FC2ブログ

田雙祭2014・BLUE WAGON

薄日さす秋の日。第五十八回・田雙祭が開かれました。東横線・田園調布駅。
ここから続く銀杏並木。お屋敷のような家が並びます。こここそ、成城学園と
並んで東京の一等地。一軒・五億円はするのではないでしょうか。

くだらないお金の話はおいといて、道はやがて住宅街。迷路のように
なりますが、何度か通った道。迷うことはありません。やがて見えてきた
田園調布雙葉学園。五才くらいの女子を連れた保護者がゾロゾロ。
学校見学ですね。

記念講堂の前には人、人、人。演劇部・公演を見るために、保護者がもう
集まってます。受付で聞くと、公演を見るんだったら、今、並ぶべき、とのこと。
ガーン。優雅に食事して、それからミュージカル鑑賞、と勝手に立ててた
予定は叶いませんでした。今日は食事だけ。

上がっていった校舎・三階。バルコニーに面した教室で"BLUE WAGON"。
大正ロマンをイメージしたレストラン。毎年、田雙・三年生が
総力を挙げて食事を提供します。

案外、待つことなく、すぐにテーブルへ。食事券を渡すと、トルフィーノが
運ばれてきました。全て、田雙生の手作り。心こもってます。
秀逸だったのはデザートのかぼちゃプリン。冷たいものかと
思いきや、オーブンから出したばかりのできたて。

フワッと広がる味。しかも後に残りません。
上品なセンスを感じたのは、私だけではないでしょう。

かくして"BLUE WAGON"。今年も大成功。ウェイトレスも、裏方も、
よくガンバりました。これで事実上、田雙での行事は終了。
あとは受験あるのみです。

野原
autumn green

倉敷天城高校

天城(あまき)までは遠いですよ。

JR倉敷駅・観光案内所の女子。すまなそうに、そう言いました。

いえ、あなたのせいではありませんよ。

そう言いそうになるのをグッとこらえて一礼。駅前からタクシーに
乗ることに。タクシーは右に疎水を見ながら、倉敷・美観地区を疾駆。
国道二号線を横切り、やがて見えてきた瀬戸中央自動車道。
この高速を走れば、四国・香川に行くことができます。
やがて。

ここで、ええですか。

運転手さんの声。タクシーは天城の正門前に到着。実はここ、
宇野線・茶屋町駅から歩いてすぐ。受付でそう聞かされても、
もう遅い。タクシーで来る必要はなかったのですね。

今春、岡大に二十一名の合格者を出した天城。青陵に続く倉敷No.2。
香川大にも二十名、進学。それなりの数字です。

入学時に理数科、普通科に分かれます。理数科生には白衣が与えられ、
それが彼らのエリート意識をくすぐるようです。SSHにも指定されました。
物理、化学、生物、数学の分野で一年生から研究を始めます。
その内容を見ると。

マイクロ波の干渉による光速の測定 キレート滴定による濃度測定
リョクトウモヤシ芽生えの荷重による伸長成長の変化・・・

部活動としてはアーチェリー部が名門。インターハイにも出場。
聞けば今年、男子・五名。女子・十六名。全部で二十一名。この所帯で
インターハイまでいくのだから、かなりの精鋭主義。とはいえ、
筋力はそれほど必要なく、むしろ集中力と柔軟性が大切だとか。

OBにはシンガー・ソング・ライター中西圭三がいます。抜群の歌唱力で
久保田利伸と並び、1990年代から2000年代のJ-POPを引っ張った中西。
平成十八年の百周年・記念行事には、母校の体育館に登場。
ビートのきいた曲を披露しました。

東京でスポット・ライトを浴びてても、中西の心から、
天城の記憶が、なくなることはありませんでした。

そんな天城。岡山でも倉敷以外では、なかなか注目されない高校。
けれど百年以上の歴史を持つ伝統校。応援したいですね。

緑
nature

倉敷青陵高校

白壁で有名な街・倉敷。壁に沿って歩けば、大原美術館。
学生の頃、この美術館には、よく足を運んだもの。日本で西洋の
近代美術を見たければ、上野の近代美術館か、ここ。

印象派のモネ、コロー。二十世紀のピカソ、ダリ、シャガール。
ポロックのアクション・ペインティングまで。

そんな大原美術館から、ほど近い場所に県立・倉敷青陵高校。
正門を入って右に大きなクスノキ。岡山の県立高校には、なぜかどこも、
大きなクスノキが植えられてます。クスノキだけでなく、
敷地内には緑がいっぱい。

倉敷の秀才を集める青陵。受付で聞くと、授業は四十五分。それが七コマ。
ダラダラやらずに、休憩を挟みながらサッサとやろうよ、という姿勢。

二年生から文系、理系に分かれ、文系、理系がそれぞれSクラス、
Aクラスに分かれます。Sクラスは東大、京大を目指すクラス。

「進路学習室」と呼ばれる自習室に案内されました。一人一人、仕切られた
学習机。今は授業中。誰もいないはずなのに、なぜか隅っこの机に
男子。何か黙々と自習。

放課後になると、自習生で満席になるとか。こうした学習環境が
青陵の進学実績に貢献。今春、東大2名。京大9名。阪大14名。
特筆すべきは岡大73名! トップの岡山朝日75名に肉薄。

とはいえ進学実績の向上にはマイナス面も。運動部の活躍が、
なくなってきました。五年ほど前、毎年のように陸上競技部、
水泳部、レスリング部、スキー部がインターハイに出場。
バスケットボール部、ハンドボール部も強豪。

けれど青陵の進学熱と反比例して、部活動が低調に。
これはこれで問題でしょう。

かくして青陵。勉強だけでなく、部活動も復活させ、真の文武両道を
目指してほしいもの。岡大くらいなら、それほどガツガツやらなくても、
入りやすいはず。勉強ばかりでは、面白くありません。

光
Abendrot

マンデル・フレミング法則(3)

マンデル・フレミング法則とは、変動相場制の下では、国債発行で
財政出動しても、それだけでは効果がないという法則。

国債発行すると、金利上昇し、民業圧迫して景気を冷やします。
金利上昇は通貨高も招きますから、輸出減少して、
なおさら景気が上向きません。

現在、政策担当者、経済学者、エコノミストたちはそれぞれ、
立場の違いこそあれ、マンデル・フレミング法則に基づいて主張を展開。

けれど法則の応用方法に違いがあります。マンデル・フレミング法則に
したがえば、財政政策は効かないと主張する人。金融政策と
同時に用いれば、マンデル・フレミング法則は有効と言う人も。

前者の人たちは財政政策が効かないのだから、金融政策、
つまり通貨政策だけでマクロ経済を運営していこうとします。
それ故「マネタリスト」と呼ばれることがあります。

光
light

消費税・再増税

消費税を現在の8%から10%に引き上げるかどうか、十二月に決定されます。
九月時点で実質賃金、鉱工業生産指数は軒並み、連続マイナス。
7~9月GDP速報値も今月末に発表されますが、厳しい数字が
予想されます。デフレ脱却できてないどころか、
デフレはますます進行。

四月に導入された消費税・増税の影響は深刻。悲惨な数字にも
かかわらず、政局は増税に傾いてます。「法律で決まってるから、
しかたない」という声も。

二年前の消費税・増税法案には「名目成長率4%、実質成長率2%が
達成できれば」という附則が書かれてます。今、成長率は全く
そうなってませんが、この附則は忘れ去られてます。

消費税・再増税が臨時国会で決まれば、株価は今度こそドーンと
下がるでしょう。今週末、日経平均・終値は1万4532円。私は昨秋
「日経平均には1万5000円で蓋がされた」とブログで書きましたが、
その言葉は今だ有効。

現在、自民党では谷垣・幹事長、二階・総務会長を中心に、
国会議員への締めつけが始まってます。自民党・総務会で
「再増税やむなし」となれば、もう動かすことはできません。

今の臨時国会。大切な消費税・再増税問題は、あまり注目されず、
全くどうでもいい閣僚スキャンダルがマスコミを賑わせてます。
この危機感のなさ。日本株に対して、絶好の
空売りチャンスが巡ってきたようです。

愚か者には「売り」の洗礼が待ってます。
資本主義社会の冷徹な原則です。

黄色
autumn

ハンバリー派

イスラーム世界はカリフ正統性をめぐって大きく二つに分かれます。
スンニ派とシーア派。シーア派は少数派でイラン、そしてイラクの一部。

スンニ派が法解釈の違いから、さらに四つの派に分かれます。
三つは世俗と折り合う教義ですが、一つだけ原理主義を貫き、
過激な教義を報じる一派があります。それがハンバリー派。

コーランの教えを忠実に守ろうと主張する派。カリフ復活を訴えます。
サウジアラビアのアルカイダ、ヨルダンのハマス、シリアのイスラム国(IS)。
これらは全てハンバリー派。成人男子はみな「戦士」。

今回、北大生のシリア渡航を手引きしたとされる日本人イスラーム学者。
彼もハンバリー派に近い人物。ハンバリー派に関する著作もあり、
講演ではカリフ復活を訴えてます。そもそもハンバリー派に
近くなければ、自ら何度もシリアに入国したり、日本人の
若者を現地に紹介できないでしょう。

この五年間、ずっと死に場所を探してきました。

彼はさらっと言います。五年前、生きていく望みがなくなったとか。
けれどイスラーム法で自殺は大罪。イスラーム教徒でもある彼は
法に則り、ジハード「聖戦」で死ぬことを決意。

大学での職を辞し、銃をもってアフガニスタンに渡りました。
そこで死ぬことはできず、さらに危険なシリアに転戦。けれど。

ジハードでは死ねなかった・・・

同じイスラーム教徒を殺したくなかった彼。理想的には、米兵あたりが
目の前に現れ、銃撃戦の最中に斃れたかったことでしょう。
しかし米兵は現れず、空から爆弾を落としていくだけ。
結局、ジハードを諦め、日本に戻ってきました。

イスラーム学者としては日本に比ぶ者なく、海外でも
評価の高い彼。灘高、東大の学歴も申し分ありません。

イスラーム世界を日本に分かりやすく紹介すること。
イスラーム古典を翻訳すること。日本からイスラーム世界への
経済投資を架け橋すること。

アラビア語に堪能。古典も読める彼なれば、死を望まずとも、
やるべきことは山ほどあるはず。でも、それは彼の内面。
誰も立ち入ることはできません。

窓
window

ブタ積み

日銀が金融緩和する場合、国債を直接引き受けることはできません。
財政法・五条によって禁止されてます。そこで、民間銀行が保有してる
国債・既発債を日銀が買い取り、代金を民間銀行が日銀に開いてる
当座預金に振り込む、という形を取ります。

この当座預金から、民間銀行が資金を引き出し、市中に流せば、
お金が世の中を巡っていきます。信用創造によって、その額は
何倍にも増え、経済活動が活性化。これが金融緩和の目的。

けれど民間銀行が当座預金の資金を使わなければ、お金は世の中に
出ていきません。日銀当座預金に積まれたまま。
それを「ブタ積み」と呼びます。

ブタ積みになると、いくら日銀が金融緩和しても、資金は当座預金に
眠ったまま。黒田・日銀総裁による異次元緩和で現在、年間・七十兆円
とも言われる資金が日銀から民間銀行に振り込まれてます。
その額、ざっとGDPの14%。

けれど昨年、日本のGDPの伸びはアベノミクス最中にもかかわらず、
2パーセント。緩和された資金が、そのまま市中に流され、所得や
投資として使われてれば、信用創造を考えないとしても、
GDPを少なくとも14%押し上げる効果があったはず。

なのに実際は2%。相当額のブタ積みがあると思われます。
当座預金にブタ積みされた資金は、民間銀行が日銀に預けてる
資金ですから「付利」(ふり)と呼ばれる利子が発生。
日銀が民間銀行に付利を払わなくてはなりません。

ブタ積み額が百兆円として付利が0.1%ならば、民間銀行は
日銀から年間、一千億円の付利を得られることになります。
日銀が民間銀行を利しているようなもの。いつか
批判にさらされる可能性があります。

さくらんぼ
cherries

穀物法論争

十九世紀・前半、イギリスで行われた経済論争。マルサスと
リカードという、代表的な経済論客が真っ向から対立。
現在のTPP議論と、枠組み自体は、同じものでした。

ナポレオン戦争が終わり、イギリスで穀物価格が半分に下落。
戦争が終わって消費がなくなり、豊作が続いたことが
原因でした。イギリスは農業デフレに。

マルサスは人口と食料の関係を論じ、人口は等比で、食料は等差で
増加すると論じました。当然、等比で増える人口が、食料を上回ります。
マルサスは、数が増えがちな農民や労働者の生活を重視。
フランスから入ってくる穀物に関税をかけ、
イギリスの農業を保護しようと主張。

一方、リカードは関税に反対。穀物価格が下がれば、
それと連動して農民や労働者の賃金も下がり、その分、
資本家の利潤が大きくなるからです。

リカードが自由貿易によって穀物価格を下げようとしたのは、
農民や労働者の福祉のためでなく、資本家の利潤を高めるため。

資本家こそ経済成長の推進力と見てたリカードは、資本家にとって、
最も有利な経済モデルを提唱。これがリカード・モデル。
経済学に資本家と労働者という階級対立を
持ち込んだのも、リカードが最初。

リカードが唱えた階級対立はマルクスに受け継がれます。
とはいえマルクスはリカードを批判。労働こそ価値源泉である、
と主張し、プロレタリア独裁を叫びました。

野原
autumn field

比較優位理論

イギリス古典派・経済学の完成者、デイヴィッド・リカードが提唱。
TPP議論でも「比較優位」は、よく出てきます。
議論に負けないためにも、知っておきましょう。

例えば、塾講師とアルバイト。マルチな塾講師。彼は授業力だけでなく、
実務能力もあります。「絶対優位」理論では、そんな塾講師は授業も、
実務も全て自分でこなすことがベスト。個別分野の生産性だけに
着目するからです。

ところが「比較優位」理論では、アルバイトが登場。比較対象が
現れました。このアルバイト。教える力などナシ。
実務能力ですら、塾講師に劣ってます。

けれど塾講師。たとえ自分の実務能力がアルバイトより上でも、
アルバイトに実務を任せた方が得。なぜなら、塾講師が全てを
こなした場合、その「機会費用」が高くつき過ぎるからです。

実務はアルバイトに委ね、その分、授業をこなした方が、
塾全体としてみれば、遥かに効率的。誰が見ても、明らかでしょう。
これが比較優位理論。

国際貿易に当てはめてみましょう。A国は服もワインも、B国より、
効率的に生産できます。けれどA国は服生産が得意。一方、
B国は服でもワインでも、生産性ではA国に及びませんが、
ワイン生産が得意。

この場合、たとえA国はB国よりワインを効率的に生産できても、
ワイン生産はB国に任せ、ホンとに得意な服生産に特化すべき。
こうすれば、より多くの服を生産できます。

B国にしても、A国に及ばぬとはいえ、ワイン生産には自信が
ありますから、それに特化すれば、そこそこの成果は出せるでしょう。

A国が服、B国がワインに、それぞれ特化することで、
別々に作ってた場合より、社会の総利益はアップ。あとは、
それぞれ貿易して交換すれば、社会の幸福は大きくなる、
これがリカード・モデル。

比較優位理論に立てば、関税のない自由貿易が理想。
それぞれの国が、自国の弱い分野を見切り、強い分野に特化。
弱い分野については、それに強い国に任せ、あとで、
その国から輸入すればいい、となります。

これこそ、限られた資源を最も効率的に使い、生産方法を
最適化する方法だと、リカードは主張。リカードがもし今、生きてれば、
TPPには大賛成、となるでしょう。日本の農業については、
そんなものはサッサと切り捨て、日本の強みである製造業に
特化すべき、なんて言うかもしれません。

リカード
economist

機会費用

経済学を学ぶ上で欠かせない概念ですから、押さえておきましょう。
機会費用とは、私たちが行動を選択する時、その選択によって、
失われる価値を意味します。

例えば、天気良い日に自習室で勉強してる受験生。彼はそんな場所に
いずに、秋晴れの下、テニスで汗を流すこともできるはず。
けれど、その幸福を断念して、自習室で受験勉強。

なぜテニスできたかもしれないのに、自習室にこもってるのでしょうか?
それは、テニスという機会費用より、自習室での勉強の方が、
最終的にメリットが多いと考えてるから。

このように機会費用とは、実際の行動の裏に張りついてる、
あり得たかもしれない価値のこと。そして、この機会費用という
概念が、国際貿易を考える時、大切になってきます。

稲穂
October

工大祭2014・CO2のフシギ

大岡山で開かれた工大祭。南実験棟・四の一階で大々的に開かれた
「化学工学への招待」。テーマを見ると。

CO2のフシギ プラズマ・パワーの魅力 流体のフシギ 蓄電池

中でも秀逸なのは教官自身が説明してくれる「CO2のフシギ」。
二酸化炭素は水に溶けやすい気体。アルカリ性のアミン液に通せば、
中和してよく溶けます。それを実演。

研究室は伊東・研究室。ここでは二酸化炭素・分離の方法を研究。
液体膜によるガス分離法まで展示。これはスゴイ。

二酸化炭素を吸収すれば、地球環境・負荷が減り、吸収したものを
温室に通せば、再利用も可能。二酸化炭素・分離は今すぐ社会で
役立つ技術。それを先生自ら、説明してくれるわけですから、さすが三類。
これまで優秀な教え子が、何名も進学していったのが頷けますね。

ケーキ
cake

清算主義

昭和期・初頭、日本の経済学を支配したのが、清算主義。
新聞、雑誌がこぞって清算主義を持ち上げました。清算主義とは、
ムダを廃し、全て清算して一時的に小さくなった方が、
次により飛躍できる、という考え方。

当時、東京商大(現・一橋)で教えてた福田徳三、マルクス経済学の指導者・
河上肇たちが主張。福田と河上は経済論客として終生、ライバルでしたが、
フシギなことに、清算主義については立場を同じくしました。

折しも昭和四年。ニューヨークで金融恐慌が起こり、その余波が
日本にも及んできた頃。円高となり、輸出は激減。モノは売れなく
なり、物価は下落。深刻なデフレが蔓延しました。

昭和五年に発足した民政党・濱口内閣。蔵相に井上準之助を起用し、
金解禁を断行。デフレ時に金解禁などやれば、ますます円高が進み、
不況が長引くはずですが、濱口内閣は実行。結局、国内経済は
収縮し、今に至るまで経済失政として語られます。

そんな濱口、井上の財政政策のバックボーンとなったのが、
清算主義。当時のメディアは「不景気を極限まで進めよう」
「伸びんがために縮む」という言葉を連発。

濱口内閣が金解禁を断行できたのも、メディアや学者の後押しが
あったから。マルクス主義者の河上など、デフレがドンドン進行し、
そのうち革命でも起こればいい、くらいに考えてた節があります。

この清算主義に対し、真っ向から反論したのが石橋湛山。
彼はリフレ政策を主張。金融緩和によって通貨供給量を増やし、
通貨価値を下げ、緩やかなインフレを惹起。輸出も増やします。
こうすることで景気を上向かせることを主張。

湛山が唱えたリフレ政策は、濱口内閣、第二次・若槻内閣の後、
犬養内閣で実行されます。昭和六年の末。蔵相は高橋是清。高橋は
日銀に国債を直接引き受けさせ、市中に資金を供給。各国に先駆けて、
日本をデフレから脱却させ、みごとに経済を立て直しました。
原理的には今、アベノミクスが目指してる政策も、これです。

今の目から見ると、清算主義に、良い評価を与えることはできません。
経済に「禁欲」や「痛み」など持ち込んで、成功したためしもありません。

平成の清算主義ともいえる小泉内閣で、構造改革や規制緩和が
叫ばれ、ますます日本経済が疲弊したことを考えれば、
清算主義の本質も見えてくるでしょう。

湖
clarity

朝鮮総連とパチンコ業界

年間売上が二十兆円ともいわれるパチンコ業界。
心の弱い日本人が、店へ行き、すって帰ってきます。

パチンコ店オーナーの大半は在日朝鮮人。彼らから朝鮮総連に資金が流れ、
それがほとんどピンハネされずに、北朝鮮・本国に送られてきました。
その額、年間で二千億円。ざっと計算して、パチンコ業界の売上のうち、
1%が北朝鮮に流れたことになります。

この資金で北朝鮮・独裁者は体制を維持。核兵器までこしらえました。
核兵器・一個の製造価格はおよそ三百億円ですから、日本からの
資金があれば、経済的に十分可能。

愚かな日本人・庶民のパチンコ代が、巡り巡って、北朝鮮の核兵器に
化けたわけです。その核兵器を使って、北朝鮮は日本を陰に陽に恫喝。
唖然とする他、ありません。

しかもパチンコ業界。警察官僚OBがキャリアもノン・キャリアも多数、
天下り。警視総監まで天下った例も。これでパチンコ業界を取り締まれる
はずありません。パチンコ業界と警察は、まさにズブズブの関係。
拉致問題がこれまで、なかなか解決しなかった理由の一つが、
ここにあります。

湖
See

日朝交渉の行方

北朝鮮には通常の国家予算とは別に「独裁者・口座」があります。
原資は外貨で、独裁者だけが使える口座。
現在の独裁者はキム・ジョンウン。

八年前の2006年まで、朝鮮総連から毎年、この口座に二千億円の
資金が送られてました。この資金により、北朝鮮・独裁者は贅沢に暮らし、
忠誠を誓う部下を、高価な贈り物で籠絡。体制を維持してきました。
その仕組みの一部については、今年五月、NHKが報道。

ところが2006年、北朝鮮が核実験を実行。折しも、第一次・安倍内閣の頃。
日本政府は、朝鮮総連から北朝鮮への送金を事実上、禁止。
北朝鮮に日本からの資金が届かなくなりました。

そして今年。拉致被害者の再調査について、北朝鮮が応じてきました。
過去の悪業を反省したからではなく、独裁者・口座がいよいよ、
枯渇してきたから。このままでは体制を維持できません。

現在、行われてる日朝交渉で、北朝鮮が日本政府に
何度も経済制裁・解除を求めてるのも、このためです。

帰国させる拉致被害者は、できるだけ少なく。
日本政府からもらう利益は、できるだけ多く。

これが北朝鮮の変わらない方針。拉致被害者を多く
残しておけば、次にせびるチャンスも生まれます。

拉致被害者・家族が今、日本政府に対し、安易に妥協しないこと、
ピョンヤンへ行かないことを要請してるのも、こうした状況を見切ってのこと。
被害者に一刻も早く、帰ってきてほしいと毎日、願ってる彼らが、
そう言うのだから、政府も耳を傾けねばならないでしょう。

ジャガイモ
autumn

開成高校(7)

新宿教室・国立クラス。月曜・一限。テキストに"a dirty dog"という言葉が
出てきました。直訳すれば「汚い犬」ですが、それが何を指してるか、
答えなさい、という問題。

「妻の浮気相手」が正解。けれど人生経験もない高校生。
なかなか類推できません。何人か当ててみて、一番後ろに
座ってる開成生。これで最後にしよう、と思って当ててみると。

間男。

聞いてた私は思わずプッ。けれど正確に読めてます。高校生が
日常的に使う言葉ではありません。恐らく、小説か何かを読んで、
出会った言葉なのでしょう。いわゆる「教養」も、受験に、
役立たないわけではありませんね。

湖
autumn

名目金利と実質金利

マンデル・フレミング法則によると、国債発行すると金利上昇し、
民業を圧迫。クラウディング・アウトが起きます。金利上昇は同時に、
通貨上昇を惹起しますから、輸出が減少し、景気を冷まします。

けれど1990年代、日本における大量の国債発行によって、金利は全く
上昇しませんでした。金利上昇しなかったのに、通貨は確かに
国債発行に比例して、円高に。

通貨高は、マンデル・フレミング法則に沿ったもの。つまり、
金利においてのみ、マンデル・フレミング法則は、
当てはまらなかったわけです。

こう見えたのは、私が名目金利と実質金利を混同してたからのようです。
名目金利とは、一般的に言われる金利。実質金利は名目金利から、
予想インフレ率を引いた金利。日本の名目金利は、最近の二十年間、
0~1%のまま。1.6%まで上昇すれば、景気が良いと言われたほど。

いずれにせよ、超低金利。それだけ見れば、マンデル・フレミング法則は
該当しなかったように見えます。ところがこの間、日本の物価は
緩やかに下がり続け、予想インフレ率もドンドン低下。

名目金利は事実上、0.3%あたりで下落が止まりますが、予想インフレ率は
下がり続けます。人々がずっとデフレが続くと思えば、予想インフレ率は
マイナスになり、実質金利が名目金利を上回るまでに。日本はずっと、
この状況でした。典型的なデフレ状況。

0~1%の名目金利だけ見てれば、低く見える金利も、実質金利を
見れば、実は高かった、となります。マンデル・フレミング法則は
シッカリ機能してたわけです。経済理論はバカにできませんね。

森
Wald

日比谷高校(35)

新しく日比谷・女子が二学期から新宿教室に。夏休みに受けにきて、
そのまま継続しました。これで日比谷生は五名。他の都立高校も、
西高生・五名。青高生・五名。戸山生・三名。バランス取れてます。

部活も文化祭も九月で終わり、もう残すは受験のみ。
受験を決めれば、完璧な高校生活。
私も、そのお手伝いをしましょう。

湖
lake

武蔵高校(14)

武蔵生が二学期から一名増えて、五名。全員、新宿教室。
国立クラスに三名。私立クラスに二名。全員、よくデキル。
鍛えられてます。しかも東大・志望ではありませんから、
今の時点で、およその受験結果も予想できます。

彼らに結果を出してもらい、武蔵の後輩たちに、見せつけねば。
まだ十月。ですが、ある程度、合格の皮算用が始まります。

水平線
Zukunft

駒場東邦高校(15)

横浜教室の帰り、エレベーター前に駒東生。彼は東横線で自由が丘まで。
私は日吉までだから、一緒に帰ることに。今年は行けなかった駒東祭。
三年生の彼は裏方に回ったとか。駒東・鉄道研究部。他の文化祭と
重なってなければ、見にいけたのに・・・

電車の中では、駒東生がどんな塾に通ってるのか、話題になりました。
それとなく、東進ハイスクールについて話を振ってみると。

行ってる人も、いますよ。

やはり。私のようなライブ授業講師にとって、東進ハイスクールの
映像授業は、今や強力なライバル。けれど彼は。

先生の授業、映像で見ても意味ないですよね。

おお。分かってくれてるではありませんか。「いつでも、どこでも」の
便利な映像授業。けれど、そこには何の対話も止揚もありません。

ちょうど自販機にコインを入れれば、ゴトンとジュースが出てくるように、
ボタンを押せば、自動的に映像が流れてくるだけ。そんな授業は、
私が目指すものではありません。

生徒と語り合い、高め合うこと。時には私の間違いまで訂正してもらうこと。
そして、出発点では考えられなかった地点に、お互い到達すること。
そう。映像授業では、逆立ちしてもできないことです。

今、テレビCMで流行りの映像授業も、いつか底を見透かされ、
その価値が問われる時が来るでしょう。その時、ホンモノのライブ授業に、
再び熱い視線が向けられることは、間違いありません。

静か
tranquillity

岡山操山高校

後楽園の北、岡山中央署の前にあります。このロケーション自体、名門の証し。
旧制・岡山一女、旧制・岡山二中が前身。「おかやま そうざん」と読みます。
校訓「和して流れず」は岡山一女・以来のもの。近くにある岡山朝日と
並んで、長い間、岡山の双璧でした。

私が中学生の頃、NHKドキュメンタリーで東大に進学したけど、目標を
見失った学生をテーマにした番組をやってました。そこで登場した
東大・女子こそ、岡山操山・出身。番組では、彼女の操山時代の
成績表も公開され、十段階評価で、どの科目も、ほぼ十。
東大進学など楽勝でした。

番組そのものは「東大入学後、途方にくれる学生」がテーマでしたが、
中学生の私は単純に「操山ってスゴイ」と思ったものです。

そんな操山。岡山の県立らしく文武両道。昨年、陸上競技部、山岳部が
インターハイ出場。陸上競技部は六年連続、山岳部はなんと十二年連続の
出場。文化部ではディベート部が六年連続で全国大会に出場。
部活動への取り組みは、さすが伝統校。

ところが操山。良いことばかりではありません。市内に岡山城東のような
意欲的な新設校ができるにつれて、優秀な受験生を取られ始めました。
進学実績もドンドン低下。岡山朝日には今や、大きく水をあけられ、
岡大・合格者は今春、四十名。岡山芳泉、岡山一宮に続く
六位に沈んでます。

この状況を打破せんと操山。平成十七年から県立で初めてとなる
中高一貫カリキュラムを導入。岡山操山中学を設立し、六年教育を
掲げました。導入して十年。成果が出るには、まだ時間が、かかるようです。

良い材料を探せば、今春、京大・合格者が七名、出たこと。
京大・合格者では、岡山朝日、倉敷青陵に次ぐ三位。
やはり操山の力は侮れません。

百十五年の伝統を誇り、OBも岡山、関西にとどまらず、全国的に
活躍してる岡山操山。クスノキ、メタセコイアが繁る環境も、
申し分ありません。

今は恐らく過渡期。中高一貫カリキュラムの成果が表れる頃、
操山の人気も再び、上昇し始めるでしょう。

空
tradition

岡山城東高校

昭和六十二年に設立された岡山の新しい県立高校。カリキュラムも斬新。
一年生で四つの学類から選択。二年生から分かれます。

人文社会学類 国際教養学類 理数学類 音楽学類

まるで大学のようなコース分け。単なる受験秀才より、個性的な人材を
輩出しようという試み。グローバルな時代、個人も集団も差別化を
求められます。個性を重視する城東の姿勢は、実に正しいもの。
音楽学類からは、海上自衛官となり、自衛隊・歌姫と
なった女子も現れました。

修学旅行も「学類研修」。単なる旅行でなく、訪問先で、自分の学類に
沿った研究対象を見てこよう、という行事。国内では北海道、筑波、
東京。国外ではソウル、マレーシア、クアラルンプール・・・

校訓は「進取協同」。体育館前にある石碑にも、そう彫られてます。
白い時計台がシンボル。校内には樹木が多く、穏やかな雰囲気。
もちろん、教室はどこもエアコン完備。まさに至れり、尽くせり。

かくして城東。設立後、まだ三十年にもならない高校ですが、
岡山市・内外から、志ある受験生を集めてます。そんな城東の
名を一躍、全国に知らしめたのが、野球部の活躍。

設立からちょうど十年経った平成八年、野球部がなんと春の
センバツに出場。今のように二十一世紀枠もない頃。対戦相手は、
前年、夏の甲子園・優勝校の帝京。

帝京は前年の優勝ナインが五名も残ってのセンバツ出場。
バッテリーも前年の優勝経験者。初出場の城東・野球部。
ボロ負け予想が大半。

案の定、六回終わって1-5。四点差をつけられました。
試合はこのまま、もう何点か取られてゲーム・セット。
誰もがそう思ったことでしょう。

ところが七回・裏。城東・打線が爆発。走者一人おいて、一番打者が
右中間に三塁打。まず一点。続く二番打者も一、二塁間を抜く適時打。
3-5。クリーン・アップに入り、三番打者が送りバント。次に打席に立った
四番打者の当たりは一、二塁間を破り、走者一、三塁。
五番打者が倒れ、二死二、三塁。

六番打者。もう後がありません。七球ファウルで粘り、十一球目の変化球。
センター前に打ち上げました。打ち取られたかと思われましたが、
センター前にポトン。二死でスタートしてた二走者が帰って、
ついに5-5の同点。一塁側・城東スタンドは沸き返ります。

波に乗る城東。九回・裏、三番打者がセンター前ヒット。
ここで当たってる四番打者に送りバント指示。サヨナラを狙うからには、
これも当然。一死二塁。そして前打席、凡打に終わった五番打者。
その打球は右中間を大きく破り、走者が両手を上げて生還。

なんと初出場で、前年・優勝校の帝京に6-5でサヨナラ勝ち。
マウンドにうずくまる帝京・投手。飛び上がる城東ナイン。

山清らなる 旭川

城東・校歌が甲子園に流れました。この後、野球部は勝ち進み、
ベスト4まで進出。岡山城東の名が人々の口の端に上りました。

さて城東。進学実績もなかなかのもの。今春、岡大・合格者は六十二名。
岡山朝日、倉敷青陵に続く、堂々の三位。これで人気出ない方がフシギ。
岡山城東。新しい試みを果敢に実行してます。
東京から注目しておきましょう。

緑
vert

西高校(15)

渋谷教室の授業後、西高・女子とバッタリ。話しながら、
帰ることになりました。

聞きたいことが、あるんですけど・・・

何だろうと思って、耳をすませば。

どうして日本のメディアは自虐的なんですか?

おお。いきなり、その質問。それを歩きながら答えるはめに。
とはいえ、最近の報道を見てれば、利発な彼女にも、日本のメディアが
抱える根深い問題は、目に余ると映ったのでしょう。私も、
海外メディアと比較しながら、それとなく現状を伝えました。

今は受験の真っ最中。あまり多くのことを考える余裕はありません。
けれど政治、法律、経済を勉強する予定なら、少しは世の動きにも
関心を持っておかなくてはなりません。こんな質問は大歓迎です。

道
green path

西高校(14)

渋谷教室の休み時間。西高・女子が相談に。聞いてると、勉強方法に
ついて迷ってるとか。先週まで部活してたと言う彼女。アメフト部・
女子マネ。西高アメフト部といえば「西高アウルズ」。

今秋、二回勝って、ベスト8までいったけど、そこで負けました。
西高アウルズ。私も気になってる部。言ってくれれば、
応援にいったのに・・・

部活が終わって、少し途方にくれた彼女。ここで時をムダにしては
なりません。今の時期の学習方法について、私も伝授。
早速始めるように、伝えました。

部活で培った集中力を、ソックリ勉強に向ければ、平凡人の
数倍の速度を見込めます。それこそ部活でガンバった人の
最大メリット。そのメリットを生かすのは、これからです。

紫
sincerity

明石北高校

源氏物語にも登場する明石。中世より、その雅びな響きが文化人の心を
捉えてきました。明石は東経・百三十五度線が通る街としても、有名。
日本の標準時刻は、ここで決められます。関西で成長すれば、
遠足か、修学旅行で、明石天文台を訪問することになるでしょう。

そんな明石No.1の高校が県立・明石北高校。東播の雄。
今春、神大に二十一名の合格者を出しました。

最寄り駅はJR大久保駅。北口を出て、一番乗り場から神姫バス。
乗って十分も経たないうちに、明石北高校前。
これなら、歩いても来れましたね。

正門を入ると、円形の植え込み。石碑には校訓「自由 創造 協調」。
右には体育館。一階は柔剣道場、ウェイト場。二階はフロア、
ギャラリー、そしてステージ。

一階のウェイト場で日々、練習するウェイトリフティング部。この部こそ、
北高が誇る名門部。昨年、なんとインターハイ優勝! 訪問した時はお昼。
ウェイト場には誰もいません。壁には「頑張れ 北高 ウェイト部」の横断幕。

体育館を出て、右に行くと、校舎エントランス。受付を済ませましょう。
エントランスを抜けると、中庭。六月の明北祭では、
ここがステージになるとか。

グラウンドに出てみると、サッカー部、ハンドボール部、陸上競技部、
野球部の練習場。それぞれキチンと分けられてます。これなら、
野球部が打ったボールが、サッカー部に飛んでいくことも、
なさそうです。

北高の設立は昭和四十七年。今年、設立から五十二年目。
北高・設立前、明石には、まともな県立・進学校がなく、
秀才たちは、やむなく神戸、姫路の私立に進学してました。

こんなことをしてれば、明石の地盤沈下は必至。その危機感をもって
設立されたのが、北高。昭和六十一年、理数コースを設置。
平成十五年、それが自然科学コースとなり、現在に至ります。

北高を語る上で、もう一つ、外せないのが音楽部。単に音楽を
鳴らすだけでなく、正装してマーチングするのが特徴。赤い服に
黒いズボン。ズボン横には白い線が入ってて、カッコイイ。

このカッコよさに憧れて、部員は百名以上。北高・行事だけでなく、
地域イベントにも呼ばれます。足並みを揃えてトランペット、
トロンボーンをかき鳴らす姿は勇壮。「心に迫る音楽を」が
モットーなのも、頷けます。

かくして北高。兵庫の県立高校らしく、文武両道。生徒をシッカリ
引きつけてます。京大、阪大にも、それぞれ六名の合格者。
SSHにも指定され、時の利は十分。今後、大きく飛翔する
可能性を秘めた県立高校です。

花
Traum

拉致問題と日本共産党

北朝鮮が五月、拉致被害者の全面・再調査を約束。そして七月、
夏の終わりか秋の始めに結果を発表すると約束しました。

これで、やっと、みんな、帰ってくるんじゃないか。

そう思った国民も多かったでしょう。けれど、もう十月。北朝鮮は、
うんともすんとも、言ってきません。報道では、日本政府に、
さらなる譲歩を求めてる模様。

数百人の日本人がさらわれ、数十年も経ってしまった拉致問題。
こんなことをされれば、普通の国家なら、宣戦布告して、
取り返しにいくところ。

けれど、日本には平和憲法があります。そんなことはできません。
「話し合いによる解決」が唯一の方法。とはいえ、交渉相手が
北朝鮮のような国の場合「話し合いによる解決」など、ムリ。
それが今回、浮き彫りになりました。

自国民を多数、拉致され、その一部を帰国させるためだけにでも、
多額の経済援助をせびられる日本。おかしくないでしょうか?
犯人は北朝鮮なのに?

拉致問題を日本の国会で最初に取り上げたのは、日本共産党の
橋本敦・参議院議員。当時の国家公安委員長から「拉致の疑いが濃厚」
という答弁を引き出しました。日本政府が初めて、拉致問題を公式に
認めたわけです。この点で、共産党の功績は大きいでしょう。

ところが共産党。この後、拉致問題については、ほとんどアクションなし。
拉致被害者の集会が超党派で開かれても、日本共産党が
代表者を送ることは、ついぞありません。

護憲を唱える共産党。拉致問題を突き詰めれば、平和憲法の
欺瞞に行きつき、護憲の姿勢を取れなくなる、とふんでのこと。

在日朝鮮人の集会には、毎回、市田議員が顔を見せても、
拉致被害者の集会で、共産党議員が熱弁をふるうことなど、
全くありません。

七十年前の慰安婦については、その人権を声高に論じ、
朝日新聞と一緒になって、日本人を貶め続けてきた日本共産党。
なのに、目の前で拉致され、困ってる日本人・拉致被害者については、
知らん顔。その人権感覚は、今一度、問い直されるべきでしょう。

稲穂
harvest
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ