FC2ブログ

東京学芸大学附属高校(32)

水曜日の渋谷教室。二限は文法クラス。テキスト終了後、実施した
過去問演習。平成十五年の慶大・理工。理系志望者いるクラス
なれば、こんな問題も実施しなくてはなりません。

一番前に坐った附高・男子。十二点・満点で十一点!
彼も理系志望。意地を見せました。

後ろの附高生、二人。彼らは九点だったわけですから、
附高・男子、今回はトップ。自信となったことでしょう。
後ろの二人、オレを崇めろ・・・

国立大・第一志望でも、早慶は受験するはず。私大は大丈夫、
という手応えは、国立大入試にも、ジワジワした形で
きいてきます。

附高・男子。今回の結果を弾みにしましょう。
次は満点を!

並木道
October

東京学芸大学附属高校(31)

水曜日の渋谷教室。休憩時間、附高・女子が話しかけてきました。
聞いてると、志望校・変更で生物、本格的に勉強することに
なったとか。

生物、今まで受験に必要ないとばかり、力が入りませんでした。
けれど、それが急に必要に。どうしよう・・・

私は十一月末まで生物に集中するようアドバイス。英語は塾だけに
しといて、ひたすら生物に没頭。英語、数学と違い、生物なら、
それくらいの期間で、めどつくでしょう。

幸い、英語についてはクラス引っぱるまでに成長した女子。
貯金できてます。貯金を取り崩す形で、今回、生物に投資。

英語は一度、できるようになってしまえば、そう簡単にレベル、
落ちません。二カ月くらいほったらかしても、大丈夫。

これは語学一般に言え、私はもう何年もドイツ語、使ってませんが、
今、ベルリンに行けば、とたんにドイツ語、話し始めるでしょう。
ある程度まで上げておけば、語学力、落ちません。

案外、少し離れた方が、英語、別な光で見えてきて、点数が
上がったりするもの。このあたり、フシギです。

青
blue

東京学芸大学附属高校(30)

水曜日の渋谷教室。読解クラスの最後に実施した過去問演習。
平成二十四年の早大・商。二十八点・満点。

クラス・トップの二十三点を取ったのは一番後ろに座った附高・女子。
二十二点の附高・男子を抑え、最高得点。さすが。

二人の附高生、三年D組。九月の辛夷祭、女子はキャストで、
男子は小道具で、活躍。"Over Smile"盛りあげました。
この劇が一位になったこと、記事にしましたね。

文化祭と受験勉強、両立させれば、高校時代に言うことなし。
慎重に受験勉強、進めていきましょう。今のところ、
二人とも大丈夫です。

金魚
Freundschaft

東京学芸大学附属高校(29)

二学期も今週からBターム。新宿教室・国立クラス。授業最後に実施した
東工大・過去問演習。平成二十七年だから、最新。クラスに
七名ほどいる東工大・志望者。力、入りました。

もともと七十点・満点の設定ですから、それで採点。和訳・二問。
説明・一問。記号・四問。七十点で、五十点あれば、七割超え。
大丈夫です。四十五点でボーダー、四十点を下回ると厳しい。

二十七名の塾生、結果はまちまち。そんな中、附高・男子、
なんと五十九点! 八割以上の得点率。

辛夷祭の準備で、ろくすっぽ来なかった二学期Aターム。
けれど懸念、必要なかったようです。

辛夷祭では「楢山節考」に出演。老人の役を演じました。
若いスベスベの顔に黒マジックで線を何本も引き、加齢を演出。
「オーバースマイル」とかぶって、見にいけなかった劇。
劇終了後、差し入れ手渡すのが、精一杯。

後で聞けば「楢山節考」。渋谷教室に来てる男子も
出演してたという話だから、なおさら残念。

辛夷祭を成功させ、受験も突破できれば、納得の高校生活。
そんな、いいとこどり、できるでしょうか?
それは、今後のガンバリしだい。

朝日
future

輝鏡祭2016・ジプロック

お茶高きっての歌姫、音楽室で歌うとあって、覗いてみました。
平成二十八年の輝鏡祭。ライブハウスのステージ。
音楽室は女子いっぱい。バンド名はジプロック。

ステージ立つのは迷彩服の女子四人。プラス、おじさん。おじさん、
メイン・ギター担当。そばにいた子に聞いてみると、なんと、政経教員。

ライブハウスだけに、会場ノリノリ。ボーカル女子、ベース女子と
コーラス合わせます。スピーカー近くに座ったせいで、コーラス、大音量。
きちんとハーモニー。演奏ともずれないのは、さすが。
校内きこえた歌姫だけのことあります。

鼻や目にものもらいまで作って、準備に励んだボーカル女子。
二学期になり、全然、塾に来ないと思ったら、こんなこと、やってたとは。

ジプロックが歌ってる曲、知らない曲で、のれなかったのが、残念。
どんな曲だったのか、今度きいてみましょう。政経の先生も、
お疲れさまでした。

森6
chorus

輝鏡祭2016・白と黒

お茶高・三階、社会科室で開催された音楽イベント。シューマン、
ショパン、リストからJ-POPまで。音楽なら、何でもオーケー。
枠に捉われないのは、いかにもお茶高生。
平成二十八年の輝鏡祭(ききょう さい)。

中でも、注目は音楽教員と高三女子によるピアノ連弾。音楽教員は、
おじさん。演目はドビュッシーの「白と黒」。クロード・ドビュッシー、
音楽史でいえば、象徴派と印象派の間に位置する作曲家。

この頃のフランス音楽。絵画との親和性たかく、画家のオディロン・ルドン、
クロード・モネの影響、ドビュッシーも受けました。文学史でいえば、
詩人ステファン・マラルメが活躍した頃。

そんなドビュッシー。半音階を多用し、伝統的な和音を破壊。
なのに不快さなく、聴衆に余韻。難しい作品のはず。

音楽教員と高三女子の息、ぴったり。音楽教員、黒い眼鏡で髭はやし、
いかにも芸術肌。彼のパートナーは、幼い頃からピアニスト志した
お茶高生。赤く引いた口紅が眩しい。

二人が作る、力強い、しかし権威なき世界。自由な曲です。
演奏の完成ぶりは、嫉妬さそうほど。演奏おわり、右手あげ、
高三女子へ拍手もとめる音楽の先生。応える大きな拍手。
音楽教育に定評ある、お茶高ならでは。

ブリュッセル
Europa

辛夷祭2016・Over Smile(2)

水曜日の渋谷教室。休憩時間、附高生と話してると、後夜祭。
後夜祭では、三年生の劇について、順位発表されるとか。
そういえば、どの劇でも会場に入る時、投票用紙をもらい、
出る時、箱に入れたような。

聞けば、今年の一位、やっぱりD組の"Over Smile"。
確かに、よいできでした。キャスト、裏方に拍手を!

ひなぎく
daisy

辛夷祭2016・飛行機雲

辛夷祭・二日目。体育館で行われたF組「飛行機雲」。

教え子が登場しない劇など、普通、見にいきませんが、今回は別。
搭乗員と女子、そして突入寸前のゼロ戦。そんな立て看板みて、
行かないわけにいきません。開演は二日目。午前九時半。

昭和二十年・八月。鹿児島・海軍基地。集められた特攻隊員、六名。
坂本光太郎・少尉と中原正人・整備兵。二人は、ここで再会。
一人は特攻隊員として。もう一人は見送る整備兵として。

二人が持ってたラジオ。聞こえてくるのは、なんと平成二十八年の
ラジオ番組。すぐにかき消されますが、未来からの放送だと坂本、
中原も認識。しかも放送してる女子アナ、坂本未来(みく)。
坂本少尉の姪にあたる、と徐々に判明。

番組を続ける坂本アナ。視聴者からの電話に答え、相手が自分の
伯父と知らず、プレゼント送付先を訪ねます。返ってきた答えは。

帝国海軍・鹿児島基地、坂本光太郎あてに!

坂本と中原。未来からのラジオ情報で、広島、長崎に新型爆弾、
投下されたと知ります。あと六日で終戦であること、後藤中尉に
男子、生まれたことも。けれど、終戦が近いと分かっても、
坂本少尉は出撃。それは「日本の未来のために」。

出撃した五名。行き先は「雲、流るる果て」。コックピットの搭乗員たち。
思い思いの言葉で突入。最後に突入した坂本少尉。

わが祖国、日本よ、永遠なれ!

そして、轟音。思わず涙こぼれます。日本共産党と日教組が戦後、
流した自虐史観。特攻隊員たちは軍国主義に騙され、ムダに
死んでいった、かわいそうな若者たち。

全くそうでないことをF組、シッカリ描ききりました。特攻隊員にも、
彼らなりの喜怒哀楽あり、それら全て吞みこみ、出撃。読みたい本、
あった。行きたい場所、あった。恋だって、したかった。

後を、頼みます。

そう言って、飛びたっていった若者たち。七十一年を経て、同じ年頃の
附高・男子、全力の演技に、暗い体育館、涙おさえきれません。

やがて、玉音放送。坂本たちを送りだした宇佐美大佐、自決。確かに、
終戦の日、大西中将は自決しました。介錯を断り、苦しんだ末の自決。

劇の最後は再び、明るい平成二十八年。けれど、特攻隊員たちの
問いは、つきつけられたまま。

日本は今、良い国ですか?

附高・六十一期F組、日教組の自虐史観はねのけ、七十一年前の
特攻隊員たちの姿、美化せず、貶めず、よくぞ描ききってくれた。
高校演劇として、出色のでき。附高生の底力、見た思いです。

希望
Hoffnung

辛夷祭2016・Over Smile

東横線・学芸大学駅から附高まで、分かりにくいし、遠い。何度か
来てるはずなのに、道に迷ってしまいました。朝、けっこう早い。
九時半から六十一期・D組の"Over Smile"始まります。
第六十二回・辛夷祭。

地元おばさんに聞いて、やっと附高に到着。ところが、正門から
講堂までが、また分かりにくい。九月の太陽、明るく暑い。
汗が噴出。

ウロウロした後、やっとのことで入った講堂。明るい外から
入ったせいで、中は真っ暗。ギッシリ満員。立ち見、余儀なし。

やがて舞台、照明され、大学生の恵太、弥生、登場。
喫茶店のアイスコーヒー。手話サークル所属の二人、
サークルの話で、しばらく時間経過。

と、そこに謎の老人。この老人との出会いによって、恵太と弥生は
時空スリップ。赤、青、緑の三国対立する世界へ横滑り。二人の前に、
スーという白い服の少女。スーには、時を止める神通力。けれど、
神通力つかえば、スーの寿命、それだけ縮まります。

スーは口きけず、手話で意思伝達。手話の心得ある弥生には、
その気持ち理解。スーの大仰な笑顔、オーバー・スマイル。それが
口きけない故に、捨てられる不安を表してると看破。
スーの笑顔は心からのものじゃない。

神通力あるせいで、スーは三国それぞれから狙われることに。
それまで争いしか知らなかった赤い国の武人。スーと出会い、
徐々に心、溶かしていきます。スーも彼に「鳥の声」どんなか、
教えてほしいと要請。

赤い国の武人。彼も、弥生と同じく、スーの笑顔の裏に不安あること、
見抜きました。スーの笑顔は、捨てられないための防御装置。

そなたのホンとの笑顔、私は見たい。

武人はスーに語りかけます。一瞬、うまくいきかけた三国トップによる
平和会談。しかし、陰謀により、登場人物、次々と倒れます。
見るに見かね、スーは最後に再び、時を止める力、行使。
この時点で、スーに立ちあがる力、残ってませんでした。

スーを理解してた弥生。一部始終みた後、争いはやめて、と叫び。

スーは言ってたのよ。みんなに力が使えて、よかったって。
みんなの笑顔、見ることできて、ホンとによかったって。

スポット・ライト浴び、涙ながす弥生。スレンダーな附高・女子、
こんな力、秘めてたとは。髪も、後ろでまとめて。
"Over Smile"最大の見せ場。

やがて、現代に戻った恵太と弥生。そこで劇は終了。三国の争いは
何を寓意したでしょうか? 争いはやんだでしょうか?
見る者の解釈に委ねられます。

暗い講堂から、外の明るい光へ。観客だった自分もタイム・スリップから、
戻ったかのよう。附高生、作りあげた幻想世界から。

幻
phantasy

今秋の辛夷祭(2)

このブログで夏あたりから盛りあげてきた辛夷祭(こぶし さい)。
いよいよ週末に迫りました。今週、新宿教室の男子は欠席。
渋谷教室の三名も一限の読解、欠席。二限の文法、途中で、
やっと来塾。それでも来たは来たのだから、スゴイ。

夏いっぱいかけ、練習してきたクラス劇。若きエネルギー爆発。
その準備には衝突すら、あったはず。真剣であれば、あるほど。
その中で学ぶこと、たくさん。

週末の辛夷祭、附高生の活躍に注目。裏方もガンバレ!

さくらんぼ
cherries

東京学芸大学附属高校(24)

五日間、夏期講習に出席した附高・男子。新宿教室・国立クラス。
夏期講習で初めて見る新人。私も五日間、ほとんど当てませんでした。

そんな彼が最終日、取り組んだ自由英作文。「小学校で英語を
教えるべきか」。百二十~百五十字・設定。

附高・男子、英語は早くから習った方がいい、そう論じました。
そして彼が取りあげたのは、自分自身。彼は英語を早くから習わず、
英語に自信も持てなかったとか。ひいては、なんとなく自己表現が
下手になった一因も、英語への自信なかったからではないか・・・

そんな内容をミス一つない英文で書いてるのだから、少し矛盾も感じます。
とはいえ、彼が言いたかったことは、英語教育は、生徒の性格形成にまで
影響およぼしうる、ということ。ハッとさせられるではありませんか。

とはいえ附高・男子。今の自分をグジグジと過去の教育のせいにするのも、
情けない。自分を客観視したのなら、すぐに未来を見つめないと。
その未来では、日本語で、あるいは英語で、
堂々と自己表現する自分を描くべきです。

大切なのは、未来。若者の特権です。

夏空
summer sky

お茶の水女子大学附属高校(15)

渋谷教室の夏期講習。最終日、文法クラスで時間が余りました。
ここで実施した自由英作文。課題は「将来の夢」。
百二十~百五十字。

最初に書きあげた、お茶高生。建築家になって延焼しない建物を
作りたい、と書いてきました。彼女がリケジョであること知ってましたが、
なんと建築志望とは。

延焼しない建物、そのためには素材からの開発が不可欠、と論展開。
「火に強い」という表現を"strong to fire"と書きましたが、これは誤り。
"resitant to fire"「火に抵抗力ある」と書きましょう。

大きな地震、次にいつ来るか分からない東京。防災は必須。なのに、
今回の都知事選、防災は話題になりません。都政を語らず、
護憲だの安倍内閣・打倒だの、トンチンカンな候補者。
あるいはNHKをぶっつぶす、という候補者・・・

防災を最大限に意識した建築、ひいては都市計画こそ、今、
日本の若き理系エリートが取り組まねばならないテーマ。
それを真正面に据えた女子。将来の成功は約束されてます。

ざくろ
summer

東京学芸大学附属高校(23)

渋谷教室の夏期講習。附高・女子が一番後ろに座りました。毎回、
予習してくるのは一学期と同じ。そのかいあってか、正答率、
上がってきました。この調子で大丈夫。

実は、彼女。秋の辛夷祭でキャストとして舞台に立つ予定。
七月の五日間、夏期講習に出た後、八月は劇練習で潰れます。
彼女の夏のスケジュール、びっしり。

そんな秋の晴れ舞台。私も、いそいそ出かけることにしましょう。
受験と辛夷祭、両立できたなら、納得の高校生活。ここは、
何としても両方、成功させましょう。

夏海
summer sea

お茶の水女子大学附属高校(14)

夏期講習・三日目の渋谷教室。授業前にお茶高生。
夏期講習後、英語はどう勉強すべきか、聞いてきました。

帰国生で、英語に自信あり。けれど文法に弱点あるから、
完璧にするために通塾。

そんな彼女にとって、八月の英語、どうすべきでしょうか。
答えはズバリ、過去問演習。え? もう過去問演習?
大きく目を開いて聞き返す女子。

ここで、そうだよ、と強く推すのが、私の役割。彼女は理系志望。
英語はできるだけ早く片づけたいところ。ならば、過去問演習は、今。
秋にはイヤでも理数科目の過去問演習が待ってます。

冬期講習前に、全科目、過去問演習を終了し臨むことが、
究極の勝ちパターン。その理想に少しでも近づけるためには、
英語の過去問演習は、今。今でなければ、いつ?

夏空
summer sky

お茶の水女子大学附属高校(13)

渋谷教室でスタートした夏期講習。二日目・授業後、田園都市線
プラットフォームにお茶高生。鷺沼まで帰ることになりました。

実はスポーツ女子。マーシャル・アーツ教室に通ってたことも。
高校生になってからスキーに没頭。その腕前はプロ級。
毎冬、長野で練習。そして大会出場。

大学に入ってからも続けるの? そんな話になりました。答えはズバリ、
スキー部に入部し、ガチで続けるとか。お茶高にスキー部など、
ありませんでした。

とはいえ志望校、受からないと。課題は理数科目。
理系志望であるからには物理、化学できないと話になりません。
英語は二年生から来塾。そのかいあって今、どの模試でも、
英語の偏差値70以上。よし。

英語は夏期講習の五日間で片づけ、八月は理数科目に集中。
その間、英語は、ほっといてかまいません。ほっといたから
実力が落ちたりもしません。

彼女にとって、夏の課題が見えてきました。八月の理数科目。
これに尽きます。今の英語は、そのための準備のようなもの。
理系志望にとって、真の勉強は英語でなく、理数科目。

緑
future

お茶の水女子大学附属高校(12)

今年、三名いるお茶高生。新宿教室・国立クラスにも、一人、通ってます。
今回、自由英作文でA判定、出しました。課題は「未成年犯罪は
成人犯罪と同じように重く罰するべきか」。百二十~百五十字・設定。

「同じように重く罰するべきでない」という論展開。責任とれない未成年、
罰しても無意味と書いてきました。その上で、未成年は大人の「反映」
"reflection"であると主張。未成年を罰する前に、大人が良きモデルに
なるべきと続けました。十八才・女子に、こう言われては、私も
返す言葉、ありません。

結論として「大人が良きモデル示せば、未成年者、それに従い、
明るい未来への道も開ける。」A判定です。

思索力、窺わせる英文。文法ミスも少ない。結論そのものは凡庸でも、
そこに至る過程、シッカリしてれば、今回のように、評価、高まります。
少し自信、ついたでしょう。

ピアノ得意な音楽女子。今秋の輝鏡祭でも、ピアノ演奏する予定。
チケットもらって、見にいきましょう。楽しみですね。

蝶
butterfly

お茶の水女子大学附属高校(11)

お茶高生が自由英作文に取り組みました。月曜・二限の国立クラス。
新宿教室です。課題は「将来の夢」。百二十~百五十字・設定。

ずっと、ピアノ女子。プロ・ピアニストを目ざしました。お茶高でも、
コーラス部のピアノ担当。けれど受験、近づき、ピアニストの夢、
現実的でない、と判断。今度は医学の道を志します、とのこと。
ピアノは趣味として、続けるそうです。

医学部・志望、多い月曜クラス。彼女もそうだったとは。一学期・途中、
体験授業へて、入塾。やっとクラスに溶けこみました。今回の英文も、
きっちりしていて、それなりの知性、感じさせます。

実力者そろったクラス。ついてきましょう。
もうすぐ一学期も終わりです。

ふたば
future

お茶高生、フジテレビに出演!

渋谷教室に通ってるお茶高生。彼女がフジテレビに出るとあって、
私は朝六時からスタンバイ。首都圏では8チャンネル。
七時も過ぎた頃、番組の話題は「十八才・選挙権」。
なるほど、このテーマで。

四名の十八才が、登場。東大生の男女、二名。高校生の男女、二名。
それぞれ自己紹介。フジテレビ・スタッフが選んできただけあって、
どの子も、イケメン、美人。

なんと、お茶高生、自己紹介で歌を披露。コーラス得意な女子。それは、
知ってました。けれど、その歌声を、テレビで聞くことになろうとは。
歌ったのは、コブクロ。同じ男子バンドの曲なら、コブクロでなく、
スキマスイッチ、それも「奏」を歌ってほしかったのですが・・・

さて、四名の十八才。みな、選挙に行くことは大事、という意見。
朝のコーナー、そんなに時間も取ってもらえません。
やがて、終了。

ふだん、呼び捨てにしてる、お茶高生。けれど、テレビカメラの前で、
ハキハキ発言。都知事・問題にも言及し、論展開。薄くきめた
メイクも、ばっちり。その姿は眩しいばかり。しばらくすれば、
もう呼び捨てにできなくなるかもしれません。

アジサイ
beauty

今秋の輝鏡祭

今秋の輝鏡祭、おもしろくなりそうです。輝鏡祭といえば、暗い教室、
「~鑑定団」みたいな、つまらないイベントを、女子だけでやって、
むりやり騒いでる、そんなイメージ。

けれど今秋、有志グループが体育館で、コーラス披露することが、
決まりました。J-POP。曲目には、スピッツの「チェリー」も。

愛してるの響きだけで 強くなれる気がしたよ
ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて

ここのハーモニーは、難しい。しかも、女子、三人でやるとなれば、
なおさら。ここは、練習あるのみ。J-POPコーラスの草分け、
山下達郎は、かつて、ラジオ番組で。

気の合う友人と、三カ月は、ハモる練習をしましょう。
きっと、息が合ってきます。

山下が吉田美奈子と、ビートきいた混声ハーモニー作り、
"Ride On Time"など、名曲を次々に送りだしたこと、
ポップ・ファンなら、誰でも知ってるでしょう。

で、お茶高生の実力は? 今秋の輝鏡祭に注目です。

ギター
music

今秋の辛夷祭

水曜日の渋谷教室。授業後、附高・女子が話しかけてきました。
今秋の辛夷祭、教え子の男子、女子が、それぞれ楢山節考、
オーバースマイルに出演するとあって、私も楽しみに。
けれど。

土曜日の午前中、かぶってますよ。
え?

なんと、一度きりの公演が、かぶってるとは・・・普通、高校の文化祭、
何回か分けて公演しますから、別な時間帯で見ること、可能。
けれど、この二つの劇、一度きり。

最初に「行くよ」と言った、オーバースマイルを優先しなければ
なりませんが、楢山節考、残念。新宿教室に来てる附高・男子、
演目、決まった日、早速、講師室に報告。なのに・・・

ここは、丁寧に詫び入れ、辛夷祭・当日には、差し入れの一つも、
持っていかねばなりません。ゴメン。

大菩薩峠
mountain

東京学芸大学附属高校(21)

今秋の辛夷祭では「楢山節考」が演じられるようです。
テーマは「姥捨て山」。演じにくいテーマですが、現代的な意味も。

日本は今、ドンドン長寿化。それ自体、良いことですが、社会の
あちこちに、ひずみ。楢山節考は、そんな現代社会を考える時、
ヒントを与えてくれます。しかも、附高生、どんなアレンジを
加えるでしょうか?

聞けば、教え子・男子も出演するというでは、ありませんか。
今年の辛夷祭、見逃せません。

マカロン
sweets

お茶の水女子大学附属高校(8)

一学期、体験授業へて、お茶高生、新宿教室に通い始めました。
これで新宿教室・一名、渋谷教室・二名、お茶高生、三名に。

お茶高といえば、パワフル女子。今年の三人も、元気いっぱい。
なのに、なぜか三人とも、教室の一番後ろ。新宿教室でも、
渋谷教室でも。

エネルギー溢れてても、目だつのイヤ、ということでしょうか。
毎年、実力には定評のお茶高生。三名、来たからには、
塾も賑やか。

風車
energy

東京学芸大学附属高校(20)

水曜日の渋谷教室。スレンダーな附高・女子。秋の辛夷祭(こぶし さい)
出演が決まりました。これは、スゴイ。辛夷祭といえば、三年生、
演じるクラス劇。

クラスによっては、今年、キャスト決まらず、脚本から練り直しクラスも。
一方、彼女のクラスは脚本、キャスト、すんなり決定。

一学期から劇練習。キャストに、なりきらねばなりません。
今は長い髪も、切るのでしょうか?

あんまりプロットを聞いても、ネタばれして、おもしろくありません。
秋まで、何も聞かないことにしましょう。

チューリップ
tulips

東京学芸大学附属高校(19)

新宿教室の春期講習。国立クラスで自由英作文。課題は「居住地を自由に
選べるなら、どこに住むか?」六十字の字数設定。附高・男子が「札幌に
住みたい」と書いてきました。

札幌には、住んだことあるとか。他に、根室、帯広など、北海道を何度も
引っ越し。けれど「空気がキレイ」。六十字ですから、まとまったことは
書けず、ここで字数終了。これで、十分。

聞いてみると、お父さんが医師をなさってて、それで何度も引っ越した
という話。ひょっとして、彼も医学部・志望かもしれません。昨年・
一学期からの塾生ですが、あまり進路について、話したことは
ありません。また声をかけてみましょう。

桜
March

附高の二年生(7)

渋谷教室の私大クラス。テキストに「CO2排出を減らせると思うか」
という自由英作文・課題。附高・女子が挑みました。百二十~
百五十字・設定。

初めての自由英作文。彼女は「電力」という具体例で、書き始めました。
当然、原発について論じることになります。原発はCO2削減には、最適。
化石燃料を全く使いません。けれど、核廃棄物という、やっかいな
問題が発生します。

では、水力は? これもCO2は出ませんが、環境負荷が大きい。
あちこちにダムを造ることもできません。石炭火力、
天然ガス火力では、CO2がドンドン出てきます・・・

このあたりで時間切れ。結論、出せずに終わりました。今回の答案では、
論になりません。でも、それで十分。書き始める前に、ある程度の
結論を決め、それに向けて書かねばならないこと、体得できたはず。

結論なしに、ガムシャラに書き始めると、途中で、今回のように、
ハタ、と止まることになります。まだまだ訓練が必要です。

ネコ
Katze

附高の二年生(6)

新宿教室・国立クラスは月曜・二限。教室の一番前に座る附高・男子。
昨年・一学期からの受講ですから、塾歴も長い。

二学期までは、気合いも入らず、塾にも来たり、来なかったり。
予習なく、テキストだけ持って、来塾。来た時だけ、まあ、やっか、
というノリ。もちろん、これで成果は望めません。

ようやく、と言うべきか、冬期講習を経て、三学期、少しずつ、
まともな予習、積極的な受講。この変化のためだけに、
二学期までの時間が必要だったのでしょう。

今、初めて来塾し、これから同じ期間、ちゃらんぽらんをすれば、
来年の受験には、もう間にあいません。実は、そんな附高生、
たくさん。

素質とやる気あれば、伸びるのは、早い。しかも、塾にはもう、
なじんでるわけですから、あとは集中のみ。ここは、男子によくある
爆発力を期待したいところ。三年生を前にした、中途半端な時期。
ホンとは、今が、勝負です。

夢
dream

お茶高の二年生(2)

渋谷教室の休憩時間。お茶高生が二人、やって来ました。
何だろうと思って、近づいてみると。

・・・星占い、やってください。

自分で言うのも何ですが、私の星占いは、よく当たります。とはいえ、
男子・塾生は、ほとんど興味を示しません。おもしろがって、聞きに
くるのは、女子だけ。占いの結果、心を見透かされ、タジタジに
なる子も。

生まれた日の星の位置に、いくつか変数をかけあわせ、
傾向や性格を割りだします。いくつか代入することで、
ブレをなくします。

で、彼女たちの場合は? それは、個人情報。
こんなブログで、書くことはできません。

チョコ
chocolate

附高の二年生(5)

三学期から、渋谷教室に、華奢な感じの附高・女子。私大クラス。
読解、文法と続けて受講。席はいつも、一番後ろ。

授業中、テキストを読みながら、脱線して魔法の話。
附高・女子、魔法に興味あるのか、おもしろそうに聞いてます。

塾生の中には毎年、フシギな体験を語ってくる人もいて、
たいてい、女子。彼女にも、そんな体験があるのか、
聞いてみました。けれど、いいえ。普通なようです。

魔法の世界は、興味を持っても、アハハと笑いとばすのが、一番。
この世は、実力で勝負する世界。努力あれば、魔法なんて、
必要ありません。

ハス
lotus

お茶高の二年生

渋谷教室から帰る田園都市線。急行なら二子玉川駅でドッと降車。
ドア近くにいた私は、とにかく一旦、降りなくてはなりません。と、その時、
呼びとめられました。ふりむくと、お茶高・女子。二年生です。
同じ電車に乗ってたとは。全く気づきませんでした。

私も、彼女も鷺沼まで。動きだした電車。お茶高生、私を見あげて。

先生、"outstanding"ですよ。
え?

その日の文法クラス。「目立った」という英単語が、出てきました。
それが"outstanding"。早速、使ってきました。電車の中で、
私が「目立ってる」と言いたいようです。私としては、
普通にしてるだけなのに。

英単語は、周囲の状況と結びつけて覚えるのが一番。会話で、
覚えた英単語は忘れない、というのは、そういうこと。今回、
田園都市線の車内と結びついた"outstanding"。
彼女も、もう忘れないでしょう。

コーヒーゼリー
jelly

附属の二年生(2)

渋谷教室の東大クラス。二年生です。附属の男子が二名。
「自主、自律、自由」が校訓の附属。今いる二人も、いつも私服。
一人は、なんとボート部! 戸田まで、練習に行ってるとか。

附属は毎年、四十名ほどの東大・合格者。けれど、勉強だけでも
ありません。そんな彼らを応援するのが、塾の役割。
賢く時間を使ってもらいましょう。

椅子
chair
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ