FC2ブログ

日比谷の高一生

土曜日・夕方から始まる450クラス。自由が丘校。高一の日比谷・男子、
通っています。教室で日比谷生に会うのも、久しぶり。授業後、
最近の星陵祭について、聞いてみました。すると。

今年は僕も出ましたよ。

日比谷の星陵祭、各クラスで劇を披露。今年もう終わってしまいました。
来年の星陵祭、もし彼が再び舞台に立つなら、久しぶりに赤坂に
足を運びましょう。校舎も見違えるほど綺麗になっているとか。

JGの高一生

自由が丘校の土曜日450クラス。テキストはケネディ就任演説。
ディスカッション・テーマ、冷戦。共産主義という言葉が、
よく登場。

ネイティブ講師ユアンの解説、一とおり終わったところで、
私から「共産主義の父は?」サッと手を挙げたのは、
なんと、JG生。高一です。

カール・マルクス!

さすが。けれどプロテスタント校JG生から、マルクスの名を聞くなんて、
意外。一体、学校ではマルクスについて、どう習っているのでしょう?
今度きいてみましょう。

市立川崎の高一生

土曜日450クラス。自由が丘校。夕方から始まるクラス。
引っ張っているのは、市立川崎の高一生。男子です。
まだ高一だから、英語を話したい気持ちあっても、英語力、
なかなかついてこない。

けれど話そうとする気持ち、大切。Dタームに入り、ネイティブ講師
ユアンとケネディ就任演説を聞いています。政治のこと、冷戦のこと。
ディスカッションの口火切るのは、いつも市立川崎・男子。
頼もしい。

高二になれば、スピーキングもずっと楽になっているでしょう。
その時、日本の大学入試英語なんて、古ぼけて見えるはず。

横浜翠嵐の高三生(2)

金曜日の横浜教室。休憩時間に翠嵐・女子、模試の結果。
見ると、現役生としては、まあまあ。何より良かったのは、
英語、数学、理科どれもバランス取れてること。

国立大志望の理系女子。一科目だけ得意で、あとダメ、
そんなアンバランスで合格は、なかなか。

化学のできが、今ひとつ。ここを少し上げれば、合格判定、
さらにアップしたはず。翠嵐・女子の課題、少しずつ
絞りこまれてきました。英語は、大丈夫。
この調子で。

青い花
adolescence

東洋英和の小五生(2)

中二生が多い、渋谷校250クラス。そこに東洋英和の小五生。
可憐な女子、毎週、出席。三年も上の人たちに伍し、英語レッスン。

中二生、宿題やってこない時あるのに、東洋英和生、いつも完璧。
けれど今週、授業最初に実施のリスニング・テスト。東洋英和生、
20点満点で12点。15点切れば、居残り。間違えた単語、
五回ずつ書かされます。

ふだん完璧を期す東洋英和生、今週の居残り、悔しそう。
サッと書き上げた後、確認のため私に見せ、すぐ教室を後に。

彼女だけでなく、塾ではなぜか東洋英和の小学生、よく見ます。
ひょっとして数年後、東洋英和の進学実績、激変?

花
flowers

開成の中二生

木曜日の渋谷校250クラスに開成生。今週も出席。今週授業中、
男子チームと女子チームに分かれ、単語ゲーム。

ネイティブ講師キャンディ読みあげる英文、それを表現する単語を選択。
男子チーム代表、なんと開成生。女子チーム代表、雙葉生。
で、結果は?

男子チーム、勝利。授業ろくすっぽ聞かない男子チーム、
こういうゲームになると、燃える。今回もクラストップ雙葉生を抑え、
勝利。ふだんおとなしい開成生も、奮闘。

ネイティブ講師、キャンディ。男子にアウォードをあげないと、という話。
来週、男子に配られます。どんなアウォード?
それは来週にとっておきましょう。

空
sky

西高の高三生(2)

渋谷教室に通ってる西高・女子。一限の読解クラスだけ、受講。
今週、テキスト読みながら「存在する」とはどういうことか、みたいな話。
存在論、突きつめれば時間論になります。

時間の中で存在するとは? ハイデガー言ってた時間性って?
一番後ろに座った西高・女子、思い当たること、ある様子。

講師室でコピーしてると、さっきの西高・女子。聞けば、
お母さんとよく「存在」の話になるとか。
家でそんな話してるとは。

塾生、さまざま。どんな話に関心あるかも、さまざま。
これからも、テキストから話を広げていきましょう。
思いがけないリアクション、あるかもしれません。

テントウムシ
ladybird

東京学館の高三生(7)

火曜日は東京学館の授業。十月に入り、特進クラスでセンター英語・
過去問演習。第一問~第三問で101点満点。クラストップの学館・女子、
今回ふるわず72点。この時期、90点台に乗せてほしいところ。

次回、第四問~第六問。ここでセンター英語のでき、決まります。
今、第一問~第三問を完璧にし、第四問~第六問に入る、
これが理想パターン。今回、そのパターンに及びませんでした。

年末まで、あと二カ月。学館生、センター英語、早くかたづけよう。
やることは、他にたくさん!

水玉
classmates

早稲田の高一生

土曜日450クラス。自由が丘校です。クラスに早高・一年生の男子。
英語力に自信あり。Dターム入り、テキストはケネディ演説。
普通、高一レベルで触れる英語ではありませんが、
そんな英語を叩きこむこと、塾の役割。

この英語を前に、積極的に発言する早高生。まだ、その表現力、
粗削り。でも、発言しようという姿勢そのものが大切。
あと一年も訓練すれば、彼のスピーキング、
相当に磨かれるでしょう。

実力者ぞろいのクラス。ライバル男子たくさん。女子いても、
あまり発言なく、男子リードするクラス。そのリードする一人、
早高生。クラスを盛りあげてもらいましょう。

森の池
autumn

横浜国際の高三生(2)

この二学期から来塾の横浜国際生。女子です。なんと、高校生の今、
アラビア語に練達! ノートびっしりアラビア語。聞けば、
研究発表スピーチ原稿。

その研究発表、どこで開催されるか聞いてみると、元麻布の
アラブ・イスラーム学院。発表日、まだ決まっていませんが、
決まれば、教えてくれることになってます。

アラビア語、分からなくても、教え子の晴れ舞台、元麻布まで
足を運びましょう。横浜国際・女子、アラビア語にかける情熱、本物。

緑
Zukunft

横浜共立の高三生

今週の横浜教室。二限の文法クラス、センター英語・過去問演習。
クラストップ92点、叩き出したのは横浜共立・女子。さすが。

二年生・三学期に来塾。爾来、ほぼ皆勤。その努力、実ってきました。
けれど今回、たまたま良くても、センター英語・過去問演習、
取れないことも。

センター英語だけではありません。横浜共立生、
私大・過去問演習でも、やはり結果に波あり。
一定せず。

もう少し努力を続けましょう。そのうち、センター英語であれ、
私大英語であれ、どんな英語でも、一定の成果、出せるようになります。
波あること自体、まだ実力、本物でない。

噴水
fountain

横浜翠嵐の高三生

金曜日は横浜教室。二限は文法クラス。ここんとこ数週間、
テキスト終了後にセンター英語・過去問演習。第一問~第三問。
101点満点。

一番後ろに座った翠嵐・女子、今週77点。90点以上取ってほしかった・・・
実力ある理系女子なれば、私も心配しておらず。けれど、センター試験、
彼女に必須。最終的には満点近い得点、目ざします。

英語力あるのにセンター英語に苦手意識の塾生、毎年、何名か。
国立大志望なれば、そんな苦手意識も克服せねば。

まだ十月。翠嵐・女子、焦る必要ありません。

渓流
stream

三田国際の中二生

木曜日は渋谷校250クラス。いつも出席してる三田国際生。
女子です。三田国際学園、数年前、共学に変わりました。
その時、校名も変わり、今の名前に。それ以前は、
戸板女子中高。用賀にあります。

元気いっぱいの三田国際・女子。塾が楽しいようで、
いつも授業開始より、ずっと前に来塾。

おしゃべり好き女子。学校と違う雰囲気メンバーと話すこと、
新鮮なのでしょう。そういう切磋琢磨も、塾が果たす大きな役割。

時に彼女のおしゃべりが過ぎ、私が注意することも。けれど、
元気いっぱい取り柄の、このクラス。あまりきつく叱っても、逆効果。
三田国際生には、これから良い意味でクラス引っ張ってもらわないと。

いつか、彼女の元気が勉強に集中する時、大きな実り、もたらすこと
でしょう。今はまだ中二。彼女の成長を待つ時です。

点在
classmates

二高の高三生

渋谷教室の授業後、エレベーター前、二高・男子。なんとなく
駅まで一緒に帰ることになりました。聞いてると、彼が降りる駅は
田園都市線・池尻大橋駅。私も今日は田園都市線で帰る予定。

池尻大橋と言えば、大橋図書館。そこから下へループ描いて
伸びる空中庭園。私がよく行く場所。なんと、彼の家は、
あの高層ビル。窓から、晴れた日には富士急ハイランド。

私が通ってる大橋図書館。その遥か上階に、
教え子、住んでたとは。世の中、狭い。

柿
yellow

白鴎の高三生(2)

渋谷教室、一限・読解問題だけで帰ってしまう白鴎・女子。
けれど今週・授業後、廊下で立ち話。聞いてると、リスニング問題。
短文リスニングともかく、長文リスニングだと、聞いてて途中から
登場人物の関係、分からなくなるとか。

私はセンター英語のリスニング問題、薦めました。センター英語・
リスニング問題こそ、それほどレベル高くなく、
ちょうど彼女が言う、長文リスニング。

学校にセンター英語・過去問あれば、そのCD使ってもいいし、
なければ、この際、一冊買いましょう。大学入試うまくいくなら、
安いお買い物。お金は必要な時、ケチってはいけません。

静寂
tranquillity

桐蔭の高三生(2)

渋谷教室で実施しているセンター英語・過去問演習。
二限・文法クラス。101点満点。毎週、塾生が取り組んでます。

今週、最高点95点は、桐蔭・男子。彼の奮闘ぶり、前回も記事に
しましたね。とはいえ桐蔭生、良い点取った時に、こんな記事。
彼にも、ふるわない回あり。

訓練、続けてくうち、点数も安定してくるでしょう。クラス全員、
高位安定と、私が判断したら、センター英語でなく、
早慶・文法問題に移っていく予定。

今はまだセンター英語に、クラス全体として、めど立たず。
桐蔭・男子にも、もう少し、つきあってもらいましょう。

幻想コスモス
cosmos

カリタスの高三生(3)

渋谷教室に通うカリタス生。彼女にとって、今のテーマは英作文。
毎週、二、三の英作文もって講師室に。それくらいの分量なら、
すぐに添削できますから、私がその場で添削。

英語で"A of B"の場合は「BのA」と訳します。この時「Bの」と
特定していますから、Aに定冠詞"the"が付きます。
"the A of B"になるわけですね。

その定冠詞ない英作文。早速、私の赤ペン入ります。
一カ月もすれば、こんなルール、身に付きます。
ただ慣れるだけ。

もみじ
October

狛江の高三生

渋谷教室に都立・狛江高校の高三生。女子です。二年生・三学期から、
通塾。今年・夏休み頃から実力ついてきました。二学期になり、
文法クラスでセンター英語・過去問演習。101点満点。

先週、84点叩きだした狛江・女子。今週、90点台に乗せるか、
と期待。けれど76点。少し下がってしまいました。

こんなふうにアップ・ダウン繰り返しながら、徐々に上昇。
その意味で、有望株の価格推移と似ています。

今は十月。センター英語・過去問演習、まだまだ続きます。
狛江・女子、できたら今月中に90点台に乗せたい。

百日草
Herbst

桜修館の高一生

自由が丘校に通う桜修館・男子。土曜日です。私が授業後、
教室かたづけていると、話しかけてきました。

桜修館といえば、目黒通りから少し北に入った場所。
八雲パーシモン・ホール隣。私も、よく行く場所。

けれど、桜修館ロケーションいいね、私がそう水むけても、
桜修館生「そうかなあ。」むしろ「男子校の方がおもしろそう。」

確かに450クラス、男子校生も多く、彼ら見てるうちに、そんな印象も。
けれど共学にも、それなりの良さ。男子校だと文化祭の劇披露、
男子が女子役に。

学校では共学の良さ、塾では男子校生と切磋琢磨。
そんなふうに塾を利用しましょう。

葉
green

筑駒の高一生

土曜日450クラス。今週からDターム。ケネディ就任演説。
1961年1月。この演説をテキストに教えるなんて、感無量。

授業中、1960年代はどんな時代? という話題に。私がキューバ危機に
言及すると、一番後ろに座ってた筑駒生、なんか発言したそう。
現代史は詳しい。

けれど発言しようにも、英語でてこない。ネイティブいますから、
教室では基本的に英語。私も「日本語でいいから」とは
言わないようにしています。

結局、筑駒生、うまく表現できず、終わりました。高一生といえば、
発言したい知識あっても、そのための英語力ついてこない、
もどかしい段階。これから、そのための英語力、アップ!

1960年代世界状況について、ある程度の英語プレゼンテーション、
できるようになれば、大したもの。そう時間も、かかりません。

卒業する頃には、自分の関心分野で英語プレゼンテーション。
大学に入ってからの伸び、全く違うはず。

木の実
October

成蹊の卒業生(3)

渋谷教室、一限の読解クラスだけ顔だしてる成蹊の卒業生。
男子です。一限終わった後、廊下で話しかけてきました。
模試結果それなりに良かったとか。

まあ、浪人してるわけだし、この時期に結果でること、当然。
これでいい気にならず、あと少しの精進。

思えば、高二の頃から通塾の男子。私との勉強も、三年目。
来年入試、結果だして、塾を後にしてもらいましょう。
受験も、もうすぐ終了。

緑の滴
green

駒高の高三生(2)

渋谷教室の授業後、駒高・女子が話しかけてきました。
二学期・初日に体験授業。そして入塾の女子。聞いてると、
クラスのみんな、とってもできるから、自信なくなった、という話。

もっと早く来るべきだったのに。

私もそう言った後、今さら言ってもしょうがない、と反省。
駒高・女子、過去問演習で古参の塾生に、それほど
ひけとってるわけでもありません。

単語、熟語を自分でやっといて、私は伝えました。単語、熟語さえ
やってくれれば、あとの読解、和訳、英作文は私が指導。

さあ、駒高生、あと一カ月でクラスの塾生に追いつかなくては。

色
Farben

西高の高三生

水曜日の渋谷教室。一限は読解クラス。授業終了後、実施した
過去問演習。平成26年度の早大・文化構想。14点満点。

もう十月、実力者に仕上げたはずの塾生。なのに今回、6点、
7点とふるわない中、トップの13点は西高・女子。
実力、見せました。

おとなしい女子。けれど、ここに来て英語に自信。

歴代の西高・女子、実力者が早大に進学していきました。
今年の女子にも、ぜひ先輩たちに続いてもらわないと。

緑
avenir

東京学館・進路指導室は宝の山

東京学館・進路指導室にある赤本、そして青本。今月、これが一新。
全て新しいバージョンに。古くなった、といっても一、二年だけ
古いものが、脇に無造作に積まれてます。聞けば、勝手に
持ってっていい、という話。

赤本、一冊買うのでも、けっこうかかる。まして五、六校うけるとなると。
なのに、少し古いだけの赤本、青本、東京学館・進路指導室、大放出。
これを見て学館生、利用しない手はない!

というより、私も二、三冊もらおうかな、心ひそかに狙っています。

光
Shisui

東京学館の高三生(6)

学館・女子、火曜日の授業後、自分で解いた過去問演習の結果、
もってきました。日大・生産工学部。理系女子。

英語は八割以上、ゲット。あと一年分、解いて、それでも八割前後なら、
日大レベル終了し、MARCHレベルに入るよう、アドバイス。

女子ゆえに、滑り止めは確実にしとかないと。日大・生産工、さらに
ワン・ランク下レベルも受験し、その後、本当に目ざすレベルに挑戦。

まずは下を固めてから。大学入試の鉄則。下が固まり、レベル、
ドンドン切り上がっていくうち、いつしか早慶も視野に入ります。
チャレンジ校として早慶受験のためにも、まずセーフティ・ネット。
まだ十月。スケジュール、うまく進んでます。落ち着いて。

椅子
chair

東京学館の高三生(5)

東京学館での授業後、男子が相談に。少し長い話。聞いてると、
英語でも国語でも、テキストを自分に引きつけ読んでしまうとか。
これは、まずい。

自分の意見を持つのは、良いこと。けれど、その前に相手の意見、
正確に聞かなくては。あるいは読まなくては。

大学入試では、正確な理解力までが問われ、その後の意見発表、
問われません。というか、意見発表が大学入試で問われ始めるのは、
数年後。少なくとも、今年入試でなく。

自分の意見発表が大切としても、心透明にし、テキストに耳傾けること、
コミュニケーションの第一歩。意見発表するにしても、
ちゃんと聞かないと、あるいは読まないと。

・・・てな話をしながら、時間すぎてしまいました。結局、
心がけレベルのアドバイスで、終了。

柿
October

東京学館・女子体操部、インターハイ優勝!

火曜日は東京学館での授業。行ってみると、エントランス入った場所、
女子体操部の快挙、伝える写真と記事。なんと今年のインターハイ、
優勝! これは、すごい。

けれど女子体操部、どこで練習してるのでしょうか? 授業中、
学館生に聞いてみると、女子体操部、ジムに所属し、授業おわったら、
ジムで練習してるという話。確かに、体操部の活躍つたえる記事、
小さく「ジム所属」とも。

普通の学館生が体育館あたりで、他の部活と場所やりくりしながら
猛練習。やっと勝ちとった栄冠。そんなこと考えて嬉しくなってた私、
なんか複雑な気分。

晩秋
Chiba

湘工大の高一生(2)

土曜日・午前中、湘工大授業。三限アドバンス・クラス授業を終え、
JR辻堂駅へ向かう途中。県道30号線・横断歩道。ついさっき
教えてたアドバンス・クラス男子とバッタリ。駅まで一緒に
帰ることになりました。湘工大から駅まで遠い。けれど、
話し相手いるなら、話も弾みます。

高校では漫研所属の男子。自分でも描いているとか。スマホに入れた画像、
見せてくれました。水彩画で女子高生、描いています。青春の不安、
漂わせる制服女子。

こんな絵、描くんだ。

駅への直線道、漫画で盛り上がりました。教室では一番後ろに座っり、
英語にも苦手意識ある男子。でも歩きながら話していると、よくしゃべる。
私もほとんど話したことなかった男子だけに、こんな話好きな内面、
あったとは。

土曜昼下がり、朝降っていた雨も上がり、湘南らしい、秋の眩しい空。
湘工大から駅までの道、遠いことにも良い点あるようです。

トンボ
dragonfly

雙葉の中二生(2)

塾では今週、Cターム・テスト期間。最終ドラフトの返却も。
今ターム、ライティング・テーマは「私が好きな場所」。

最終ドラフトにはネイティブ・チェックが入って返却。
最も評価の高い答案を出したのは雙葉生。
家の近くにあるクレープ屋さんをテーマ。

トッピング豊富で、地元の人気店。いつも大学生で賑わってます。
メニューも変わっていく、というから新鮮。陳腐化を未然に防ぐ、
これがサービス業の基本。

雙葉生、お気に入りのクレープ屋さん。行けば、ほっとするとか。
塾も、そんな場所、目ざさないと。時代の最先端を取り入れたサービス。
けれど何より大切なこと、それは行けば安心できる。
いろいろ話せる友人がいる。

そんな雰囲気、作っていきましょう。私の腕が試されます。

花
flowers

国際の高三生

渋谷教室で実施したセンター英語・過去問演習。一限・読解クラス。
第四問~第六問の読解問題。99点満点。

教室一番前に座った国際・男子、93点。実力安定。家から近い、
中大志望。私はことあるごとに「早稲田に行けるよ。」

もちろん偏差値で大学の価値、計れず、家からの距離も、
大学選択における一つの尺度。けれど、歴代塾生。
早大進学者、概ね大学生活は充実している様子。
私も早大はプッシュしやすい。

とはいえ、志望校選択は、受験生が自分で決めること。
私も自分の意見、押しつけない方がいいかもしれません。

光り
disc
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ