FC2ブログ

国立高校(2)

月曜・一限の新宿教室。国立クラスです。テキストに自由英作文。
職業選択の基準を、二つの視点から、書くという課題。
一番、後ろに座った国高・女子も、挑戦。

女子就労を取り上げ、賛成論として、女子は男子に比し、想像力、
他者への配慮で優れているから、社会で活躍すべき、と論じました。
一方、反対論も書かねばなりません。ここでは、女子は家庭にいて、
家事に専念した方が、幸せになれる、とも。

二つ合わせ八十字でしたが、なんとか時間内に終了。職業選択について、
聞かれた時、女子なら、当然、女子就労を書いた方が、書きやすい。
論が、地に足ついたものとなります。

高校生が一般論、抽象論を書くと、たいてい、読むに堪えない空論。
その点で、国高・女子。なんてことないエッセイながら、
課題を自分に引きつけたことが、成功の秘訣。

こんな成功を、一つずつ積み重ねていきましょう。やがて、
どんな課題でも、パッと書き始められるようになるはずです。

チューリップ
late April

東京学芸大学附属高校(20)

水曜日の渋谷教室。スレンダーな附高・女子。秋の辛夷祭(こぶし さい)
出演が決まりました。これは、スゴイ。辛夷祭といえば、三年生、
演じるクラス劇。

クラスによっては、今年、キャスト決まらず、脚本から練り直しクラスも。
一方、彼女のクラスは脚本、キャスト、すんなり決定。

一学期から劇練習。キャストに、なりきらねばなりません。
今は長い髪も、切るのでしょうか?

あんまりプロットを聞いても、ネタばれして、おもしろくありません。
秋まで、何も聞かないことにしましょう。

チューリップ
tulips

早稲田高校(6)

横浜教室に四月から、早高生、登場。読解、文法と続けて受講。
とりあえず、クラスになじんできました。

早稲田高校は、早大の隣。東西線・早稲田駅の出口を出てすぐ。
そんな場所に通う、早高生。横浜教室で見ることは、ほとんどありません。
一度、帰りのエレベーターで、どこに住んでるのか、聞いたことがあります。
すると。

横浜駅から、歩いていける場所ですよ・・・

横浜から早稲田に通ってるとは、遠い。早高生で、来塾する人の大半は、
十二月に決まる早大・推薦入試のために、準備しよう、という人。
恐らく、彼も、そう。

全員、早大進学が保証されてるわけでない、という点で、
早稲田高校は慶応高校と一線、画します。

二コマ続けて受講するのは、タイヘン。しかも、これまで、あまり塾に
慣れてない、とあっては。いかにして、彼をその気にさせ、勉強を
続けてもらうかが、私の腕の見せどころ。そうかなあ、と思って、
やってるうちに、気づけば合格してた、が理想です。

岩手山
mountain

Kira Kira Train

火曜日、横浜教室の授業後、ベイシェラトン前を通って、高島屋の前。
夜も九時を回った時刻、周囲は仕事帰りのサラリーマン。
そこで、聞こえてきたのは。

さあ 最終列車に乗って 小さなカバンを抱えて
僕は この故郷を 出てゆく さようなら さようなら

思わず、足を止める曲。いきものがかりでは、ありませんか。
見れば、ギター抱え、帽子かぶった女子。高島屋の前で、
いきものがかりとは。

故郷に女子を残し、都会に旅だつ男子。まるで「木綿のハンカチーフ」。
しかも、出だしの「突然の雪は 君を無口にさせた 三回目の冬が
今 終わる」これは、もちろん「なごり雪」。

東京の空に 走り書きした夢を 追いかけて 僕は 汽車に乗る

そして、さっき聞こえてきた「さようなら さようなら」。

くりかえし 手を振る君が だんだん小さくなってゆく
大好きな その瞳に見えたよ キラキラ キラキラ

二番は女子・視点から。

ねえ 最終列車に乗って 大きな夢だけ抱えて 私を 忘れてしまうの
さようなら さようなら 星が舞う街に 旅だつ あなたの未来を祈るよ
大好きな その瞳に輝け キラキラ キラキラ

そして、ここからが、いきものがかり。

離れてゆく 二人を 時が追いこしてゆく
その駅の向こう側に 続いていく「一人きり」をおいてゆく

最終列車の男子。彼は都会で、夢など見つけられるでしょうか?
見つけられたとして、幸せでしょうか? 何一つ、叶わず、疲れた
サラリーマンの群れの中、つり革を持つ、彼の心に去来するのは、
あの涙では?

高島屋・前でギター抱え、歌う女子。周囲を往還するのは、
夢を抱えて、都会に出てきたサラリーマン。彼らの誰一人、
この曲に立ちどまる人は、いません。

芝高校(9)

新宿教室・国立クラスで実施された、自由英作文。課題は、職業選択の
基準について。その基準を二つの視点から、書くというもの。
テキストでは、二つ合わせて四十字・設定でしたが、
これでは、つまらない。全体で八十字に。

二十五名の塾生が、取り組みました。二年生・春から受講の芝高生。
最初の基準として、幸福度を、次に収入を挙げ、論を展開。
時間内に終えられませんでしたが、それなりの、でき。

理系男子。実は、英作文が、苦手。二年生の頃、全く書けませんでした。
それが今回、最後まで終えられずとも、論展開、できるまでに。
げに、若者の進歩は早いものです。

これからも、ドンドン実施する自由英作文。実際の受験で、自由英作文が、
課されるかどうかは、どうでもいいこと。英語で自分を表現する経験を
重ねることが、大切。あと、発音矯正すれば、スピーキングも、楽勝。

部屋
Raum

石原莞爾

今は一万人ほどですが「国柱会」(こくちゅう かい)という宗教団体が
あります。日蓮宗・一派で、戦前、大きな影響力を持ちました。

冬夜に「寒修行」と称し、太鼓、打ち鳴らし、法華経、唱え、
花巻をねり歩いた宮沢賢治。賢治が所属したのも、国柱会。

賢治は、その奇行で、素封家だった父親の顔に泥を塗り、
故郷にいられなくって、上京。東京で頼ったのも、国柱会・本部。
賢治が描いた、幻想童話は、国柱会・思想が、根幹。

そんな国柱会。軍人も多く、入信。最も有名な人物が、石原莞爾。
「いしわら かんじ」と読みます。山形出身で陸士・二十一期、陸大・
三十期。陸大は、首席卒業のはずでしたが、石原では、天皇陛下の
前で何を言いだすか分からない、ということで、二位に。

帝国陸軍エリート。三十才の頃、国柱会に入信。国柱会は、日蓮宗らしく、
末法思想。もともと、神がかっていた石原が見た、世界最終戦争の
ビジョンと、ピタリ。石原の国柱会・入信は、運命でした。

石原にとって、世界最終戦争は日米間の戦争。時期は1970年代。
その前に、日本はソ連と、アメリカはドイツと戦い、それぞれ、
勝ちあがって、世界最終戦争。

当面の敵はソ連だから、満州を押さえることが、必要。昭和六年の
柳条湖事件、続く満州事変は、こんな思想の下、実行。石原中佐は、
板垣征四郎・大佐を説得。板垣は、石原の未来ビジョンに、ぞっこん
惚れこみ、決行を許可。板垣は生涯、石原にふりまわされました。

戦争指導も、強かった石原。事変拡大で、中国軍に対峙しても、
我が方に二十倍する敵を、圧倒。その名を高めました。

満州事変こそ、その後、日本が破滅へ向かう発端。国際連盟・脱退、
支那事変、対米戦争・・・石原は、その張本人。今も多数いる、
石原・信奉者、これを、どう考えるでしょうか?

満州事変は、満州国・建国という目的を達し、石原は、国民の間で、
絶大な人気。けれど、満州事変。佐官が将官をたきつけ、自分たちにとって、
おもしろい方向へと、政治、軍事を勝手に動かす先例となりました。
この点で、板垣、石原の罪は、重い。

石原は関東軍から東京の参謀本部に戻り、作戦部長の要職に。
ちょうど廣田内閣、倒れ、宇垣一成が組閣しようとした頃。

宇垣は軍縮派。宇垣内閣、成立すれば、対ソ戦・準備、できなくなると
考えた石原。宇垣つぶしに動きます。結局、陸軍が陸相を出さず、
宇垣は組閣できずに、退陣。「流産内閣」と呼ばれました。

この時、宇垣内閣、誕生してれば、後の戦争もなかったろう、
と推定されます。宇垣は軍縮派。蒋介石とも、対等に話せた器量。
石原自身「宇垣のオヤジを潰したのは、生涯の不覚」と後に、述懐。
ここでも、石原の罪は、重い。

林内閣、近衛内閣という無能内閣が続き、日本と中国、そしてアメリカの
関係は、ドンドン険悪に。石原にとって、対米戦争は、遥か先の話。
まずは、対ソ戦。支那事変など、論外。北支の戦争など、やめろ、
と説いてまわります。

耳、傾ける者など、一人もいません。下僚で、作戦課長だった
武藤章は、北支・不拡大を唱える石原に、平然と。

閣下が、満州でおやりになったことを、我々は北支で、
やっているだけで、あります。

他の課員は哄笑。石原は絶句。こんな口のきき方は、帝国陸軍で、
許されるものでは、ありません。一階級も上なら、絶対服従。この時、
石原は既に、梅津、東條のラインに睨まれ、出世コースから、逸脱。

機を見るに敏な武藤、それを意識しての返答。石原も、この時、
陸軍内で発言権ないこと、悟ったでしょう。ほどなく、予備役・編入。
石原は支那事変、対米戦争を、ただ見ている他、ありませんでした。

そして、日本は破滅。その発端を作った大罪人ながら、対中戦争、
対米戦争に奇妙に反対したことから、石原は、東京裁判で、不起訴。
戦後、すぐに、死去。

帝国海軍の山本五十六と同じく、日本に仇なす軍人でありながら、
戦後、フシギに祀りあげられ、今も、ファン多い、石原。
その評価を、再考すべき時です。

野原
Feld

川和の卒業生

火曜日の横浜教室。授業前、エレベーターを出ると、川和の卒業生。
直前講習、以来の男子。このブログにも、よく登場しました。
聞けば、今、慶大・商に通ってるとか。

早慶ばかり、八学部、受験します、と言ってた男子。結果は、全て合格。
早大・政経、慶大・経も蹴って、慶大・商に進学。ビジネス界での
活躍が、これからの目標。

昨年の塾生によると、横浜教室・日本史クラスで、彼のできは、
きわだってたという話。講師も、色なすほど。そして、英語は、
私が磨きました。これで、受からない大学、ありません。
川和でも、文系トップ。そんな彼が言うには。

ツァラトストラ、挫折しました・・・

なんと、合格後、ニーチェを読み始めたとか。授業中、私が話してた超人思想。
そんな話も、心に残ったのでしょう。とはいえ、アレゴリーふんだんの
「ツァラトストラ」。十八才が、いきなり読んでも、なかなか。
受験勉強のようなわけには、いきません。

そんな話をしてると、もう五時。彼を送りださねばなりません。夏あたり、
また話しに来るでしょう。その時、慶応での学園生活、
ぜひ聞かせてほしいものです。

ポピー
future

海城の二年生(3)

新宿教室の月曜・一限。全員、男子の二年生クラス。
胸に"KS"マークを付けた海城生が、三名。

新大久保にある海城学園。毎年、新宿教室には、たくさん。
けれど、二年生・四月から三名とは、頼もしい。しかも、
クラス七名だから、よく目だつ。

海城生だから、基礎力、十分。それだけじゃダメだ、と思って、
塾の扉を叩いたのでしょう。分かりました。諸君、望むなら、
いくらでもレベルを上げましょう。

昨年度、東大・合格者数、ガクンと減らした海城。都立の西、
日比谷の後塵を拝しました。今、学園全体で、リベンジを
誓ってるはず。塾も、応援しなくては。

蓮華草
spring

國學院久我山の卒業生

水曜日の渋谷教室。授業前、國學院久我山の卒業生。女子です。
しばらく見ないうちに、少し大人になって。塾には、ずっと制服で
来てましたが、今回は、白い私服。大学生になったようです。
でも。

ずっと神戸大・発達科学部を志望。国立クラスに通いました。
兵庫出身の私も、神戸大はイチ推し。センター試験のできも、
悪くなかったからには、今頃、彼女は六甲にいるはずでは?

数学、ダメでした・・・

二次試験・数学で、実力発揮できなかったようです。上智・心理学科に、
進学することになりました。とはいえ、心理学を学ぶという目的は、達成。

私はたまに、授業中、ラカンの鏡像理論について、話すことがあります。
もちろん、大半の塾生にとって、そんな話は、右の耳から、左の耳へ。

けれど、おもしろそうに聞いてた女子。心理学への関心は、本物。
集中力あり、英語を私で、と決めた後、視線を移しませんでした。

そんな女子。高校時代は弓道部に所属。けれど、上智では、なんと
ヨット部に。彼女いわく「何か一つに、賭けてみたいから」。
本気なようです。

けれど、四谷に海など、ありません。どこで、練習するの?
それは、聞きそびれてしまいました。次に会う時、聞かせてもらいましょう。
色白の女子が、日焼けした、たくましいマリンガールとして、
登場するかもしれませんね。

水
water

女学館の卒業生

火曜日の横浜教室。授業後、講師室に女学館の卒業生。
今春、卒業。今、慶大・看護に通ってるとか。

え?
いろいろ、あって・・・

彼女は妙蓮寺、私は日吉まで。東横線で話しながら、帰ることに。
昨年・二学期、横市・看護に行ければいいね、なんて、渋谷教室で、
よく話してたもの。私大いくつか受験しても、第一志望は、国公立大。

センター英語、満点と聞いた時、この子は、大丈夫。なのに、慶大?
確かに、看護学部は同じでも、学費が高い。しかも、遠い。
お母さんと、よくよく話しあって、そう決めたとか。

東横線・車内で、女学館・卒業式の話。涙の答辞を呼んだのは、昨年、
四名いた女学館生の一人。感動のスピーチ。保護者も、涙。

式後、制服、着たまま、クラス女子で繰りだしたのは、東京ディズニーランド。
制服・集団が、ゾロゾロ歩いたからには、かなり異様。
スマホに収められた、写真群。

そんな、女学館生。今は大学に慣れるのが、精一杯。けれど、留学、
考える女子。英語のスキルは、これからも磨き続けましょう。

紫
purple

横浜共立学園高校(13)

横浜教室で、一学期が始まりました。読解クラスに、横浜共立生が、
三名。春期講習からの、継続受講。休憩時間に、一人が、
聞いてきました。

いきものがかり、好きなんですか?

授業中、私がたまにするJ-POPの話。「いきものがかり、いいね」なんて
話してたら、横浜共立生から、こんな質問。しかも、話してると、
彼女が通った、厚木の幼稚園、ボーカルの吉岡聖恵が
通った幼稚園と、同じとか。なんと。

厚木、海老名の路上ライブでスタートした、いきものがかり。
彼らのファースト・シングルには「小田急線の桜」が、登場。

それぞれの道を選び 二人は春を終えた 咲き誇る未来は
私を焦らせて 小田急線の窓に 今年も 桜が映る
君の声が この胸に 聞こえてくるよ

CD五十枚、売るのに、四苦八苦だった路上バンド。いつのまにか、
武道館を満員にする、大スター。地元、厚木では、吉岡たちの伝説が、
今も、語り継がれてるようです。

ギター
band

鵠高サッカー部、敗退

県立・西湘高校で行われた、関東サッカー大会・神奈川トーナメント。
鵠高サッカー部は、鶴嶺(つるみね)と対戦。桜、散る校庭。
霞、向こうに伊豆半島。ここは、小田原市。

水色ユニフォーム、鵠高イレブン。前半から、押されっぱなし。相手チームの
中央突破を難なく許し、攻めこまれます。こんな時、サイドにボールを
散らすのが、定石。けれど、それが、なかなか。

幾度かの中央突破の後、一点、先取されます。これで、相手チームを
リズムに乗せてしまいました。最初は中央突破だけだった攻撃。
徐々に左サイドを使うようになり、そこから上げられ、二点目。

鵠高センターハーフの五番。相手ボールを止めることも、しばしば。
けれど、彼の動きで、流れ変えるに至らず、前半終了。

コート、変わった後半。監督指示あったのか、鵠高は右サイドを
使うようになりました。五番がボール奪った後、右ハーフの三番に、
絶妙パス。三番が、相手ゴールキーパーと一対一、という、見せ場。
ここで一点、入れば、勢い、つくというもの。

けれど、相手バックスに阻まれ、シュート至らず。この時間帯から、
鵠高イレブン、明らかに運動量、落ちてきました。そんな中、最後まで
ペース落とさなかったフォワードの十番。ドリブルで、スルスルと
抜けだし、シュート。惜しくも、ゴールポストに跳ねかえされます。

最後は集中力が切れ、ダメ押しの三点目。ここで、ホイッスル。
鵠高サッカー部、初戦敗退。夏に課題を残しました。

水滴
blue

麻布の卒業生

渋谷教室での春期講習。二日目・授業前、十二年ぶりに再会した、
麻布の卒業生。かつて、横浜教室で、東大クラスを受講。同年度、
卒業した浅野生と一緒に、日吉駅にやって来ました。

慶大・文に進学。心理学を専攻し、博士課程も修了。
今は、研究者として、非常勤講師。常勤ポストを待つ身。

よほどのエリート研究者でない限り、ここが、最も苦しい時期。
論文は十本、クリアしましょう。学会にも顔を出し、機会あれば、
研究発表。言ってみれば、これが研究者にとっての、就活。
厭ってはなりません。自分を最大限に、アピール。

麻布生らしく、今になっても、私が授業中、脱線した雑談を、
懐かしく語ってきます。英単語より、雑談の方が鮮明。

麻布生といっても、ピンキリ。けれど、世の多様性に、自ら開きたいと
思う男子にとって、麻布学園は、最高の場所。今、研究者を目指す、
彼の下地も、やはり、麻布学園で培われました。

研究者の仕事は、息長く続けるもの。焦らず、続けていきましょう。

聞いてると、彼のお嫁さんが、なんと、日吉の学習塾で、働いてるとか。
ここから、近い。食事後、私たち三人は、ゾロゾロ、見にいくことになりました。
いきなり現れた、三人組。彼女の驚いた顔を見て、アハハ。私たちは、
目的を達し、学習塾を出ました。

歩道
memoir

浅野の卒業生

東横線・日吉駅。改札前、丸いモニュメント前に浅野の卒業生。
十二年前、平成十六年・卒業。私にとって、塾・四期生。

一橋・経に進み、卒後、大手・建機メーカーに就職。就職、決まった時、
わざわざ横浜教室に挨拶にきました。その後、月日は流れ、今回の再会。
同年度、卒業した麻布生も、やって来ました。私たちは、洋食屋さんに。

浅野の卒業生。今は本社勤務。けれど、以前は、地方で工場勤務。
東京を離れました。その間、人事・労務担当。数学、得意な男子。
人件費、人員配置の計算など、楽勝でしょう。

ハンバーグを食べながら、仕事が楽しいという卒業生。結婚し、
男子も誕生。これから、働きざかり。こんなビジネスマンが、
ずっと、同じ企業にいて、ノウハウ培い、力を発揮する。
これが、日本企業の強み。

少し力つけば、すぐに、どこかへ行ってしまう外資企業とは、ここが、
決定的な違い。最近、学生トップ層は、とかく外資に行きたがります。
その収入は、日本企業より二ケタほど、上。

けれど、終身雇用を前提した日本企業の良さ。
浅野の卒業生を前に、実感せざるをえません。

今は世界的な景気停滞。建機需要も止まりました。けれど、
こんな時こそ、雌伏。実力を蓄え、次に備えます。海外展開ある
企業なれば、英語力を磨かねば。地方勤務ばかりでは、
かつては、できてた英語も、忘れるというもの。

と、そんな時に出会った、英語の先生。これも、きっかけ。
英語を学び直しましょう。どんな場所でも、役に立ちます。

緑もみじ
Erinnerung
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ