FC2ブログ

慶応志木高校(3)

渋谷教室の直前講習。東工大・対策講座。慶応志木生が、参加。
思えば、彼と出会ったのは、昨年の、ちょうど今頃。二年生・
三学期、体験授業に来て以来。

その間、笑いあり、涙あり。そして、今に至りました。個性、強い男子。
私に対しても、ものおじせず、向かってきました。授業中、
いきなりの質問も、しばしば。それで、授業は、中断。

けれど、それはすなわち、この世と積極的に関わろうという態度でも、
あります。芽を摘んでは、いけません。授業ストップして、応えました。

そんな男子。三日目・最後の正誤問題。十問中、九問の正解。
塾での勉強を、しめくくりました。

彼の性格に、表も裏もありませんから、良いパフォーマンスに、
素直に、嬉しそう。たかが直前講習、とバカにしてはいけません。
その自信が入試につながります。

伊丹空港
take off

富士高の二年生

新宿教室の授業後、富士高・女子が「お願いします」と挨拶にきました。
三学期・初回で、体験授業。そして、受講を決めたようです。
受講を決めて、挨拶にくる人も珍しいのですが、
そこは、ご愛嬌。

塾で見る富士高生。みんな、私服。制服は、なかったはず。
けれど、目前の彼女はセーラー服。聞いてみると。

・・・最近、制服になりました。

制服から私服に変わることはあっても、私服から制服とは、聞いたことが
ありません。一旦、私服にしてしまうと、制服に戻そうにも、生徒から
大反対が起きそうなものですが・・・

次、話す機会があれば、なぜ制服が復活したのか、聞いてみましょう。
理由もないのに、都立高校の服装規定が変わることは、
普通、ありません。

霧
winter

東京女学館高校(12)

水曜日の渋谷教室。授業前、制服を着た女学館生。なんだか、明るい。
センター試験も終わって、少し肩の荷が下りたのでしょう。

夏休みあたりから、成績をグングン伸ばした女子。二学期も、
上昇は止まらず、今や大学レベルの英語を読みこなすまでに。

で、センター試験の結果は?

なんと、英語は二百点・満点だったとか。これはスゴイ。ちょっぴり
難し目の英語に触れておくことで、入試では満点を取る、という、
作戦どおり。それは、あくまで作戦で、そのとおりに
行かないのが、世の常なのに・・・

たかが、センター試験。けれど、国公立大を受験する限り、
おろそかには、できません。受験勉強も、もうすぐ終わりです。

さくらんぼ
cherries

希高の二年生

旧制・横浜一中の流れをくむ、希望ヶ丘高校。その歴史は旧制・二中
(現・横浜翠嵐高校)を凌ぎます。けれど、ここ数年、希望ケ丘生、
なかなか塾に現れません。どうしてるのかな、と思ってたところ、
三学期から希高・男子が横浜教室に来塾。二年生です。

そんな彼が、授業後、相談にきました。なんでも、文法に苦手意識が
あるとか。何度か授業を受けて、打ちのめされたのかもしれません。

読解、文法と続けて受講。てことは、特別なことせずとも、授業を
受けてれば、自然に解決するはず。いきなり本格的な受験勉強を
見せられ、とまどったのかもしれません。

そのショックから、サッサと立ち直り、続けていくことこそ、大切。
早く塾に慣れてもらわなくては、なりません。

朝日
morning sun

慰安婦問題と朝日新聞(4)

昭和五十年代に、詐話師の「元日本兵」を世に売りだし、それまで、
何もなかった慰安婦問題に、火をつけた朝日新聞。昭和六十年代、
慰安婦問題を、ことあるごとに捏造し、エスカレート。

平成三年・八月、元慰安婦が名のりでた、とスクープ。平成四年・一月には、
軍関与の証拠が見つかったと報じました。奴隷狩り、強制連行という報道が、
日本だけでなく、海外に普及。慰安婦=女子挺身隊=二十万人という、
今に続く図式が、こうして、定着。そんな捏造メディア、
朝日新聞が、世に広めた言葉が「従軍慰安婦」。

これは奇妙な言葉です。「従軍記者」「従軍カメラマン」「従軍看護婦」という
言葉は、ありました。これらは、日本軍が予算を付け、募集し、戦地に派遣。
当然、責任も持たねばなりません。

けれど、慰安所は、軍とは直接、関係なく、民間業者が募集、運営。
「従軍慰安婦」という言葉もなく、これは、戦後、作られた造語。

軍が関与しなかった故に、慰安婦の実数は分かりません。
今、全国各地の風俗嬢の実数が、分からないのと同じこと。

実数は分かりませんが、慰安婦の六割以上は、日本女子と推定されます。
朝鮮女子は二~三割。あと、台湾人、満州人・・・当時、この地域は全て、
日本でしたから、各地から慰安婦が集まりました。

朝鮮女子の場合、親に売られた先が慰安所だった、ということも、
あるでしょう。出発前に、親が因果を含めたならともかく、女衒に
売りとばしただけなら、強制的に連れていかれた、
と思ったかもしれません。

とはいえ、私たちが今、忘れてならないことは、当時の朝鮮半島が、
極貧地域だったということ。農業・端境期に、餓死者が出るのは、
当たり前。子供が五、六人いた場合、一家全滅するよりマシと、
末の女子を売ることは、よくあることでした。

日本でも、貧しかった東北地方で、同じことがありました。当時、
合法だった遊郭は、多かれ少なかれ、売られた女子にとっては、
過酷な場所。慰安所だけでは、ありません。

元慰安婦に今、いちいち謝るなら、当時、日本各地の遊郭で苦しんだ
全ての貧困女子にも、謝るべきです。一体、政府が、そんなことを
すべきでしょうか?

しかも、慰安所は遊郭と違い、「危険手当」が含まれましたから、
高給が保証されました。慰安所で数カ月、働いただけで、
家が建ったといいます。

慰安所が戦場に近く、戦闘で死亡した慰安婦が多かったとのなら、
ともかく、そんな事例は一件も、ありません。給料が払われなかった、
遅配されたということも、ありません。慰安婦は奴隷では、ありません。

慰安所で働き、貧困から抜けだした女子も多かったでしょう。そして、
慰安所を胸に秘め、次の世界に踏みだしていったはず。
それは、現代の風俗嬢と同じこと。

メディアの前で泣き叫ぶ、元慰安婦。彼女たちが今、貧困なのは、
性奴隷として搾取されたからでなく、自分で使ったか、親の借金の
肩代わりをしたか、でなければ、女衒にピンハネされたか、のどれか。

気の毒な話ですが、これが、現実。元慰安婦など、教育もなく、すぐに
騙され、人の話を信用。そんなおばあさんの所へ行って、名のりでてください、
あとは全て、こちらで話をつけます、ともちかけたのは、戦後・日本人。
そして、朝日新聞が「強制連行」を大々的に、報道。

けれど、慰安所を利用したのは、間違いなく、日本兵。日本軍が募集、
運営したのでないとしても、全く関係なかったか、と言えば、
そうも言いきれません。

違う民族だったうことで、韓国人、朝鮮人には、恥辱の思いすら、
あるでしょう。ということで、平成七年、アジア助成基金が発足。
元慰安婦には、日本の首相が直筆の手紙を書き、
それなりの資金が渡されることになりました。

ところが、慰安婦問題の解決を阻止したい挺対協。元慰安婦に
資金が渡らないよう圧力をかけ、慰安婦問題は、現在に至ります。

全ての火種は、朝日新聞。今や、海外報道では、日本軍が、朝鮮半島で
処女を二十万人、性奴隷にし、さんざん、もてあそんだ挙句、終戦前、
全て殺した、という話。殺しただけでなく、煮て食べた、とも。

現在の日本人にしたところで、顔はニコニコしながら、その下に獣の心あり、
今も、いつ牙をむくか、分からない。在外邦人は、そんな視線に晒されてます。
どうして日本人は今、朝日新聞に、怒りの声を上げないのでしょうか?

水
water

お茶高の二年生

渋谷教室から帰る田園都市線。急行なら二子玉川駅でドッと降車。
ドア近くにいた私は、とにかく一旦、降りなくてはなりません。と、その時、
呼びとめられました。ふりむくと、お茶高・女子。二年生です。
同じ電車に乗ってたとは。全く気づきませんでした。

私も、彼女も鷺沼まで。動きだした電車。お茶高生、私を見あげて。

先生、"outstanding"ですよ。
え?

その日の文法クラス。「目立った」という英単語が、出てきました。
それが"outstanding"。早速、使ってきました。電車の中で、
私が「目立ってる」と言いたいようです。私としては、
普通にしてるだけなのに。

英単語は、周囲の状況と結びつけて覚えるのが一番。会話で、
覚えた英単語は忘れない、というのは、そういうこと。今回、
田園都市線の車内と結びついた"outstanding"。
彼女も、もう忘れないでしょう。

コーヒーゼリー
jelly

オリビアを聞きながら

JR鎌倉駅・改札を出て、右に曲がると、パン屋。その前で待ってたのは、
教え子・女子。私の塾・一期生。平成十二年ですから、十六年前。
久しぶりに、会う女子。けれど、あの頃の面影は、変わってません。

家は、駅から歩いていける距離。建てたのは、四年前。なんと、フランス風。
日が差しこむリビング、そしてキッチン。床も石造り。二階へは螺旋階段。

小さな頃から、全ての音がドレミ音階で聞こえた、という女子。高三になり、
同級生と話が合うはずもなく、救いを求めるように、私と話すようになりました。
若い英語講師。孤独な音楽女子。それなりの絵では、あります。

彼女は結局、中大に進学。その後、月日は流れ、今回の再会に。
けれど、J-POPの話題で、十六年の月日を飛びこえ、昔のように。

リビングに置かれたピアノ。聞けば、FXで儲けた資金で、このピアノを
買ったとか。さすが、私の教え子。ピアノの前に座った彼女に、
私が望んだ曲は「オリビアを聞きながら」。

出会った頃は こんな日が 来るとは思わずにいた
making good things better いいえ すんだこと 時を重ねただけ
疲れはてた あなた 私の幻を愛したの

横浜教室に行く時間が近づいてきました。鎌倉から横浜へは三十分。
駅まで送るという女子。二人で家を出ました。向うこうから、胸にベビーを
抱えたヤング・ママ。「こんにちはー」挨拶してきます。怪訝そうに、私を
見て「あれ? いつものご主人じゃ・・・」

あ、先生なんです。

思わず、取り繕う彼女。私を見つめるヤング・ママ。ここは、早く
切り上げた方がよさそうです。私たちは、そそくさと駅に急ぎました。

慰安婦問題と朝日新聞(3)

一昨年・八月、朝日新聞が出した謝罪記事。慰安婦・強制連行など、
なかったこと。女子挺身隊と慰安婦は全く別であること。
これらが確認されました。

私は当時、このことで韓国の挺対協は、近いうちに解散するだろう、
と踏んでました。彼らが、よって立つ基盤が、全くの嘘だと、
発信源・朝日新聞が認めたからです。

ところが、挺対協。事実など、意に介しません。年末の日韓合意で、
いきなり登場。猛反対を訴えました。彼らが建設したソウル・日本大使館前の
慰安婦像。違法・建造物ですが、現・ソウル市長は黙認。その撤去は、
実現しそうにありません。

90年代、アジア女性基金が設立された時、元慰安婦に、日本政府からの
保証金を受け取らないよう圧力をかけたのも、挺対協。彼らにとって、
慰安婦問題は、解決してもらっては、困る問題。
既に、多くの利権が発生。

元慰安婦のおばあさんを使って、大声で反日を叫ぶ、挺対協。
陰に陽に、支援する韓国社会。ソウル市街で繰り広げられる、
正視に堪えない慰安婦パフォーマンス。

金銭を伴う男女の営み。それは、古今東西、秘めごととして、なかったことに
するのが、世の習い。なのに、それを声高に取り上げ、ないことまで捏造しながら、
世に広めた朝日新聞。ホイホイと便乗した、しんぶん赤旗。
金になると踏んで、勢力を伸ばした挺対協。

どれもこれも、聞けば聞くほど、卑しい話では、ないでしょうか。

戦場の兵士が抱えた、どうしようもない性の問題。慰安所は、まだましな方。
ソ連に攻めこまれたベルリン、満州。アメリカ占領下の日本。
ベトナム戦争の村々。

韓国人は、胸に手を当て、朝鮮戦争の慰安所、ベトナム戦争の蛮行を
考えるべきです。そんな作業は韓国人には、ムリかもしれませんが、
せめて日本人は、歴史の真実を知り、慰安婦問題を、
愚か者のたわごととして、不問に付すべきです。

反省のかけらもない、朝日新聞。組織存続のために何でもする、挺対協。
「痛切は反省」だの「心からのお詫び」だのを繰り返す日本政府。
こんな負の連鎖は、国民の力で、断ち切るべきです。

金5
Geschichte

神奈総の二年生

三学期がスタート! 横浜教室で、新しい二年生クラス。
そこに神奈総(かなそう)女子。なんとなく見覚えある、名字。
顔だちも、よく見ると・・・

聞いてると、やっぱり。五年前に教えた、お姉さん。中大に進学しました。
そのお姉さんから評判を聞いて、彼女も来塾。私としても、懐かしい。

姉ほど、できないんだけど・・・

そう言う女子。けれど、心配いりません。姉妹で通う場合、妹はいつも、
お姉さんの足跡からプレッシャー。お姉さんの話になると、
ふっと涙ぐむ人まで。

これからの一年間、努力を続け、お姉さんに並びましょう。その努力、
実る時、お姉さんと自分を比べたことが、そもそも無意味だったと
気づくでしょう。そして、良い意味で、追いかけるべき
目標になってくれた、お姉さんに感謝するはずです。

白
white

護憲派の本質

新年早々、中国は南シナ海・人工島に飛行機を飛ばしました。
民間機ということですが、人も住まない孤島に、
何の用があったのでしょうか。

年末には、東シナ海・尖閣諸島の接続水域に、中国・武装船が登場。
これまで、武装船だけは入れてこなかったのですが、
次の段階に入ったようです。

そして、北朝鮮。主席の誕生日に合わせ、四度目の核実験。
北朝鮮・国営放送は実験の成功を高らかに宣言。

一体、これらが武力による威嚇でなくて、何でしょう。

護憲派、シールズは、口を開けば「戦争反対」だの「独裁反対」だの
言ってますが、中国大使館、朝鮮総連に、デモ一つ、かけるわけ
ではありません。昨秋、国会前では、あれほど、
どんちゃん騒ぎをやったくせに。

ここにこそ、護憲派の本質があります。彼らは、共産国の軍備拡大、
人権弾圧、民族浄化については、完全に知らん顔。そのくせ、
ありもしない、日本の悪業については、捏造までして普及。

新しい国際情勢に対応するため、日本が武装しようとすれば、
それこそ、猛反対。結局、護憲派。意識する、しないにかかわらず、
全員、反日の売国奴。戦前のゾルゲ事件以来、ずっとそう。
彼らが、誰を利しているかは、明白。

一体、北朝鮮人や中国人が、日本国憲法の謳う「平和を愛する諸国民」
でしょうか? 私たちは、彼らの「公正と信義」を信頼できるでしょうか?
もし、できる、という人がいるなら、私には、頭がおかしいとしか、
思えません。強盗が隣にいるのに、ドアを窓も、
開けっぱなしにするようなものです。

森2・2
forest

慰安婦問題と朝日新聞(2)

戦場売春は、古今東西、どこでも、ありました。明日も知れぬ兵士にとって、
売春婦との、つかのまの交遊は、まさに、心の支え。売春婦にとっても、
高給が期待できる戦場売春は、貧困から抜け出す方法の一つ。

慰安婦は朝鮮女子ばかりだったイメージがありますが、とんでもない。
大部分は日本女子。軍が募集、運営に関わらなかったので、
正確な数字は不明ですが、六割以上は日本女子と推定。

朝鮮・慰安婦が二十万人、というのは、朝日新聞が平成四年・一月に
流した悪質な捏造。宮澤首相の訪韓・前のタイミングを狙って、朝日新聞は
「軍関与 示す資料」という記事を一面トップに掲載。調査能力ない政府。
宮澤首相は、わけもわからず、訪韓して、ノ・テウ大統領に八回も、謝罪。

この軍関与。帝国陸軍による通達。朝鮮人・女衒による、拉致まがいの
募集をやめさせること。性病が広がらないよう、衛生状況に万全を
期すこと、という内容。朝日新聞は、それを「軍関与」。

しかも解説記事で「女子挺身隊として、強制連行された慰安婦が二十万人。
その多くは終戦前に、殺され、埋められた」と掲載。これが、決定的と
なりました。今も、韓国の教科書には、こう書かれてます。

女子挺身隊は日本国内で、二十万人ほど動員されました。朝鮮半島も、
当時は日本でしたから、朝鮮女子も、動員。その数、五~七万。

けれど、この女子たちは、主に工場動員。男子いなくなった生産現場で、
代わりの労働力として、死にもの狂いで働きました。恋人や夫が、
戦場で、どうなってるか分からない状況。せめて、自分に
できるのは、こんなことしかない、という気持ちでした。

それを、朝日新聞。女子挺身隊を慰安婦と捏造。女子挺身隊が
二十万人だったから、慰安婦も二十万人だったと断定。

終戦前の殺害については、全くの、でっちあげ。どうして、日本国民は今、
朝日新聞を糾弾し、廃刊に追いこもうと思わないのでしょう?

宮澤首相が、目前で平身低頭する様子を見つめたノ・テウ大統領。
後年、メディア・インタビューに答え「慰安婦問題は、日本のメディが
作った問題でしょう」と語りました。日本統治時代を知り、日本語も
堪能だったノ・テウ大統領。強制連行だの、終戦前の殺害だの、
ありえないと、分かってました。

そもそも、二十万人の女子を、どうやって戦場に連れていき、
管理するのでしょう? 昭和十七年からは、前線兵士に
糧秣を送るだけで、大きな負担だったというのに?

昭和六十年から六十四年にかけ「慰安婦問題」を取り上げたメディアは、
七割以上が、朝日新聞。これは、綿密な研究の結果、ハッキリした数字。
つまり、慰安婦問題を作りあげ、煽ったのは、朝日新聞。

朝日新聞の歴代幹部は、存命の者は全て、世界を行脚し、訂正、
謝罪を繰り返し、日本の名誉を回復すべく、自社資金を使うべきです。
それが、彼らのライフワークになるはず。

そんなことは、思いもつかない朝日新聞。彼らの反日は今も、
変わってません。こじれにこじれた、日韓関係。その元凶が、
朝日新聞にあること。もっと、日本国民は知るべきです。

窓
Fenster

個人の金融資産

平成二十七年・三月の日銀・資金循環統計によると、個人の金融資産は、
なんと千六百九十四兆円! 五年ほど前、千三百兆円とかだったわけ
ですから、確実に増加。

個人には、三百六十六兆円の負債もありますが、それを引いても、
千三百二十八兆円のネット資産。これだけで、公的部門の負債を
賄うことができます。つまり、公的部門が負債を作り、それが、
民間部門に流れるしくみ。

国債の新規発行が毎年、四十兆円あり、それがドンドン積みあがって、
千百五十兆円。これだけ聞けば、普通の国民は震えあがるはず。

けれど、負債が生じれば、資産も生じる、というのが会計のイロハ。
負債だけが積みあがる、という状況は、外国から借金した場合。

政府は負債をほとんど国内で消化してますから、政府負債が
生じれば、同時に民間資産も増加。プラス、マイナスはゼロ。

日本に財政問題など、ありません。政治家の国家運営においても、
個人の投資判断においても、長期金利の上昇だの、国家財政の
破綻だのについて、今は全く考える必要ありません。

日本の財政がギリシアのようになる、と言って消費税・増税を
決定した民主党・政権。結局、消費税は5%から8%に上がり、
上昇基調だった日本経済は、停滞。さらに10%まで上げれば、
アベノミクスとて、国民からの信用は、なくなるでしょう。

増税が省益となってしまった財務省。国民生活など、そっちのけ。
今、最大の抵抗勢力です。財務官僚が言う「国の借金が千百五十兆円」
という言葉に、騙されてはなりません。それは「政府の借金」。
国を全体で見れば、政府負債が、同時に民間資産。

消費税・増税など、論外の政策。衆参・同時選挙となるか、
どうかも、その判断にかかってます。

クローバー
economy

慰安婦問題と朝日新聞

昭和五十年代に「元日本兵」と称する詐話師を大々的に取り上げ、
「慰安婦・強制連行」という嘘をふりまいた朝日新聞。話が嘘と
分かった後も、日本軍の「戦争犯罪」を報じ続けました。

平成に入り、大阪本社・社会部の元記者がスクープ。元慰安婦が、
初めて名乗りでたという記事。タイトルは「戦後・半世紀 重い口 開く」。

元慰安婦が「自分は四十円で、親によって妓生に売られた」と証言。
けれど、朝日新聞・元記者、彼女が「女子挺身隊」として、強制的に
連行された、と報道。慰安婦が「性奴隷」とされるのは、ここから。

女子挺身隊は、慰安婦と何の関係もない、戦時、工場労働に従事した
女学生。当時の日本人なら、誰でも知ってること。それを、慰安婦とは。
しかも、親に売られたと、自分で証言してる元慰安婦について。

全国の女子挺身隊が、およそ二十万人と推定されることから、
いつのまにか「慰安婦・二十万人」という、トンデモナイ説に変化。

韓国の「挺身隊問題・対策協議会」(挺対協)。この団体の、
奇妙な名前も、朝日新聞による、この捏造に由来。ソウル日本大使館の
前にある少女像を建設したのも、この団体。アジア助成基金から
支給される額を受け取らないよう、元慰安婦に圧力をかけたのも、
この団体。

挺対協としては、慰安婦問題が解決しては困りますから、いつまでも
活動し続けられるよう、問題が解決しないように、そして、日韓が離反し
続けるように、画策。この団体のバックに、北朝鮮があることは、
インテリジェンスの常識。

さて、朝日新聞・元記者。今頃になって、その捏造がばれ、退職後、
大学への就職を希望しましたが、抗議の電話が殺到し、反故に。
当然でしょう。

この元記者は、韓国に留学し、韓国女性と結婚。この韓国女性の
母親が、反日団体の幹部。こんな家庭状況を持つ人物。

この元記者に限らず、朝日新聞は会社全体として、嘘を流し、
嘘と分かっても訂正せず、日本人を貶め、名誉を傷つけてきました。
今、その嘘が世界中で一人歩きし、多くの在外邦人が、
迷惑を被るありさま。

年末の日韓合意について、朝日新聞はぬけぬけと歓迎記事を
一面に載せましたが、そもそも、こんな問題を作りだしたのは、
朝日新聞。不買運動が起こっても、しかたないでしょう。

ジャガイモ
potatoes

上海株、ストップ安

昨年末から、世界経済の最大問題は、チャイナ・リスク。このブログで、
書き続けてきました。そして、迎えた年始。上海株が月曜日、木曜日、
ストップ安。下落率が7%を超え、サーキット・ブレーカーが、発動。

中国政府は、株式売買に規制をかけ、人民元についても、外貨準備を
取り崩して、通貨防衛。売買が規制される株式市場など、
まともな市場では、ありません。

年始の一週間、NYダウ、日経平均ともに、五日連続の下落。
チャイナ・リスクが顕在化。リーマン・ショックの時、日米の市場は、半値。
今回のチャイナ・ショック。半値といかずとも、三割をめどに、
下落を予想すべきです。

NYダウなら、最高値の三割下落で1万3000ドル、日経平均なら、
1万4000円を覚悟すべき。この下落がイヤなら、いったん、
全てを手仕舞いするのも、一手でしょう。

とはいえ、株式市場の短期予想など、できないもの。そう割り切って、
三割の下落なら甘受し、むしろ、暴落した時、買いに回れるよう、
今、キャッシュ・ポジションを高めておくのも、賢い方法。

いずれにせよ、今、投資姿勢は、中国経済を
どう判断するか、で決まります。

緑もみじ
green

日本の財政状況

日本の対外純資産は現在、三百六十七兆円。平成二十五年・四月、
このブログでは二百五十三兆円と報じましたから、二年半で、百十四兆円の
増加。二位・中国(二百十四兆円)三位・ドイツ(百五十四兆円)を、
大きく離し、トップ。

海外から見れば、日本は世界一、お金持ちの国。しかも、国債、
地方債は国内で消火されてますから、無借金。

世界で何か危機が起きるたび、安全資産として円が買われるのも、
このため。日本の長期金利は現在、0.3~0.5%で、世界最低。それだけ、
信用力が高く、円による資金需要がないことを意味します。

現在、FRBが利上げを進め、日銀は緩和継続。本来なら、ドル高、円安に
なるのが、セオリー。けれど、円高に振れるのは、ドル高による
世界経済への悪影響を懸念してのこと。円は強く、
日本の財政破綻など、可能性、ほぼゼロ。

国債、地方債を合わせた累積額は、千三百兆円。これだけ、見れば、
途方もない額。財政再建が叫ばれ、消費税・増税が決まりました。
民主党・政権の頃。

けれど、公債が発行されれば、国内のどこかに債券が発生。誰かの
資産が増えます。企業の内部留保が三百五十兆円を超え、個人の
金融資産は千六百九十兆円。公債の累積残高を遥かに上回ります。

要するに、日本国内で、公的部門に借金を負わせながら、民間部門の
資産を増やしただけ。インフレ率が一定限度を超えて上昇しない限り、
日本に財政問題の心配は、ありません。むしろ、政府は今、
なんとかインフレ率を2%以上にしようと、躍起。

日本に財政問題など存在しないし、緊縮財政の必要も、ありません。
消費税・増税など、もってのほか。軽減税率の議論も、無意味。

今夏、衆参・同時選挙の可能性が、囁かれてます。私も、そうなると、
予想。その時、消費税・増税が、争点となるでしょう。どんな投票行動を
取るべきか、今から考えておきましょう。

緑
green

企業の内部留保(2)

平成二十五年・十月の記事。このブログで、企業の内部留保を取り上げ
ました。二百三十兆円にもなって、スゴイ額、という話。

けれど、その後、この額は増えに増え、昨年末、なんと三百五十兆円!
年間GDPの七割。国家予算・一般会計の三・五倍。日本企業には、
これだけの余裕ができました。

数千億円の赤字を連続して出したソニー、パナソニック、シャープ、
東芝・・・こうした電機企業が、それでも倒産しなかったのは、
潤沢な内部留保があったから。企業にとって、内部留保は、
まさに生命線。

とはいえ、内部留保の増大は、賃金増額や、設備投資に資金を十分、
回してないことも意味します。安倍首相が企業リーダーを前に、
ことあるごとに賃金増額を要請するのも、そのため。

アベノミクスによって、株価こそ上がりましたが、実質賃金は、横ばい。
家計・消費力は、むしろ低下。アベノミクスは、大企業だけを優遇した、
そう言われて、反論できないでしょう。

これ以上の内部留保の増大は、さすがにマクロ経済には、マイナス。
内部留保に課税、という安易な方法でなく、いかに企業リーダーに、
資金を使う気持ちにさせるか、安倍内閣の腕の見せ所です。

森3・1
forest

田雙の卒業生

青高の卒業生、二人とエレベーター前で待ってたのは、田雙の卒業生。
新宿教室の冬期講習。授業前です。

高校時代、可憐な雰囲気を漂わせていた女子。少し大人になり、
メイクもして、ますます、たおやかに。二年前には
染めてなかった髪も、今はオシャレに。

早大・政経に進学した田雙生。英語については、私が鍛えあげました。
それもあってか、今、国際政治を専攻。冷戦下の政治状況。
英文テキストの読解が必須です。

今、世界は、まさに新・冷戦。シリア問題の背景には、米ロ対立。こんな時、
かつての冷戦を学び直すことは、有意義な作業。私もイチ推し。

早大では学園祭・運営にも、携わってるとか。

だったら、呼んでよ・・・

私がそう言うと「じゃあ、今年は。」教え子、出る学園祭とあれば、
ホイホイと帆かけて見にいく私。今年は、早大で、
彼女の活躍が見れるかもしれません。

早稲田
Waseda

青高の卒業生(3)

新宿教室の冬期講習。授業前に青高の卒業生、二人。男子と女子。
二年前に教えてた人たち。男子は早大、女子は上智に進学。
二人とも、元気そうです。

来るなら、言ってくれれば、もっと早く来たのに・・・

私がそう言うと、二人、言わずに来て、驚かせようと思った、とか。
なんと。すぐに授業が始まるので、まともな話も、できません。
今度、ユックリ話しましょう、とうことで、別れました。

もう二十才も超えた二人。どこかのラウンジで、
話すのも、悪くないでしょう。

塾に在籍中、日本の大学、特に文系の堕落について、私から、
さんざん、聞かされた二人。そんな雑談にも、少しは効果あったのか、
今、二人とも、自分で目標を決め、進めてるようです。

具体的なことは、また今度。お正月のサプライズでした。

御苑
Shinjuku Palais

人民元アービトレージ

中国経済の先行き不安から、外国人投資家が人民元を売って、ドル買い。
昨年からのこと。今は中国人民にも、ある程度、為替取引ができますから、
人民元は、大幅に下落するはず。

ところが、中国は今だ、ドル・ペッグ。昨年、ようやく変動が
認められましたが、上下2%の限度内。

一方、人民元の海外市場。そこでは実勢レート取引で、もちろん、
人民元はドンドン下落。つまり、国内市場・高、海外市場・安。
歪みが生じた場合、市場には是正しようという働きが出ます。
つまり、高いものは安く、安いものは高くなり、最終的に両者は一致。

この是正を利用した取引が、アービトレージ(裁定取引)。
アービトレージこそ、最も確実、最も儲けやすい取引。
歪み是正は、市場の自然作用だからです。

しかし、そんなうまい話が、そうそう転がってるわけでは、ありません。
たとえば、円相場。国内市場と海外市場で歪みが生じても、
その途端、一瞬で解消。アービトレージの余地ありません。

けれど、人民元。暴落してほしくない、という中国政府の意向ある故に、
不自然に高い国内市場が、放置。恰好のアービトレージ。

名うてのヘッジファンド・マネージャーが、この歪みを、見逃すはず、
ありません。人民元を中国・国内市場から猛烈に流出させました。
その規模は、五千億ドルとも。国内市場、海外市場ともに、
人民元は下落。カラ売りをかければ、大きな利益。

人民元が下がり続けると、通貨危機、すなわちキャピタル・フライト
(資本逃避)の可能性も、出てきます。

今年、最大の経済問題はチャイナ・リスク。
昨年から、このブログで、報じてるとおり。

とはいえ、目先のきく人にとって、危機は大きなチャンス。一般人が、
知らないところで、人民元アービトレージを使って、ボロ儲けしてる
人がいることも、知っておきましょう。もちろん、こんなことは、
大手メディアに出ないし、経済学部・教員も教えてくれません。

灯篭
generations

新年のご挨拶(5)

みなさん、明けまして、おめでとうございます。
平成二十八年がスタートしました。

港北ニュータウンのマンション。十一階からは、
晴れ渡った冬空。富士山もクッキリ。
穏やかな年始となりました。

今年も、一緒に楽しいブログを作っていきましょう。
よろしくお願いします。

淡花
New Year

田園調布雙葉高校(20)

田雙・女子が「新年の抱負」というエッセイに挑戦。年末の横浜教室。
「早く自立したい」という内容。「そのためには、アルバイトする必要が
ある」と、つけ加えます。

彼女が言う「自立」とは、もちろん「経済的自立」のこと。今、自宅にいて、
それなりに暮らしてますが、やはり好きにはできません。これからも、
学費、生活費は、親に頼らざるをえず、そんな自分がイヤだとか。

お化粧や、オシャレに人一倍、関心ある女子。そのためにも、お金。
結局、受験勉強しながら、お金の大切さを、かみしめる日々。
そんな日々から、早く抜けだし、自立したい、と望む
彼女の気持ちは、当然。

田雙に十四年間いて、楽しかったと言います。みんなが家族みたいに
なれた、とも。けれど、これ以上、女子校にいるべきでは、ありません。
羽ばたく時です。それは、彼女も、よく分かっているよう。

二年生・春期講習から、来塾の女子。実はクラスで、最古参。
私から二年間、英語の薫陶を受けました。その成果を
発揮するのは、これからです。

浜辺
beach

柏陽高校(2)

年末の横浜教室。冬期講習・最終日、テキスト課題で自由英作文。
百二十字・設定の「新年の抱負」。柏陽・女子が「英語を勉強して、
いろんな国の人と意思伝達したい」と書いてきました。

理系志望の彼女なれば、何か科学について書くのかと思いきや、
なんと、英語。受験勉強を通して、英語が身近になったようです。

理系といっても、情報収集、情報伝達のためには、これから英語が
不可欠。その大切さに気づいたことは、文句なしに、良いこと。

あとは、受験をシッカリ決めて、大学生にならないと。
全て、そこから始まります。

みなとみらい
Yokohama
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ