戦い。
暑い、なんてヘタレなことは、言ってられません。

色
colors

女子学院高校(7)

渋谷教室の夏期講習。朝の九時十分から。私も早起きして
田園都市線に乗らなくてはなりません。最終日、渋谷駅を出て、
フッと振りむくとJG生。同じ電車に乗ってたようです。

といっても、彼女は中央林間より、ずっと向こうから乗車。
鷺沼からの私より、ずっとタイヘン。こんな調子でJGまで通うのが、
辛くなかったか、聞いてみました。けれど。

急行なら、四十五分ですよ。

確かに、田園都市線。渋谷を過ぎ、そのまま乗ってれば、
半蔵門まで直通。駅からJGまでは、歩いてすぐ。
六年間、遅れずに通ったそうです。

今回の夏期講習も、毎日、時間通りにやって来たJG生。
こうした小さな積み重ねこそ、成功の秘訣。私の役割は、
ここぞ、という時に最短距離を示すことだけです。

ざくろ
nature

東京学芸大学附属高校(15)

渋谷教室に附高・男子。朝からの夏期講習・五日間を乗りきりました。
一学期から受講。一学期・終わりくらいから、私も注目し始めました。
附高といっても、ピンからキリまで。頭がいいとは、限りません。

けれど、一学期・終わりから、着実な授業パーフォーマンス。
しかも今夏、実力を感じさせたのは、自由英作文。三度ほどの
自由英作文で、毎回、シッカリした英文を書いてきました。

しかも、書く速度が速い。実は自由英作文。デキル人は、課題を見て、
一瞬でスキームを決め、そして書き始めることができます。ここで、
時間を取らず、その分、和訳問題、説明問題を完璧に仕上げること。
東大、一橋の受験生なら、誰でも知ってる作戦。

理系・志望の附高・男子。受験で自由英作文が出るかどうかは、
分かりませんが、出ようと出まいと、その訓練で、英語力を
今、上げておくことは、悪いことではありません。

うまくいけば、デキル人の二学期の伸びは青天井。
久しぶりに、力ある附高・男子。二学期の再会が楽しみです。

夏空
eternity

フェリス女学院高校(8)

渋谷教室から横浜教室への移動。東横線を使いました。夏期講習・
最終日、電車に乗ろうとすると、フェリス生。彼女も渋谷教室で
英語を習って、横浜まで帰るところ。一緒に横浜まで、
行くことになりました。

普段は横浜教室に通ってるフェリス生。けれど、夏期講習だけ、
渋谷教室。女子ばかりの横浜教室と違い、男子もいて、知らない人
ばかりの授業は、それなりに新鮮だったようです。ちょうど
いい機会だから、最近のフェリスについて、聞いてみました。
すると。

ヘンな子、多いですね・・・

ここでの「ヘンな子」は決して悪い意味でなく、個性を出せる、
くらいの意味。フェリスは良くも悪くも自由で、自分を出しても、
誰にも文句を言われない、ということ。

確かに、横浜雙葉生や横浜共立生と比べ、フェリス生は
型に、はまりません。元気な校風は、今も健在なようです。

ところが、以前と比べ、最近、塾でフェリスの制服を見なくなりました。
私も、ちょっぴりサビしい思いをしてたところ。ここは、彼女に
結果を出してもらって、後輩たちにアピールしなければ。今、
試されてるのは、受験生である彼女だけでは、ありません。

空
summer sky

阿衡の紛議

古代中国で「阿衡」(あこう)という、皇帝を輔佐する役職がありました。
身分の高い役職。光孝天皇の後、即位した宇多天皇が、詔勅で
藤原基経(ふじわらの もとつね)を「阿衡」と呼んだのも、決して
貶めるためでは、ありません。九世紀・後半のこと。

けれど、基経。関白就任にあたり、詔勅で使われた「阿衡」という
役職に、言いがかりをつけます。基経いわく、古代中国で「阿衡」とは、
名誉職にすぎず、そんな実質ない役職なら、朝廷に出仕しないと。

自分が出仕しないと、朝廷が回らなくなることを承知しての言いがかり。
宇多天皇は、即位の時、基経に借りがあり、この時には、
折れないわけには、いきませんでした。

宇多天皇が詔勅で使った「阿衡」。結局、この呼び名を取り消し、
詔勅の事実上の著者・橘広相(たちばなの ひろみ)を配流することで、
紛議は決着。冬嗣、良房、基経と続く、藤原・北家の力が、
天皇をしのぐことを世間に見せつけました。

ちあみに、この時、基経に怒りを解くよう、論理的な
説得の手紙を書いたのが、菅原道真。

紛議の後、基経はすぐに死去。藤原氏の横暴に懲りた宇多天皇は、
以降、関白をおかず、親政を実施。側近として、紛議・解決に一役
買った菅原道真を登用。学者にすいなかった道真が、
政界デビューするきっかけとなりました。

夏海
summer sea

保元の乱

鳥羽天皇の長子・崇徳天皇(すとく てんのう)。後白河天皇の兄。
母は藤原璋子(ふじわらの たまこ)。彼女は後に待賢門院(たいけん 
もんいん)となり、「ながからむ 心は知らず 黒髪の 乱れて今朝は 
ものをこそ思え」で名を残しました。

この璋子。歌の実力はともかく、白河法皇の寵愛を受けて育ちました。
しかも、その関係は、彼女が鳥羽天皇に輿入れした後も続いた、
とのこと。白河法皇は、鳥羽天皇の祖父。なんと、祖父が
孫の嫁を寵愛。なんたる背徳。皇室の歴史とは、
実は、このようなもの。

三年前のNHK大河ドラマでも、このあたりの事情を、生々しく描写。
璋子の夫・鳥羽天皇は、彼女との子、崇徳天皇を、白河法皇の
子とみなし、「おじ子」と呼んで、生涯、遠ざけます。自ら非もないのに
嫌われることになった崇徳天皇は、たまったものではありません。

鳥羽天皇は上皇、法皇となった後も、崇徳天皇を嫌い続けました。
崇徳天皇を早々と上皇にし、実権を与えず、崇徳天皇の弟を
後白河天皇として、世に出しました。後に源平を手玉に取る
後白河天皇は、こうして誕生したわけです。

さて、なすすべなかった崇徳上皇。父親・鳥羽法皇の存命中は、
何もできませんでしたが、死去するとすぐ、政権奪取に動きました。
後白河天皇と対立し、朝廷が二分。朝廷の対立に、藤原氏、源氏、
平氏の対立が加わり、保元の乱が勃発。十二世紀・半ばのこと。

大騒ぎになった割には、保元の乱、平清盛、源義朝がついた
後白河天皇が勝利。夜襲であっさり、けりがつきました。
崇徳上皇は讃岐に左遷。後白河天皇の世となりました。

乱後、上皇についた者たちに、事実上の死刑が執行されました。
源義朝など、父親・為義の首を、自らはねる命令を甘受。平安期、
数百年間、死刑が行われませんでしたが、ここで復活。
武力が、ものをいう時代となりました。

夏空
summer sky

安和の変

安和二年(969年)、平安朝廷で起きた政変。「あんなの へん」と呼びます。
当時、関白は藤原実頼(ふじわらの さねより)。冷泉天皇の後継を
めぐって、争いが生じました。

候補者は二人の皇子。藤原実頼と対立し、別な皇子を推したのは、
左大臣・源高明(みなもとの たかあきら)。高明は醍醐天皇の子で、
朝廷では、それなりに影響力がありました。

この高明、同じ源氏のよしみで、源光仲(みなもとの みつなか)と、
親しい間柄。光仲は高明の行動を知る立場にありました。

安和二年・三月、光仲は高明の謀反を察知し、いち早く関白に密告。
謀反は未然に防がれ、ことなきを得た、と歴史書には、あります。

けれど、ホンとに謀反だったか、分かったものではありません。
高明を追い落とすための藤原氏の陰謀だったのではないか、
と当時も、今も囁かれてます。真実は、もう分かりません。

いずれにせよ、安和の変で、高明は大宰府に左遷。菅原道真も、
そうでしたが、この時代、左遷されれば、九州行き。藤原氏・北家の
他氏排斥が完了。承和の変から百四十年かけて、北家の覇権が確立。
政治が安定し、藤原氏の全盛期が訪れます。私たちが今日、
見る国風文化は、この安定の賜物。

密告という、あまり武士らしくない行動で、歴史に名を残した光仲。
源氏の祖、源基経の子で、源氏嫡流。この安和の変で藤原氏の
政権掌握に貢献したことから、爾後、藤原氏と源氏は、歴史的に
親しい関係。この関係は、十二世紀の源平合戦にも、
微妙に影響を及ぼしました。

湖
lake

家康、生涯最大の危機

家康にとって生涯最大の危機は、本能寺の変の後、堺から本拠地・
三河へ帰還する伊賀越えだったと、よく言われます。
けれど、ホンとにそうでしょうか。

伊賀越えの間、光秀の追手が家康を探しにきた、という記述は、
歴史書にありません。家康が三河に戻った後、光秀を討とうと
挙兵準備を始めた、ということも聞きません。

というより、家康は本能寺の変で命拾いした、
というのが正解ではないでしょうか。

信長が天下布武を唱えた時、東には北条、上杉、武田といった
有力武将がゾロゾロ。信長にとって、バッファーとしての家康との
同盟は、どうしても必要。織田・徳川同盟あればこそ、信長は
幾度もの包囲網を蹴散らし、天下統一に王手をかけることが
できました。

ところが天正三年、長篠の戦いで武田軍を破り、天正六年、
上杉謙信が死去するにつれ、信長にとって、家康は
しだいに不必要、いや目障りになってきました。

この頃になると、家康は武将としての個性を発揮し始めてました。
家康は織田・家臣ではありませんから、独自の動きをします。
信長にとって、そのような者は、いつ自分の敵になるか、
分かったものではありません。

信長にとって、勝家、秀吉、光秀といった、命令を忠実に実行する
家来こそ、必要。個性ある武将など、ジャマなだけ。

天正七年、信長は家康に、正室と長男が武田に通じた、と
言いがかりをつけ、切腹を命じました。家康はなんと、
この命令を受け入れ、実行。武将として、なんたる屈辱。
しかし、信長に逆らう力など、ありません。

信長は、家康が命令拒否すれば、叩き潰すつもりだったでしょう。
けれど、あてが外れてしまいました。織田・徳川同盟は、
異常な緊張感の中、さらに続きます。

そして天正十年、武田の滅亡。多くの有能な武田家臣が、この時、
路頭に迷いました。家康は、そんな武田家臣の多くを召し抱えました。
武田家臣など、皆殺しにしてしまえ、と言ってた信長には、
こんな行動の一つ一つが、癇に触ります。

そして五月、信長は、家康を安土城に招待。一説では、
家康の膳に毒を盛って、殺そうとしてた、とも。

もちろん、そのへんの事情は、家康も承知。戦国期、他武将の城に
入ることは、殺されても文句なし、ということ。そして、この時、
やはり家康には、信長に逆らう力など、ありません。

結局、安土城・接待は、信長が光秀に料理の難癖をつけ、
叱責する形で終わり、家康は三河に戻ります。

そして六月二日・未明に発生した本能寺の変。
信長の野望は、光秀によって、断たれました。

光秀が立った真意は、分かりません。けれど、本能寺に向かった
光秀軍の多くは「敵は三河殿」と考えてた、と歴史書にあります。
それほど、家康は信長に目をつけられ、そのことは、
末端兵士まで伝わってたわけです。

家康、生涯最大の危機。それは本能寺の変の後でなく、
本能寺の変の前。光秀が変を起こしてくれたおかげで、
家康は九死に一生を得ました。変なくば、家康は遅かれ、
早かれ、信長によって滅ぼされてたでしょう。

透明
transparency

日比谷高校(39)

新宿教室・国立クラスにいる日比谷・男子。夏期講習・最終日に
「小学校から英語を学ぶべきか」という課題に取りくみました。

早く学んでた方がよかった、と彼は、自分を振りかえって主張。
根拠として、帰国生の存在を挙げました。なんでも、日比谷高校。
三分の一が帰国生。彼らの英語力はハンパじゃないとか。

確かに、帰国生の英語は、そうでしょう。けれど他の点で、
決定的に欠けてるものは、ありませんか? 日本人として、当然、
知っとくべきことで、ひょっとしたら、受験で聞かれもしないような、
当たり前の事柄・・・

「彼らの英語パフォーマンスを見るにつけ、僕は心配になります」
と結んだ日比谷生。そんな心配は、全く必要ありません。キチンとした
文法、スペルにのっとった英語は、実は帰国生でも、
なかなか達成できないもの。

ましてや、英語以外で、彼らは圧倒的に不利。日比谷の入試に
したところで、英語だけで入ったようなもの。しかも理数科目こそ、
真の頭の良さを見せる場所。

英語は、どんなにガンバっても、帰国生と互角が、関の山。
けれど、理数科目でボロ勝ちしましょう。どんな企てでも、
地に足のついた努力を継続する者こそ、
勝利を掴みます。

幻
Zukunft

慶応志木高校

慶応志木生が、個性的な英作文を書いてきました。夏期講習・最終日。
新宿教室・国立クラス。「小学校から英語を学ぶべきか」という課題。

彼はこの課題に反論。小学校で外国語学習を導入すれば、
母語である日本語が、あやふやになるだけ、と論じました。
立派な論ではありませんか。

外国語学習は早ければ早いほどいい、という俗説に
惑わされず、母語の大切さを力説。

二年生・三学期、体験授業にやって来て以来、彼は毎回、出席。
慶応志木生は慶大・進学を前提としますから、
塾にはほとんど来ません。

けれど、やって来た慶応志木生。心に期すもの、あるのでしょう。
夏期講習は終わりましたが、二学期まで、あと一カ月。
シッカリ復讐しましょう。

ハス
lotus

青山高校(47)

夏から来塾し始めた青高・男子。たまに遅れてやって来ました。
外苑祭・準備で忙しかったのでしょう。

そんな彼が自由英作文で、憲法について書いてきました。
「憲法を守れ」と国会前にデモをかけてる者たちを分析。

日本国憲法が全く現状に合わなくなってるのに、
今だ、それにしがみつく愚かさを論じました。

おお。こんなことを書く青高生がいるとは。採点する赤ペンにも、
力が入るというもの。来年から選挙年齢が引き下げられ、十八才に。
今、高三生は来夏・参議院選挙から投票権。ある程度、政治について、
自分の意見を持っておかねばなりません。

なのに、若者の投票率の低さは、目を覆うばかり。これでは、
政治が高齢者向けになるのも、やむをえません。
もっと若者に政治に関心を持ってもらわないと。

とはいえ、ビビリの学校教員が政治テーマに取り組んでくれるとは、
とても思えません。そこで、私の出番。英文テキストで、政治、
経済の話が出てくれば、偏らずに現状を話していきましょう。

その現状を聞き、どう分析し、自分の意見を作っていくかは、
聞く人しだい。自分の意見を形成しようにも、現状を聞かない
ことには、一歩も進めません。

ボトル
bottle

芝高校(7)

新宿教室の夏期講習。国立クラスです。芝高生が一名。
一学期から休まず受講。今夏も皆勤。

いつも後ろに座る芝高生。一学期、話す機会もありませんでした。
けれど、夏期講習では廊下で立ち話。聞いてると理系・志望。

確かに芝高に通ってて、早慶・文系が第一志望なら、塾に来る
必要もないかもしれません。幸い、この国立クラス。理系・志望者が
多く、ライバルには、こと欠きません。

普段、渋谷教室に通ってる芝高生。新宿教室で、知らない人たちと
受講したことも、刺激になったことでしょう。夏はまだ、
一カ月あります。今からが勝負です。

パン
summer bread

海城高校(7)

真夏の南新宿。八〇四教室からは、もうスカイ・ツリーは見えません。
駅開発で、大きなビルが景色を塞いでしまいました。

そんな中、海城生が夏期講習に参加。五日間、乗りきりました。
三度あった自由英作文。私が添削。二度目の課題は「今、最も
立腹してることは?」課題は五十~六十字でしたが、私は百二十~
百五十字に設定。二十名の受講生が、頭をひねりました。

さて、海城生。「東京の暑さ」に立腹と書いてきました。暑さそのもの
だけでなく、エアコンを使わねばならない人間の生き方にも、と続けます。
午前中、新大久保まで行って、昼から塾に通ううち、
そんな気持ちにもなったのでしょう。

採点者としては「暑さ」に怒っても、しょうがない気もしますが、
そこは自由英作文。論理が通ってれば、評価。

今年、海城生は彼ひとり。昨年、教えてた二年生たちは、
東大クラスに行ってしまいました。ここはひとつ、彼に結果を
出してもらいましょう。でないと、後輩たちにアピールできません。

光
morning light

西高校(26)

渋谷教室の夏期講習。授業後、西高・女子が相談にきました。
聞いてると、英文読解で今、とても時間がかかるので、
不安とか。速読の方法はないか、という相談。

今は、まだ夏。受験は、冬の終わり。今、速く読む必要は
ありません。辞書を引きながらでいいから、正確に読む訓練を
しましょう。ホンとに正確に読めるようになったなら、
その速度を上げることは、実はカンタン。

今は、何時間かかってもいいから、自力で解いた正答率を
上げるべきです。その実践的な方法は、口伝に属します。
こんなブログで、話すことはできません。

緑
green

新国立競技場と青高

予算の点で紛糾した新国立競技場・建設問題。夏期講習に来た
青高・女子に今、どうなってるのか聞いてみました。青高は
新国立競技場の目の前。他人事ではないはず。

彼女によると、校舎、校庭は今後、変わるかもしれないそうです。
建設計画には周囲の景観変更も含まれますから、青高も影響を
受けないわけにはいきません。ひょっとして、青高全体が
どこかに移転する、という可能性は? 思わず、そう聞くと。

それは、ないようです・・・

とりあえず一安心。けれど計画は最終的にはハッキリ決まって
おらず、なんとも言えないとか。新国立競技場・建設問題、
早く決着してほしいですね。

海
sea

渋谷教育学園渋谷高校(3)

渋渋・女子が夏期講習を乗りきりました。渋谷教室です。
一学期・途中、体験授業を受けて、通塾し始めました。
クラスに文系女子が多い中、理系の彼女、その存在は貴重。

私もテキストを読みながら、医療、バイオに話を振ってみました。
彼女の興味を引くことが、できたでしょうか。

五日間、ずっと一番後ろ。けれど毎日、予習。手ごたえを掴んだ
ことでしょう。ただし、理系。英語を伸ばしただけでは、
受かりません。理数科目もシッカリやんないと。

とはいえ、八月は始まったばかり。焦らずに・・・

青い花
blue flower

國學院高校(6)

渋谷教室の夏期講習。授業後、エレベーターで國學院・女子と一緒に
なりました。授業中、聞けないことでも、こんな時は大丈夫。

彼女がダンス部に所属してることは、知ってました。
渋谷駅への道を歩きながら、ダンスに話を振ってみると。

EXILEの後ろで踊ってましたよ。

なんと、プロの仕事もしてたとは。けれど、ダンスの世界。
これはこれでキビしい。やっていけないと早々に判断。
それで塾に来始めたとか。なるほど。

國學院ダンス部。部員・六十名の大所帯。ダンスが人生の
一部である彼女にとって、國學院高校・進学は正解でした。
これで大学受験を成功させれば、文句なしの高校生活。
私もハッパをかけなくては。

海
summer sea

早実の二年生

今夏、好投手を擁し、甲子園出場を決めた早実。そこに
通う女子が夏期講習に参加。渋谷教室。二年生の東大クラス。

一学期、何度か振替授業で来てましたから、初対面ではありません。
けれど大事な夏期講習。担当者として私を選んでくれたからには、
こちらもシッカリやらなくてはなりません。

幸い、五日間、無事に終了。早実・女子も納得の表情。二学期に
つなげました。最終日、甲子園まで応援に行くのか、
聞いてみました。すると。

行かない子も多いし・・・

やはり勉強の方が大切なようです。野球にガンバる早実生。
勉強に燃える早実生。いろんな人がいてこそ、
学園の魅力は高まります。

朝顔
mornig glory

光秀の家康・接待

本能寺の変は天正十年・六月に起こりました。前月の五月、
明智光秀は、徳川家康の接待役を命じられました。安土城です。

この接待の時、信長が光秀に「汁が薄い」「魚が腐っている」と非難。
光秀を罵倒、魚を安土城の堀に捨てさせた、と記録に残ってます。

とはいえ、よく考えれば、奇妙な話。光秀は京の事情に通じ、
家康を接待するにあたり、味を京風にしたことは、すぐに分かるはず。
ましてや、当時のピリピリした織田・家中の雰囲気を考えれば、
魚が腐るという不注意は、ありえません。

実は、信長の非難には「どうして、この機会に、家康の膳に毒を
盛らなかったんだ」という意味が込められてた、とよく言われます。

信長は既に、家康に正室、長男を殺させてました。織田・徳川の
同盟といいながら、当時、信長・家康の関係は緊張ピーク。
本能寺の変すら、光秀の兵士の多くは「敵は三河殿(家康)」
と思ってたほど。

本能寺の変なくば、果たして家康は家康たりえたか、
これは、考えてみるに値するでしょう。

花火
summer night
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ