FC2ブログ

村田清風

幕末、長州藩の財政を立て直した政治家・村田清風(むらた せいふう)。
藩校・明倫館で学んだ時から頭角を現し、その後、藩主の小姓に
取り立てられました。江戸留学を経て、藩政の実権を握ります。

時の藩主は毛利敬親(もうり たかちか)。敬親は政治には無頓着で、
全て部下に丸投げ。結果、清風は思い切り手腕をふるうことができました。

当時、長州藩には莫大な借金があり、利払いだけでも四苦八苦。
清風は1843年(天保14年)この借金を無利子・長期契約にし、
事実上の棒引きに成功。しかし商人は、たまったものではありません。

そこで清風。長州藩の特産物・蝋(ろう)の専売制を廃止。
商人に自由な取引を許可。これで利益を確保させます。
しかも運上銀(うんじょう ぎん)が藩収入に。
今で言う「ウィン・ウィン」の関係。

さらに豪商・白石正一郎(しらいし しょういちろう)を登用。
下関に「越荷方」(こしにかた)を設置します。

下関には全国から多くの「越荷」が集まります。
この越荷を担保に貸し付けを行い、金利を稼ぎます。
一種の金融業で、一昔前の武士なら考えられない手法。

倉庫業も始めました。下関に蓄積されてた商品販売ノウハウを活用。
越荷の委託販売を引き受けます。商品の持ち主に代わり、
長州藩が売り捌くことで、確実・安全に商品販売が
できたわけです。ここでも莫大な利益が。

清風の財政改革により、長州藩の財政はみごと再建。
清風のもとには周布政之助(すふ まさのすけ)や
吉田松陰が度々、来訪。教えを受けました。

周布や松陰がその後、明治の元勲に与えた影響を考えれば、
幕末、長州藩の活躍は元をただせば、清風にあったと言えそうです。

第二次・長州征伐、戊辰戦争で長州藩が多くの武器を
揃えることができたのも、やはり清風による財政改革の賜物。
資金を持つ者は強いのです。いつの時代でもあてはまりますね。

清風の名は現在、大阪にある清風学園に受け継がれてます。

公園
park

七年戦争

オーストリアの指導者マリア・テレジア。
シュレジェン地方・奪還のため、フランスとロシアを味方に付け、
プロイセンのフリードリヒ大王に再度、戦いを挑みます。

1756年から始まった戦争。七年間、続いたため、
「七年戦争」と呼ばれます。

イギリスは当時、欧州の大国を戦わせ、自分は弱い側について、
戦いを長引かせ、漁夫の利を得る政策を取ってました。
もちろん七年戦争ではプロイセンに付きます。

とはいえこの戦争。欧州での戦いよりも
植民地での戦いに意義がありました。

フレンチ・インディアン戦争。イギリスはフランスから北米を奪います。
あるいはプラッシーの戦い。イギリスはインドを手に入れます。

フランスは七年戦争で疲弊。国力を落とし、フランス革命の遠因に。
一方、イギリスは広大な植民地を獲得し、覇権を獲得。
イギリスの時代が始まります。

紫
purple

田沼意次

十八世紀・後半、八代将軍・徳川吉宗の治世により、幕府財政は破綻状態から
持ち直しました。とはいえ享保の改革。その倹約令は人々を萎縮させ、
文化も停滞。そんな時期、幕政に登場したのが、田沼意次(たぬま おきつぐ)。
日本に資本主義の原型を築いたのは意次です。

意次は紀州藩・足軽の家に生まれました。父親が江戸に出仕することになり、
それに同行。その利発さは周囲の注目を集めます。

意次はやがて吉宗の長男・徳川家重(とくがわ いえしげ)の小姓となり、
身の回りの世話をすることになりました。同世代だった二人は、まさに意気投合。
将軍職を後継する立場にあった家重にとって、意次の存在は頼もしい限り。

やがて家重の治世となり、意次は側用人として幕政の実権を握ります。
老中・意次は既に五万石・大名。意次は享保の改革で行われた新田開発を
進めました。けれど開発できる土地には限界があります。

しかもこの時代、米がマーケットに組み込まれたことから、米価が大きく変動。
政策担当者は一様に、その変動に悩まされ続けます。
そこには確実に「資本主義の芽生え」がありました。

そこで意次。「重農主義」から「重商主義」へと舵を切ります。「株仲間」を
大々的に奨励し、彼らに独占権を与えることによって、商品流通を拡大。
流通する商品に「冥加金」(みょうが きん)「運上金」(うんじょう きん)と
呼ばれる税を課し、幕府財政を潤します。

独占的商売で利益を得てた商人にとっても、この課税は納得できるもの。
世の中も幕府も、豊かになっていきました。やがて世の中が豊かに
なるにつれ、学問、芸術が花開きます。

俳諧を芸術に高めた与謝蕪村。
近代物理学の草分けとなった平賀源内。
錦絵を流行させた喜多川歌麿。
「解体新書」を著した杉田玄白・・・

とはいえ意次の重商主義には、別の場所から敵が現れました。
利益追求を罪悪視する朱子学です。朱子学者から見れば、意次の治世は
トンデモナイ利権政治。意次の出自がそれほど高くなかったことも、
彼への嫉妬を助長。

意次は後継者と見込んでいた長男を殿中で刺殺され、失脚。
失意のうちに亡くなります。黒幕は松平定信と言われてますが、
ハッキリした証拠があるわけではありません。

賄賂(わいろ)で私腹を肥やす悪徳政治家。
歴史書では、そんなふうに描写される意次。

しかし曇りない目で見れば、田沼時代、世の中は豊かになり、
華やかになりました。マーケットと文化の両方の意味をシッカリ
理解してた、近代的な政策担当者だったと言っていいでしょう。

それまでドンブリ勘定だった幕政に「予算」という概念を導入したのも意次。
悪役イメージも、浅間山・噴火という、意次とは直接関係ない出来事によって、
恣意的に貼られたレッテル。今、江戸研究が進むにつれて、
意次を再評価する機運が高まってます。

道
future

日経平均、続落

前場で日経平均は455円下がり、1万4157円。1万5500円くらいの高値で
買った人は今頃、どうしているでしょう? たった三日ほどの営業日で一割減。
百万円かけてたら十万円のマイナス。大丈夫でしょうか?
ましてや調子に乗って信用買いなど、やってたら?

ある程度の相場観があれば、今回の上昇ペースが異常で、
1万4000円を超えたあたりから、もうついていけなくなったはず。

1万3000円代で一旦、売り切り、その後は相場を眺めるだけだったでしょう。
そう。ついていけなくなる感覚の方が正しいのです。ドンドン上昇してるから、
と買いを入れてたら、今回のようにドーンと下がって、
それまでの全ての利益を失います。

賢い人なら、二カ月に一度くらいのペースで同額、マーケットに入れたでしょう。
一度で百万円とした場合、昨秋あたりからの投資で、一度の投資で
数十万円の利益が積み重なったはずですから、今回、たまたま
高値で掴み、十万円ほどの損が出ても、全く問題ありません。

ただし、これはあくまで理論上の話。こんな上手にできた人は、いないはず。
計画を立ててはいても、ドンドン上がる株価を見て、計画など、どこへやら。
「今、買わなきゃ損だ」とばかり、高値で掴んでしまいます。

個人に開かれてる投資対象の中で、株式投資が一番、難しい。
多くの要素が入り込むからです。商品投資であれば、今後、
量が多くなるか、少なくなるかだけで、およその判断ができます。

たいていの個人投資家は投資を株式投資から始めるため、結局、
シロウトのパチンコと似て、巻き上げられて終わり。投資は慎重にしましょう。

カエル
frog

非対称戦争

非対称戦争のことを英語では"asymmetrical war"と言います。
戦争をする両国間で兵力に大きな非対称が生じてる時に使います。

最初はゲリラ戦を指してた言葉でしたが、
最近では核戦争を念頭に使われます。

A国が一万発の核兵器を持ち、B国が百発の核兵器を持ってるとします。
百倍という圧倒的な非対称。けれどA国が何千発の核兵器をB国に降らせても、
B国からの報復攻撃が何発かA国の主要都市に到達しただけで、
断然、有利なはずのA国は戦争継続できなくなります。

しかも、こうしたシミュレーションが即座にできてしまう故に、
大国であるA国は小さなB国との戦争を実行できません。

力のないB国は核武装しただけで、A国にタメ口をきくことが
できるわけです。核武装以外、何の戦力も必要ありません。

飛行機も戦車も潜水艦もロクにない北朝鮮・人民軍。
けれど核兵器があります。北朝鮮は核兵器だけに
「選択・集中」を行ってきました。

みごとな先見性と実行力ではないでしょうか?
核兵器を持たない独裁者はイラクのフセインといい、
リビアのカダフィといい、最終的には消されました。

ところが北朝鮮。人民が苦しもうが、国際的な評判が悪かろうが、
そんなことにはおかまいなく、自国防衛では何重もの仕掛けを
作ってます。簡単には潰れないでしょう。

テントウムシ
ladybird

二重封じ込め・政策

地政学(ジオ・ポリティクス)では地球上に存在してる国々を
大きく「海洋国家」と「大陸国家」の二種類に分類。
この二種類の国々で、必ず戦争が起きると説きます。
十九世紀末、アメリカで始まった学問。

二十世紀、アメリカは、まさに地政学に基づいた政治を実行。
ユーラシアの大陸国家を封じ込めるため、欧州、中東、そして日本を
封じ込める政策を取りました。

欧州、中東、日本という三つの地域は大陸国家(ソ連・中国)を
封じ込めるために、封じ込めておく必要がありました。これを
"Double Containment Policy"「二重封じ込め・政策」と言います。
この観点で二十世紀を振り返れば、歴史のほとんどを
一貫して説明できるでしょう。

海洋国家のアメリカは現在、経済的に衰退しつつあります。
ドルも下落の一途。何とか防衛費を減らしたいところ。

現在、アメリカの防衛費は年間・約五十兆円。日本の十倍。
この額を増やさない方針。一方、中国の防衛費は右肩上がり。
現在、中国の防衛費は年間・約二十兆円ですが、今後も増大する予定。
ソ連が消滅した今、アメリカにとっての最大の脅威は中国。

中国が相手なら、欧州での軍配備は不要。アメリカ国内に
シェール・ガスが出始めたことにより、中東での軍配備も不要。

そう。これからの覇権(ヘゲモニー)争いは東アジアで
発生する可能性が高くなりました。「尖閣問題」も
地政学の観点で見れば、分かりやすくなります。

アメリカと中国の主戦場は東シナ海・南シナ海。

そして何の戦略もない日本。気づいたら尖閣諸島だけでなく
沖縄も中国に取られてたという可能性も。国際社会では、
ボンヤリしてると、そうなります。

魚
fish

日経平均、暴落

昨日、日経平均は1100円以上、暴落。これほどの下げはリーマン・
ショックでもなく、十三年ぶり。中国経済の不透明さが原因と
報道されてますが、単に調整が入ったということでしょう。

1万5000円を超えると「提灯相場」になりますよ。

このブログでは、そう書きましたね。その通りになりました。
今日の前場(ぜんば)は400円ほど上がってます。

市場が乱高下する時、あるいは乱高下が予想される時、手を出さないのが、
個人投資家の鉄則。信用買いをやってる人がいたら、昨日だけで
追加証拠金が発生し、取引ストップとなったことでしょう。
売りが売りを呼ぶというのは、そういうこと。

それまでいくらか儲けてても、全てなくなり、それどころかマイナスに。
こんな投資ならやらない方がマシ。先を見る目、戦略を持たずに、
投資はできません。そして、そういう戦略は、高校でも大学でも
教えてはくれません。

色
colors

山村再生プロジェクト

東京農大の国際食料情報学部。その食料環境経済学科が
打ち出したプロジェクト。

山村の農業。個人でやろうとしても採算が取れません。

作物を作れば、シカやイノシシに食べられ、
果物を作れば、サルに食べられます。

「限界集落」という言葉もでき、耕作放棄地も増大。
高齢化が加わって、山村がますます荒廃。

この状況に対して食料環境経済学科。若者の力を使って、
地域再生に取り組もうとしてます。プロジェクトが
課題として挙げてる項目を見ると。

1・伝統再生によって地域の魅力を高める。
2・都会の若者と山村との接点を多くする。
3・地産地消を促し、地域力を高める。
4・農村での女性起業をバック・アップする。

どれもこれも必要なことばかり。農業に特化した東京農大としては、
取り組まざるを得ない課題。実践の場が必要ですね。

長野県・長和町(ながわ ちょう)。ここで行われてる山村再生プロジェクト。
農大生が活躍してます。魅力的な商品の企画・立案。農業体験。環境保全体験。
そして販売体験も。実学を打ち出す農大ならでは。

山村を復興させ、日本を蘇(よみがえ)らせようというプロジェクト。
始まってからまだ数年。実を結ぶのはこれからです。

子犬
little dog

キム・ジョンウン

キム・ジョンウン! キム・ジョンウン! キム・ジョンウン!

スタジアムを揺るがすコール。そこに若き指導者が登場。
人民の興奮は最高度に。笑顔で手を振るキム・ジョンウン(金正恩)。

父親の金正日が人民の前で笑顔をほとんど見せず、
口をへの字に曲げて手を叩いてた姿とは対照的。

ジョンウンは人民の前で十数分に亘って演説。
金正日がほとんど演説をしなかったことを考えても、
完全なイメージ・チェンジを見てとることができます。

そもそも「キム・ジョンウン!」と姓と名を続けて呼ぶのは、
コンサートでアイドルに向けて呼ぶ方法。人民が自発的に
したとも思えませんから、始めからそういう指示があったはず。

「キム・イルソン!」とか「キム・ジョンイル!」など
人民には恐れ多くて口にできなかったでしょう。

要するにジョンイルは自らの「若さ」を最大の武器に
するつもりなよう。もちろん背後にはブレーンがいます。

裾を刈り上げる髪型は祖父・金日成の若い頃にソックリ。
人民は教育課程で繰り返し、金日成や金正日の映像を見せられますから、
その類似に気付かない人はいません。

スタイルだけでなく、歩き方、話し方、演説での間の取り方、
指を上げる仕草まで金日成そのもの。北朝鮮・文化に親しんでれば、
この姿は金日成の再来を思わせ、涙を誘います。

そう。ジョンウンは北朝鮮建国の父、祖父・金日成を自分に
ダブらせて権力の正統性をアピールしてるわけです。

若くて実績もないジョンウンが世襲し、後継者になることには、
当初、混乱が予想されました。北朝鮮ウォッチャーの間では
「これで北朝鮮も崩壊する。」

けれど権力移譲から一年余り、北朝鮮は相変わらず「瀬戸際外交」で
周辺国を振り回します。しかも核武装してますから、その威力は
無言の圧力に。北朝鮮が核兵器を飛ばしてきた場合、日本にも
韓国にもそれを防ぐ方法はありません。

最初は頼りなく見えたジョンウン。けれど権力基盤を固めたようです。
人民が幸福かどうかは分かりませんが、国家運営の土台はできました。
日本海へのミサイル発射。三度目の核実験成功。
この結果が全てを物語ってます。

結婚してるかどうかも不明なキム・ジョンウン。
この秘匿性も北朝鮮ならでは。

後進国のようでいてインテリジェンス(諜報)の分野では
世界最先端を行く北朝鮮。今も次の作戦を練ってることでしょう。
平和ボケした日本人はこれからも振り回されるばかりです。

金正恩
leader

今日の金価格(2)

金価格は27円下がって4807円。5000円の手間で足踏み。
こういう状態を「値固め」(ねがため)と言います。
今後の上昇のための準備というわけです。

現在、日本でもアメリカでも株価が好調で、資金がそちらに流入。
当然、金への資金流入は減り、大幅な上昇は起きません。

金には利息・配当が付きませんから、株高では
なおさら人気がなくなります。

とはいえ現在の株高が一段落した後、市場の目は金に向かうでしょう。
企業業績という裏付けがあるとはいえ、株はしょせん紙切れ。
実物価値を持つ金にはかないません。

5000円を超えたあたりからの大相場を私は予想します。
ただし、それがいつかは分かりません。相場での時期特定は
プロのファンド・マネージャーでもなかなかできないこと。
公開情報だけに頼る個人投資家では、限界があります。

金
gold

八鹿高校事件

「同和」は「同胞融和」を略したもの。「被差別部落」を解消する目的で
使われるようになりました。被差別部落は「穢多」(えた)「非人」(ひにん)と
呼ばれた人たちが一カ所に集まり住んでた地域。穢多、非人の定義は
さまざまで、いつ頃から、そう呼ばれ始めたかにも諸説あります。

江戸期には、現在で言う被差別部落がハッキリ存在。当時は身分社会。
さまざまな階層が社会にあること自体は、問題にされません。

明治に入り「四民平等」が叫ばれ、人権思想も輸入されます。
部落差別は不公平という空気が広がりました。1922年(大正11年)
「全国水平社」が京都で設立されます。

人の世に熱あれ 人間に光あれ

とはいえ大東亜戦争が終わるまで戸籍上での部落差別は続き、
部落出身であることを消すことはできませんでした。

戦後も昭和30年代まで部落差別は続きます。被差別部落には
道路、電気、下水がなく、家はバラック同然。狭い路地。立ちこめる悪臭。
他地域との差別は歴然。

1955年(昭和30年)全国水平社を後継する形で「部落解放同盟」が設立。
解放同盟はさまざまな運動で、被差別部落の窮状を訴えました。

国も腰を上げます。1969年(昭和44年)「同和対策事業・特別措置法」
(同和立法)を制定。「部落差別の解消は国の義務」。

道路、家、下水道、学校と言ったインフラに多くの資金が投入されます。
公衆浴場や集会所も。集会所は「隣保館」。被差別部落の景色は
みるみる変わっていきました。

勢いづいた解放同盟は「糾弾」と称して役所、企業、学校に、集団で
押しかけるようになりました。「差別反対」を口にされると、誰も何も言えず、
糾弾はますますエスカレート。土建業の常ですが、インフラ整備に
関係した利権も発生。多額の資金が闇に消えました。

誰も何も言えなかった解放同盟に対して、当時、最も厳しい批判を
展開したのは日本共産党。下層階級の解放という点で、一見、
手を結びそうな解放同盟と日本共産党。

しかし利権を容赦しない共産党にとって、解放同盟は看過できない団体。
両者はあちこちで激しい論争を展開。対立します。その対立がピークに
達したのが1974年(昭和49年)兵庫で起きた「八鹿高校事件」
(ようか こうこう じけん)。

解放同盟の生徒が立ち上げた「部落解放・研究会」を共産党員の教員が
認可せず、それを機に、解放同盟と共産党との間で衝突が起きました。

今、振り返れば、この時の論争については、やはり共産党が正しかった
ようです。部落差別の解消は必要でしたが、解放同盟のやり方は、
あまりに過激。

自動車免許の取得費用。結婚時の給付金。

こんなものまで解放同盟は「差別解消」と称して請求。
それが認められたわけですから、市民は唖然。

京都、大阪など、今も関西で強い地盤を持つ日本共産党。
その理由の一つは、解放同盟への批判が支持されたことにありました。

1990年代に入り、被差別部落は他地域とほとんど、変わらなくなりました。
むしろ逆差別により、御殿のような家が並び始めます。同和立法の意義も薄れ、
2002年(平成14年)に廃止。解放同盟については、現在、以前のような
過激な糾弾は行わず、ソフト路線に転換。とはいえ2000年代に入っても、
役所での不正な資金授受の事件が、何件か発生してます。

緑
green

琉球民族独立・総合研究学会

一週間ほど前に沖縄で設立。日本からの独立を目指す学会。
大学教授たちが中心となって呼びかけました。

学会員になるためには、琉球諸島・出身者で、
その血を引いてることが条件。

日本にもアメリカにも出て行ってもらい、
その後、軍事基地の全くない島にするとのこと。

世界には非武装の島が緩衝地帯となり、周辺国の平和に
貢献した例もあると指摘。琉球諸島もそれを目指します。

「核なし・本土並み」という条件で1972年(昭和47年)に
実行された本土復帰については「騙された」。沖縄は基地を
押し付けられ、最近の情報公開で核・持ち込みも発覚。

もう日本やアメリカから強制されるのはイヤだ。

琉球の行く末は自分たちで決めたいという主張。
果たして県民の理解を得られるでしょうか?

空
sky

大阪医科大学

京都と大阪の間にある高槻(たかつき)。ここに大阪医大はあります。
阪急・京都線の高槻市駅からすぐ。キャンパス隣には高槻高校の校舎も。
1927年(昭和2年)に大阪高等医学専門学校として設立されました。
関西の私大・医学部としては最古。

正門を入ってすぐ右に歴史資料館。なんとイスラム様式。
装飾もアラベスク。医学専門学校時代の校舎を、ここに移設。
2003年(平成15年)高槻市で初めて国の有形文化財に指定。

大阪医大の特色はPBLチュートリアルに力を入れてること。
三年次から始まります。小人数での演習と研究発表。
2005年(平成17年)に竣工した新講義実習棟。
ここではPBLチュートリアルのための教室が42室。

五年次から始まる実習はキャンパス隣にある附属病院で。
29の診療科、915の病床数を誇ります。
学習環境としては申し分ないですね。

自由な校風で、それが学生、卒業生、教員の誇りになってます。
とはいえ自由だから勉強しなくていい、ではありません。
大阪医大の建学の精神は「学を離れて医はない」。

実は大阪医大。近くにある大阪薬大と関西大・工学部との間で、
医・薬・工の連携を目的とした共同学部を構想。
2010年(平成22年)に設立予定でした。これができれば、
現在、求められてる医薬連携、医工連携に道筋ができます。

けれど文科省によってクレームがつけられ、頓挫。
その後、どうなったかニュースも聞こえてきません。

関西では官学の勢力が強く、医学の世界でも私大は一段下に見られがち。
けれど家に、そこそこの資産があるなら、こういう大学を
目指してもいいでしょう。学費は六年間で約3100万円。
学費に見合う教育は受けられそうです。

五月
May

徳川宗春

尾張藩・七代藩主・徳川宗春(とくがわ むねはる)。
今、彼について、どれだけ知られてるでしょうか?

時の八代将軍・吉宗に逆らった反逆者?
二十五年間の蟄居を命じられた不遇な政治家?

けれど今、名古屋に住んでる人なら理屈抜きに知ってるはず。
トヨタに代表される「ものづくり」の原点が宗春にあったことを。

藩主の二十男に生まれ、政治の表舞台に立つことなど、
全く叶わないはずの宗春。兄の急逝で藩主の座が巡ってきました。

折しも十八世紀・前半。華やかだった元禄時代が終わり、不景気な享保時代。
思いもかけず藩主の座に座った宗春。「温知政要」(おんち せいよう)を著し、
政治の要諦を説きます。

行きすぎた倹約は過酷な政治となり、民を苦しめる。
品々に規制をかけると粗悪となり、かえって出費がかさむ。

宗春は江戸に一カ所しかなかった遊郭を、尾張には三カ所作らせ、
年一度だった芝居も百回以上、開催させました。

特に力を入れたのは「祭」。山車(だし)を充実させ、
いつしか尾張の山車には「からくり人形」が登場。

この「からくり人形」。現代の目で見ても、卓越した技術が使われ、
「ものづくり」で知られる名古屋の基礎を作りました。世界で名を知られる
トヨタも、宗春にその精神を負ってます。

宗春の積極政策により、全国から芸人、職人がその技を磨かんと
尾張に集まり、自らの業を披露。宗春自身は紅色の羽織を来て、
紅色の帽子。3mもの長いキセル。藩主自ら耳目を引く服装。
尾張の活況は当然の結果でした。

とはいえ時の将軍・徳川吉宗。全国に「倹約令」を布告し、質素を徹底。
一方、尾張藩の宗春は「質素」とはまるで無縁。彼の治世は、吉宗に
認められるものではありません。尾張では毎日のように、
花火が打ち上げられてました。

結局、家の取り潰しを恐れた家臣によって「お家騒動」が発生。
これを咎められた宗春は「蟄居」を命じられます。そして宗春は。

謹んで、お受けいたす。

「温知政要」で幕府政策を痛烈に批判した宗春。

幕府の金庫に、金がいくら蓄えられても、民が苦しんでは、
真の倹約にあらず。

幕府の詮議に対しても。

自分は民と共に世を楽しんでいるが、それで問題は起きておらぬ。

みんながサビしく貧乏になってくデフレの享保時代。そこにパッと花を
咲かせようとした徳川宗春。今、名古屋市民が彼をしのび、
その業績を称(たた)えてるのも、当然のことでしょう。

自然
nature

金融緩和と為替

アベノミクスにより、大幅な金融緩和が実行されつつあります。民間銀行に
供給された資金がホンとに市中に出回るかどうか、今後を見て
みなければ分かりません。

現在は期待感で株が上がり、半年で八割ほどの上昇。日経平均は
1万5000円を突破。しかも一本調子。このあたりで
調整が入ってもおかしくないですね。

株価が今後、上がり続けるかどうかは分かりません。株価にはあまりにも
多くの要素が入り込むので、予想は至難の業。ましてや、
ここまで上昇した後では。

一方、為替はそれほど難しくありません。円供給が増えれば、円安に
振れるだろうと、すぐに分かります。そう。まだ100円を少し突破した
水準の円相場。今後、アベノミクスが続けば、110円は軽く突破する
だろうと予想できますね。今はFXにとって絶好のチャンス。

もちろんミセス・ワタナベたちも、この機会を逃しては
いないでしょう。90円前後から参戦してるはずです。

ケーキ
cake

外苑祭の危機!

青高・女子に今年の外苑祭について聞いてみました。
もうキャストも決まってるはず。すると。

今年は展示しか、やんないよ。

三年生のクラスなのに展示だけとのこと。

みんな、勉強したいんだって。

外苑祭と言えば、三年生が作る劇が秀逸。ひと夏かけて作り上げます。
もちろん、その間、受験勉強はろくすっぽできません。

けれど劇に感動した中学生が青高を志望し、
彼らがまた良質な劇を作るという循環も。

けれど青高。どうやら進学実績を伸ばしたいようです。
学校側がそう思ってるだけでなく、生徒たちも劇より勉強。

展示なら少しの手間で完成。その分、
何の感動もありません。

劇に出た先輩たちの汗と涙を見れば、高校生活には進学実績だけで
計れないものもあると気づくはず。ましてや外苑祭こそ
青高生の特権であるはずなのに。

外苑祭は今後、どうなるのでしょうか?
今年も行って、確かめてみましょう。

幻
dream

日比谷高校(11)

今年、三年生のクラスには日比谷生が四名。
国立クラスに一名。読解クラスに三名。
みんな女子です。

始まったばかりの勉強。部活を続けてるから、休む日も。
少しずつ塾での勉強に慣れていきましょう。
慣れた頃には実力が付いてるはずです。

小鳥
little bird

渋谷の一橋クラス

男子一人、女子一人のクラス。この二人がよくデキル。
これから夏にかけて、人数が徐々に増えていく時、
二人を中心にクラスができあがっていくでしょう。

中心ができたなら、後はそれに続く人が来るのを待つのみ。
楽しみなクラスとなりました。早速、過去問演習が始まってます。

竹
bamboo

昭和研究会

1932~33年(昭和7~8年)の大弾圧によって、
戦前の日本共産党は壊滅します。

同じ頃、スパイMによる大森ギャング事件や熱海事件も発生。
日本共産党の歴史はこの後、終戦まで空白に。

とはいえこの空白期間、全く別の場所でコミンテルンの指令を受けた
共産主義者が政権中枢で暗躍。「昭和研究会」です。

昭和研究会は近衛文麿(このえ ふみまろ)を囲む私的な研究会。
一緒に朝食を食べる行事も始まり、メンバーの結束は高まります。
若手エリートが顔を揃え、情報を交換し、国家運営を論じました。

ところがこの昭和研究会に共産主義者が多数、紛れ込み、ソ連に内通。
例えば、近衛内閣で内閣書記官長(現・内閣官房長官)まで務めた
風見章(かざみ あきら)。戦後は日本社会党に入党し、
左翼の大物政治家に。

あるいは尾崎秀美(おざき ほずみ)。朝日新聞・記者だった彼は、
昭和研究会で得た情報をドイツ人リヒャルト・ゾルゲに伝達。
その情報はゾルゲからモスクワに送られ、日本の動向は筒抜けに。

西園寺公一(さいおんじ きんかず)も。元老・西園寺公望の孫で、
極秘の政治情報を知り得る立場にあった西園寺。その情報を逐一、
尾崎に伝達。尾崎にとって貴重な情報源となりました。

内通者の頭にあったのは「敗戦革命」という思想。
たとえ対米戦争となり、日本がボロ負けしても、戦後、
共産主義革命が起きるなら、それでいいじゃないか、
というトンデモナイ亡国思想。まさに売国奴の思想です。

しかも信じられないことに、この敗戦革命という思想は、
「統制派」と呼ばれてた陸軍の若手軍人の間にも広がってました。

昭和研究会メンバーは情報内通だけでなく、情報操作も実施。
日本陸軍がソ連を攻撃しないよう南進論を展開。
さまざまなメディアで煽りました。

1937年(昭和12年)に始まった支那事変でも、中国への強行姿勢を主張。
陸軍はソ連に攻め込むことができなくなりました。

結局、支那事変は泥沼化。仏印進駐で日米関係は決定的に悪化。
昭和研究会の内通者たちはみごとな実行力と情報戦で、
日ソ開戦を防ぎ、対米戦争を勃発させたのでした。

後に近衛・元首相は「何か目に見えない力に操られてた気がする。」
お人よしで軟弱な近衛には、内通者たちの死を賭した極秘行動を
見抜くことなどできませんでした。

尾崎とゾルゲは戦時中、特高警察によって内通を見破られ、
死刑となります。けれど政権中枢に及んだ内通事件だっただけに、
公安当局はこの事実をひた隠し。昭和研究会の他のメンバーは
戦後を生きのびました。

葉
leaves

金沢大学

加賀・百万石の街・金沢。ここに北陸を代表する総合大学があります。
金沢大学です。旧制・第四高校、金沢医専、金沢高等師範、
金沢工専が戦後にくっついて、新制・金沢大学となりました。
地元では「金大」(きんだい)。

街を北西から南東へ流れる浅野川。川を挟んで二つのキャンパス。
メインの角間キャンパスと医薬保健学域がある宝町・鶴間キャンパス。

角間キャンパスは広く、緑の中に校舎が点在。1990年代初頭に
できた校舎は新しく、どれも落ち着いたレンガ色で統一。

中地区と北地区・南地区の間には長いプロムナード。
金大のシンボルともなっていて、小説やドラマの舞台にも。
JR金沢駅からバスに乗ると、このプロムナードの下まで
連れてってくれます。

金大では学部で編成されておらず「学域」で分かれます。

人間・社会学域 理工学域 医薬・保健学域

入学時に細分化せず、入学後、知識を広げてから専門領域を
決めてほしいという大学側の配慮。確かに入学時、ドイツ文学でも
勉強しようか、と思って入ったけど、その後、ビジネスや会計学に
興味が出てきてシマッタ、ということはよくある話。

金大の場合、文系は人間・社会学域だけですから、ここに入っとけば、
入学後、自由に専門領域を決めることができます。

里山まである広いキャンパス。キレイで新しい校舎。自由なカリキュラム。
キャンパスのあちこちにある十以上の学食。三つの図書館。
これで人気が出ない方がフシギ。

とはいえ金大。他の地方大と同様、文系の弱さは否定できません。
全国的、世界的に通用する卒業生が出てこないのです。

かつての四高からは泉鏡花(いずみ きょうか)徳田秋声(とくだ しゅうせい)
室生犀星(むろう さいせい)といった文豪が出ました。三人の像は
市内にある四高記念館の前に、今も昔の姿で立ってます。
彼らに続く新しい文豪が金大から出てほしいもの。

石畳の街並みを残す金沢。街の魅力では決してひけを取りません。
金大から全国に情報発信する態勢を整えるべきです。
その時「価値創造」のコンセプトが不可欠となるでしょう。

緑
green

松方デフレ

大隈重信が「明治十四年の政変」で下野した後、大蔵卿の職務は
大蔵次官だった松方正義(まつかた まさよし)に回ってきました。

積極財政を推進した大隈に対し、松方は緊縮財政を提唱。
「松方デフレ」と呼ばれる不景気の時代が始まります。

西南戦争が1877年(明治10年)に終了。明治政府にとって、
戦費調達のために膨張した通貨供給量を引き締める政策が急務。
松方財政はこれに沿ったもの。

「富国強兵」を掲げた明治政府。健全財政を国策の基本に
掲げます。健全財政あればこそ、有事の際に
国内で増税する余裕が生まれます。

また当時の日本は国債発行を外債に頼ってたため、
日頃から健全財政を行ってないと信用されません。明治時代、
常に外国との戦争を念頭に、国家運営がなされてました。

松方財政が始まった1881年度、紙幣発行高は1.5億円で
銀準備高(本位貨幣)は0.1億円。準備率は8%。

四年後の1885年度には、紙幣発行高は1.2億円で
銀準備高は0.45億円。準備率は37%まで回復。

この後、政府は銀兌換紙幣を発行して銀本位制を導入。
十二年後の1897年、日清戦争の賠償金による金準備を元に、
悲願の金本位制に移行。日本は名実ともに一等国に。
デフレの不景気と引き換えに、国際的信用を勝ち取りました。

日露戦争の戦費調達のために日銀・副総裁だった高橋是清が
欧州に渡った時、目標額の十倍以上の戦費調達ができたのも、
ひとえに平時における健全財政の賜物でした。

日本が放漫財政を続けてれば、足元を見られ、
全く相手にされなかったでしょう。

健全財政は明治・大正を通じて国策の基本。健全財政あればこそ、
日本が外国に伍してやっていけると、明治の元老は共通して
認識してました。この認識が崩れるのは昭和になってからです。

チューリップ
tulips

日経平均、1万5000円目前!

日経平均が安定的に上昇し、現在、1万4800円台。昨秋の底値から見れば、
ほぼ倍に。投資のプロは1万3000円台あたりで、とっくに売り抜けてるでしょう。
そう。ここからは「提灯相場」。今までの上昇を見て、素人が参加する相場。
彼らが損してくれるわけです。

アベノミクスのここまでの成果は、ひとえに「期待」によるもの。
真の成果が出るのは半年、一年後。しかも、うまくいけば、の話。

実体が伴わない上昇を「バブル」と言います。半年、一年後に実体が期待に
追いつくなら問題ないのですが、それは分かりません。
インサイダー情報でもない限り、予測もできません。

水
waterfall

立命館アジア太平洋大学

九州・大分にある別府市。湯煙り上がる温泉街で有名。良質な温泉が
あちこちに。全部、回るためには半年くらいかかりそう。

そんな鄙(ひな)びた街に2000年(平成12年)4月、立命館アジア太平洋大学が
設立されました。英語では"Asia Pacific University"。略して"APU"
(エー・ピー・ユー)と呼ばれます。

英語では「立命館」という名前が入らないように、
京都の立命館大とは、ほとんど交流がありません。

APUの特徴は留学生が多いこと。設立当初から九月入学を実施。
海外からの留学生を誘致します。現在、日本人学生・二千五百名に対し、
留学生・二千四百名で、ほぼ同数。海外でよほどのPRをしないと、
ここまで留学生を集められないでしょう。ちなみに、
日本人学生の大半は四月入学です。

学部はアジア太平洋学部と国際経営学部の二つ。
アジア太平洋学部は次のようなコースに分かれます。

環境・開発 観光学 国際関係 文化・社会・メディア

国際経営学部は。

会計ファイナンス マーケティング 経営戦略・組織 イノベーション経済学

授業は日本語と英語。日本人学生と留学生が共同で受講する授業では、
留学生からの活発な授業参加に日本人学生が刺激され、
日本人どうしでは不可能なプレゼンテーション(発表)や
ディスカッション(討論)が行われます。

もちろん、これが成立するためには相当な英語力が必要。
APU生は入学後すぐ、徹底的な英語の訓練を課されます。

そのため「アジア太平洋」という呼び名で、フッと思い浮かべるような
アジア諸言語の習得には、あまり力を入れてません。

アジアと関わる場合、英語での意志疎通になる場合が多く、
将来、どの地域と関わるか分からないわけですから、
学生の段階では英語をものにしておこう、ということ。
それは正しい姿勢でしょう。

とはいえAPU。別府駅・西口から大分交通バスで四十分もかかる場所。
バスは住宅街から丘陵地帯に入り、周囲には緑以外、何も見えなくなります。

突然、丘の頂上みたいな場所に見えてくる広いキャンパス。
APU生は四年間、ほとんどここを出ずに過ごします。

キャンパス内にある学生寮APハウス。ハウス1とハウス2があり、
日本人学生と留学生、両方を収容。APU生が温泉巡りをするとも
思えませんから、結局、勉強に集中する環境。

都会の大学に通い、バイトしても、結局、いくばくかの
バイト代を手にして、疲れて終わるだけ。

ならば田舎に引きこもり、逆説的ながら、そこで留学生から
広い世界を吸収し、その知識と技能を四年後の就活で披露。
満を持して、都会に出て活躍する。

この戦略は素晴らしくはないでしょうか?

かくしてAPU。設立間もない地方大にも関わらず、
目覚ましい就職率を挙げてます。秋田の国際教養大学とともに、
全国の教育機関が注目する大学に。

伝統校が改革も自浄できずにいる今、しがらみのない
地方の私立大が意識的な大学運営を行い、素早く成果を挙げてます。
この機運は腰の重たい伝統校にも、いずれは波及していくでしょう。

紫陽花
hydrangea

弘前高校

毎年八月に行われる勇壮な「ねぶた祭り」。青森ねぶたが有名ですが、
弘前でも行われます。弘前では「ねぷた祭り」。

このねぷた祭りに先立つこと一カ月、名門・弘前高校が
「弘高ねぷた」を披露。生徒はそれぞれ浴衣を着て、
商店街を練り歩きます。

各クラスで一台「ねぷた」を作り、披露。弘前市民が出迎えます。
夕方になるとねぷたに灯がともり、幻想的な雰囲気に。
浴衣を着た弘高生たちの瞳に、ねぷたが映ります。

弘前高校の前身は弘前中学。戦後、男女共学の弘前高校に。
弘前大からすぐ近くの場所。地元では「ひろこう」とか「ひろたか」。

青森高校、八戸高校と並ぶ青森の進学校。
東北大には毎年、三十名前後の進学者を出します。

歴史ある高校らしく校内にある鏡ケ丘会館が有名。
三階建ての木造建築で弘前中学の頃、校舎として使われました。
現在は弘高ねぷたの道具を保管する場所に。

戦前の弘前中学、戦後の弘前高校を通じて、
有名なOBと言えば作家の石坂洋次郎(いしざか ようじろう)。
石坂は慶大・文を出た後、三田文学に参加。

東北地方を舞台とした「青い山脈」で一世風靡しました。
年配の人なら、原節子が主演した映画を懐かしく想い出すはず。
主題歌も流行りました。

五月、弘高生は「弘高ねぷた」の準備に大忙し。女子たちは、
今年どんな浴衣にするか、決めかねてるでしょう。
夏はもうすぐです。

弘前城
Hirosaki Castle

プエブロ号事件

1968年(昭和43年)1月に発生した事件。
北朝鮮が領海内でアメリカの情報船「プエブロ号」を拿捕(だほ)。
乗組員が拘束されます。

アメリカは公海にいたと主張。北朝鮮の主張とは平行線のまま。
ジョンソン大統領は軍事作戦を検討。空母・三隻と戦闘機・二百機を
北朝鮮に派遣。キューバ危機以来、一気に緊張が高まります。

ここでキム・イルソンはソ連に書簡を送付。

アメリカが攻撃してきた場合には、こちらも
即座に反撃するつもりです。その時にはソ連も
当然、味方してくれるものと期待します。

アメリカとの全面戦争を予感したソ連指導部は大混乱。
即座にキム・イルソンにモスクワに来るように要請。
けれどキムは理由を付けてモスクワには行きませんでした。

世界の目が北朝鮮に集中。北朝鮮がアメリカと戦争をして
勝てる可能性はありません。けれどそれはソ連や中国の参戦を
強制する可能性があり、そうなれば全面戦争に。
北朝鮮の「瀬戸際外交」の始まりです。

結局、北朝鮮は十一カ月後、乗組員全員を保釈。アメリカは板門店で
北朝鮮への謝罪文に署名。北朝鮮の軍人たちが胸を張って見つめる中、
アメリカ代表団が背中を丸めて署名する姿が全世界に流れました。

乗組員を保釈しても、プエブロ号の引き渡しは断固拒否。
プエブロ号は今も平壌を流れる川に戦利品として展示。
小国でも大国を振り回せることを全世界にアピールしてます。

虹
rainbow

キム・ジョンイル

キム・ジョンイル(金正日)は北朝鮮を建国したキム・イルソン
(金日成)の長男として1941年(昭和16年)に生まれました。

物心ついた時から、父親は建国の英雄、国家の指導者として
崇拝されてました。その背中を見て成長します。

大学生の頃から「将来は政治家になりたい」という言葉を
周囲に漏らします。当然、そこには父親の影響があったでしょう。
父親は軍・党の視察に長男を同行させるようになりました。

周囲もキム・イルソンの長男ということで、
年上の者でも敬語で話しかけてきました。

それに対し、ジョンイルは上から目線で対応。
生涯に亘り、敬語を使ったのは父親に対してだけ。

1970年代にはキム・イルソンの後継者問題が浮上。
当初、キム・イルソンの弟キム・ヨンジュが有力視されてました。

けれど70年代半ばから労働党・機関紙に「党中央」という名称が
頻繁に登場します。労働党・幹部に配布された資料を見ると。

党中央の意志は首領様の意志である。

やがてこの「党中央」が長男ジョンイルを指してることが
明らかになりました。やがてキム・イルソンは長男への
権力移譲のため、弟ヨンジュを失脚させます。
ジョンイルの地位はドンドン高まっていきました。

ところがここで同盟国・中国から権力世襲について
猛烈な反発が浴びせられました。

権力世襲はマルクス主義に反する、封建的な考え方である。

朝鮮戦争で義勇軍を送ってくれた中国。北朝鮮はしばらくの間、
権力移譲を見送らざるを得ませんでした。
当時はまだ東西冷戦の真っただ中。

東西冷戦が終結してしばらく経った1994年(平成6年)7月、
キム・イルソンが死去。キム・ジョンイルは満を持して指導者に就任。

90年代、キムは父親が果たせなかった核開発を推進。
各国から非難を浴びながらも、のらりくらりとかわし、パキスタンから
極秘に新技術を取り入れ、地下開発を進めました。

ほとんど公に姿を現さなかったキムでしたが、2000年(平成12年)に
韓国のキム・デジュン大統領、アメリカのオールブライト国務長官の
訪朝を成功。時には冗談を言ってゲストをなごませる姿に
国際社会は目を見張りました。

そして2006年(平成18年)10月、悲願の核実験に成功。
核開発は「やった者勝ち」の世界。核保有した北朝鮮に、
もはや国際社会は何も言えませんでした。そして2009年
(平成21年)5月、二度目の核実験に成功。

この頃から明らかにキムの姿がやつれます。真夜中に党幹部と
暴飲暴食してたキム。そのツケが回ってきました。

やがて国際社会に姿を見せることもなくなり、
2011年(平成23年)の暮れ、死亡が確認。三男の
キム・ジョンウン(金正恩)が後継し、現在に至ります。

金正日
dictator

桐朋高校(2)

横浜教室のエレベーター前。桐朋の男子。

松本先生には挨拶しとこうと思って。

国立大・理系を受けた彼。ダメだったようです。
今は駿台に通ってるとか。数学・物理のデキが今一つだったので、
浪人の一年間はそれに当てるつもりなよう。

時間が経って浪人生活にも慣れ、サッパリした表情。
同級生のみんなは合格を決めたわけだから、チョッピリ悔しい気持ちも。

けれどその悔しさを隠してガンバるのが男の道。
来年の今頃、今よりももっと男らしくなって、
私の前に現れてくれるでしょう。

海
mer

井伊直弼

幕末、浦賀に四隻の黒船が突然やって来て、どうしていいか誰にも分からず、
時間だけが過ぎ、大国アメリカとの間にイヤイヤ不平等条約を結んだ・・・

今ではこんな歴史描写が全く嘘っぱちだと分かりますね。江戸幕府は当時、
長崎から入ってくる情報から世界情勢を掴んでました。ペリー来航についても、
日付、時間帯まで把握。

幕府の分析では、当時、日本にとっての最大脅威はイギリスかロシア。
清もインドもオスマン・トルコも、この両国によってむしり取られました。

一方、アメリカは五大国にも入らない新興国。大老の地位にあった
井伊直弼(いい なおすけ)が開国に向けてアメリカとの交渉を進めたことは
合理的な判断でした。アメリカとの交渉を決裂させてたら、イギリスか
ロシアとの間で、もっと過酷な条約を結ばされてたでしょう。

1858年(安政5年)に調印された日米修好通商条約。しばらくして
始まった安政の大獄。井伊は「強圧的な独裁者」というイメージを
植えつけられました。一方、井伊によって処断された志士たちは英雄に。

しかし、当時、志士たちが叫んでた「攘夷」など、全く実行不可能。
無責任な浪士ならともかく、政策責任者として井伊が開国を決断し、
時間を稼ぐ形で不平等条約の改正、国力の充実を図ろうとしたことは、
実に先見的な態度でした。

これこそ、まさに明治・新政府が「富国強兵」というスローガンで
達成しようとしたこと。反動政治家のように言われながら、
井伊は五十年先をシッカリ見つめてました。

明治になってからアメリカは日本にとって最大の友好国に。岩倉使節団の
最初の訪問地はアメリカ。行く先々で大歓迎。使節団の目的の一つ
だった不平等条約の改正にも、アメリカは最初に応じてくれました。

日露戦争ではセオドア・ルーズベルト大統領が仲介役を買ってでます。
余力のなかった日本にとって、その仲介は何よりありがたい援助。

明治初めから1921年(大正10年)のワシントン条約まで、五十年間、
日米関係は蜜月状態。広い太平洋を挟んだ両国は、基本的に戦う
理由のない相手。ところが、昭和になり、軍人の傲慢と外交官の無能、
そして政治家のトンデモナイ誤算によって対米戦争が始まりました。

それも失敗に次ぐ失敗でそうなったもの。日米関係の悪化は、
普通にやってれば起き得ないものでした。

直弼は彦根藩・藩主の十四男として生まれます。兄が多く、藩主になる見こみは
ありません。自らの屋敷を「埋木舎」(うもれぎのや)と名づけ、茶道、芸術の
世界に閉じこもりました。

この閉ざされた空間が直弼の心を磨きます。兄たちが次々に急逝し、
藩主の座が回ってきた時、直弼は冷徹な視線と不動の心を備えた
指導者に成長してました。若い頃に芸術で心を磨くことが、
いかに大切かの好例でもあります。

誰に理解されなくてもいいから、国のためになることをする。

大老になり、国家の運営を任されてからも直弼の信条は変わりません。
安政の大獄では、むしろ反動的だった志士たちを断固処罰。
「行きすぎ」との声にも耳を貸しません。

世界情勢を読めない尊王攘夷派にとって、直弼はいつしか不倶戴天
(ふぐ たいてん)の敵に。けれど直弼。暗殺の危機が迫っても、
泰然自若(たいぜん じじゃく)。いつでも死ぬ覚悟はできてました。

1860年(安政7年)3月3日、彦根藩の屋敷から登城途中、
直弼は十数名の浪士に襲われます。「桜田門外の変」。

浪士の大半は尊王攘夷を唱える水戸藩士。雪の降る朝、警備の武士たちは
すぐに抜刀できず、直弼はとうとう薩摩藩士に首を打たれます。

線路
railway

税収弾性値

「税収弾性値」とは名目GDPの伸びで税収がどれだけ増えるかを示す数字。
現在、財務省は日本の税収弾性値は1.1と発表。これが正しければ、
3%の名目GDP上昇が達成された場合、3.3%の税収増。
現在の税収を四十兆円とした場合、1.3兆円ほどの税収増。

税収弾性値は該当期間をどう取るかで変化します。
経済学者の中には税収弾性値を4と弾き出す人も。
この数字を取るなら16%増の5.6兆円の税収増。
消費税・導入が不必要となります。

ベンチ
bench

マンデル・フレミング法則

変動相場制では財政出動を行った場合、政府が国債を発行するため、
市中金利が上がり、通貨が高くなります。
輸出しにくくなり、経済活動は停滞。

一方、金融緩和を行えば、通貨が市中に出回りますから、
通貨が安くなり、輸出しやすくなります。経済活動も活発に。

簡単に言えば、これが「マンデル・フレミング法則」です。
変動相場制では財政出動より金融緩和の方が効果的という法則。
しかも金融緩和と同時に、財政出動を行えばベストという結論。
現在、安倍内閣が実行してる経済政策が、まさにこれですね。

経済理論は現実に応用できない場合が多く、その有効性が
よく話題になります。アベノミクスでマンデル・フレミング法則が
キチンと応用できるかどうか、世界の経済学者が注目してます。

光
light
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ