FC2ブログ

平成の鬼平

「バブル」の定義は「資産価値」の膨張。その意味では1980年代、
日本が経験した株・土地の値上がりは、文字通り「バブル」。
東京の土地でアメリカが買えると言われ、日経平均も3万8000円台。

とはいえ1980年代を通して平均・物価上昇率は1~3%。
緩やかなインフレにすぎません。当時の日本はバブルではあっても、
物価上昇率そのものは健全な範囲。対策を打つべき
インフレではありません。

当時、大蔵省が株・土地の異常な値上がりに対して規制に動いたのは、
正しい判断でした。行きすぎたバブルは抑制しなくてはなりません。
ところが、大蔵省につられる形で日銀も引き締め政策を実施。
市中から日銀券を回収してしまいました。

時の日銀総裁は就任したばかりの三重野康(みえの やすし)。
デフレ政策を掲げました。世間では彼を「平成の鬼平」。

とはいえ当時の日本はバブルではあっても、健全なインフレ。
デフレ政策を行う時期ではありません。それでも実行されたデフレ政策。
その効果はテキメンで、景気は一気に暗転。物価は下落し始め、
今に続く長い不況が始まりました。二十五年間の「平成不況」。

アベノミクスがデフレを吹き飛ばしてくれるかと、期待されましたが、
消費税・増税の決定によって、その期待も収縮。思えばこの十月、
日本は今後、長く影響が続く決定をしてしまったわけです。

マンハッタン
New York

ニコポン政治家

長州出身の桂太郎(かつら たろう)は、首相として日露戦争を指導。
外相・小村寿太郎(こむら じゅたろう)と緊密な連携を取り、
ポーツマス条約にこぎつけます。

開国以来の悲願だった関税自主権を獲得したのもこの頃。その後、
第二次・桂内閣では日韓併合を実現。東アジアにおける
日本の地位が盤石となりました。

桂太郎
prime minister

とはいえ中学・歴史では、桂はほとんど登場しません。この時代、
日本は藩閥政治と政党政治の過渡期であり、そのはざまで苦悩した
桂には、あまり高い歴史評価が与えられませんでした。

山縣有朋に引き立てられながら、のし上がった桂。けれど
首相になってみると、衆議院のバックもなく、頼れるものは
縁故のみ。政友会・総裁の西園寺と交代で政権運営を
しなくてはならなかったのも、その理由によります。

長州閥を除いて、これといったコネがなかった桂。人身籠絡術に
頼らざるを得ません。見込んだ人物にはニコッと笑って、ポンと肩を
叩くのが習い性に。いつしか人は「ニコポン政治家」と揶揄。

桂としてはシッカリした政党基盤の上で、政治活動をしたかった
でしょう。外交で華々しい成果を挙げながら、国内では政友会の西園寺、
原に何となく煙たがられ、国民・支持率もサッパリ上がりません。

結局、桂がどうガンバろうと、政党政治の波は抑えきれず、
大正元年、第二次・西園寺内閣が「毒殺」で崩壊した後、
第三次・桂内閣を組閣するも国民の反対にあい、三カ月もたずに退陣。
世に言う「大正政変」。高校・日本史では「第一次・護憲運動」。
桂に最後の引導を渡したのは海軍の山本権兵衛。

下野(げや)した桂は長年、温めてた新党構想に着手。後に「立憲同志会」
となるこの新党。さあ、船出、という時に、桂が病に斃(たお)れます。
大正政変の波は、やはり相当なストレスだったのでしょう。

「坂の上の雲」でも、伊藤や山縣のパシリみたいに描かれる桂。けれど、
冷静に見つめるなら、日本史での彼の功績は決して小さくありません。
もっと見直されるべき政治家です。桂が設立した立憲同志会は、
桂が斃れた翌年の大正三年、第二次・大隈内閣で、与党として
政治の中央に躍り出ます。

満州事変

昭和六年九月十八日、満州に展開してた帝国陸軍が奉天
(ほうてん:現・瀋陽)の線路を爆破して「柳条湖事件」
(りゅうじょうこ じけん)が発生。第二次・若槻内閣の頃です。

この事件は中央の意志に反して拡大し「満州事変」と
呼ばれるようになります。その後の展開は帝国陸軍の作戦通り。
板垣征四郎(いたがき せいしろう)大佐、石原莞爾(いしわら
かんじ)中佐が指揮しました。

結局、中央も関東軍の独走を追認。翌・昭和七年三月、
満州国が成立。皇帝は溥儀(ふぎ)。

満州国には日本から優秀な若手の軍人・官僚が多く配置され、
「五族協和」のスローガンの下、早急な国作りが進められました。
その早さには調査に来たイギリスのリットンも舌をまいたほど。

軍人としては東條英機、官僚としては星野直樹、岸信介。
満鉄総裁・松岡洋右(まつおか ようすけ)鮎川財閥の鮎川義介
(あいかわ よしすけ)も。五人の名前の下の字を取って、
当時「二キ三スケ」という言葉が流行りました。

とはいえ満州事変。佐官クラスが上層部を無視し、自分たちに
面白い方へ軍を動かす、という先例を作ってしまいました。
官僚がどれだけガンバろうと、満蒙開拓団がいくら努力しようと、
軍の佐官がやりたい放題して、ブチ壊し始めたわけです。

その後の二・二六事件、支那事変、ノモンハン事件など、
全て上層部や中央は反対してるのに、現地の将官・佐官クラスの
判断で決行され、日本を破滅に追いやりました。

日蓮宗への帰依が深く、ある程度、予知力もあった石原莞爾。
上官の板垣がメロメロにされたのも当然でした。けれど石原。
自分の行動が、小粒な後輩たちによって、どう模倣されるかまでは、
思い至らなかったようです。

もみじ2
relaxation

明治十四年の政変

明治十四年に「開拓使官有物・払下げ事件」が発生。
北海道開拓長官・黒田清隆(くろだ きよたか)が官有物を
不当に安く民間に払い下げました。政府が十年かけて
千四百万円を払った物件を僅か三十九万円で売却。

しかも売却相手が黒田と同郷、薩摩出身の五代友厚でしたから、
政府内の汚職として厳しい批判の声が上がりました。批判の急先鋒に
立ったのが元・大蔵卿の大隈重信。折しも憲法論争があった頃で、
この事件は憲法問題にまで発展。

長い時間をかけてプロイセン式・憲法を作ろうと考えた伊藤博文。
早く憲法を制定し、議会を設立しようと画策した大隈重信。
結局、伊藤たち薩長閥が大隈を上回り、大隈は下野(げや)。
薩長閥の力がますます強まります。

とはいえ、大隈がクリーンな正論を述べた印象が残り、
国民の間には大隈人気が高まりました「判官びいき」も手伝い、
大隈への同情は強まります。大隈は下野した翌年の明治十五年、
東京専門学校を設立。これが後の早大になります。

今、振り返ればこの政変。薩長閥の深慮に軍配が上がります。
伊藤たちは十年以内に憲法を作り、議会を開くと約束。
早速、伊藤の欧州留学、その後の憲法作成が始まりました。

憲法の作成作業は、大隈が主張するような「今すぐ」では、
決してできない作業。政変から八年後の明治二十二年、
ようやく大日本帝国・憲法が発布。それから二年後の
明治二十四年、第一回・帝国議会が開かれました。

大日本帝国・憲法は欧州のさまざまな憲法を手本としながらも、
日本の歴史・伝統をシッカリ咀嚼(そしゃく)した上で
作成された、当時の世界でも稀にみる先進的なもの。

この背景には伊藤博文の尽力だけでなく、彼を支えた井上毅
(いのうえ こわし)伊東巳代治(いとう みよじ)金子堅太郎
(かねこ けんたろう)たちの議論と思索がありました。私たちは今、
伊藤+部下三名の、この作業をもっと評価するべきでしょう。

衆議院に予算・先議権が与えられたことは画期的でした。
この先議権によって、明治、大正、昭和を通じ、予算をめぐって、
衆議院が権力を行使。軍部もそれに屈服せざるを得ない時が、
しばしばありました。同時に大蔵省の権力も増大。その権力が
最高に達したのが、井上準之助の時代です。

明治十四年の政変で下野し、人気を博した大隈。
けれど明治三十一年、伊藤、山縣から政権を渡されると、
すぐに板垣・自由党との内紛が発生。結局、大隈内閣は
五カ月もたずに瓦解。薩長閥は鼻で笑ったことでしょう。

思慮深い薩長閥と薄っぺらい自由民権派との違いを
見て取ることこそ、明治十四年の政変が伝える教訓です。

もみじ
Ruhe

ニッカ、サントリー、オールドパー

東京オリンピック直前の1964年(昭和39年)7月。池田内閣・末期の頃。
自民党・総裁選が行われました。現職・池田勇人に挑んだ佐藤栄作。
そしてもう一人、藤山愛一郎。

事実上、池田と佐藤の勝負。吉田学校・出身の二人が一騎打ちする
ということで、世間の注目を集めました。総裁選は公職選挙法とは
関係ありません。というわけで、選挙の背後で莫大な資金が飛び交いました。

さまざまな隠語が作り出され、最も巷間に流れたのが、この言葉。
年配の方なら、覚えてる人もいるでしょう。

二派から資金を受ければニッカ。三派から資金を受ければサントリー。
全派から資金を受け、誰に投票したか分からなくさせればオールドパー。

結果は池田・二百四十二票。佐藤・百六十票。藤山・七十二票。
百票を超えた佐藤の発言力が一気に高まります。この後、池田は
体調を崩し、東京オリンピックを見届けた十月、退陣を表明。
総裁選で一騎打ちを演じた佐藤が後継総裁となります。

もみじ3
red

国家戦略特区

評判の悪かった「解雇特区」はさすがに廃案になりましたが、
安倍内閣が次に打ち出したのが「国家戦略特区」。

いくつか特区を作り、そこで成功した案件は全国に広めていこう、
という政策。しかも、広めていく時には、外国企業の参入も
促すべしという内容。

特区・案件を決める諮問会議には、農水省、経産省などの
当該大臣は出席しないとのこと。出席者は
民間の財界人や学者で構成されます。

この政策の背景に外国圧力を見て取ることは、たやすいでしょう。
当該大臣を締め出してるあたり「民主主義の否定」とすら
言えそうです。

「美しい国」をスローガンに「日本独自の資本主義」を掲げ、
「三本の矢」を実行すると宣言したアベノミクス。

けれど三番目の矢である成長戦略は問題だらけ。
一番目の矢、二番目の矢が、そこそこうまくいっただけに、
この経緯を残念に思ってる人は私だけではないでしょう。

うろこ
October

新・財政協定

欧州各国が現在、採用してる緊縮財政。その背景にあるのが
「新・財政協定」。イギリス、チェコを除く、欧州・二十五カ国が批准。

この協定によると、批准国は国債発行をGDP比0.5%以内に抑えるよう
義務付けられます。特別な事情があった場合もGDP比1%まで。
マーストリヒト条約と違い、違反した場合の罰則規定があります。

協定の旗振り役は、もちろんドイツ。リーマン・ショック後の
国債増発、紙幣増発に危機感を抱き、財政均衡を欧州に
広めねばならないとばかり、この協定を提唱。

第一次・世界大戦後、猛烈なインフレが発生し、塗炭の苦しみを舐めた
ドイツ国民。財政均衡へのDNAが埋め込まれました。収入の範囲内で
支出をやりくりする財政均衡・政策。それは堅実な政策です。

アメリカ・共和党の一派「茶会党」が主張してる「小さな政府」が目指してる政策も、
これ。財政均衡は、ゆくゆくは金本位制にもつながるでしょう。

しかし、南欧諸国は不景気と高い失業率に苦しんだまま。そんな状況で
緊縮財政を実行すれば、さらなる解雇と増税が待ってます。それは日本で
1930年代、濱口内閣が、時の状況を考えずに金解禁を実施し、
不景気を招いたことと似てます。

プライマリー・バランス均衡は、まっとうな政策。しかし、政治の常ですが
「いつも正しい」政策などありません。新・財政協定は現在、ドイツの
堅実イデオロギーによって南欧諸国を苦しめてます。

秋の夕日
sunset in autumn

昭和電工事件

戦後・三年経った1948年(昭和23年)のこと。
昭和電工が時の政府高官に賄賂を贈ったとされる事件。
「昭電疑獄」(しょうでん ぎごく)とも呼ばれます。

六月に発覚。九月に逮捕が開始。大蔵省・主計局長だった福田赳夫
(ふくだ たけお)や党人・政治家の大野伴睦らが逮捕。福田は
主計局長まで上りながら、次官にはなれませんでした。

民主党の芦田均(あしだ ひとし)内閣は、この昭電疑獄で退陣。
日本社会党の片山内閣、民主党の芦田内閣は、それぞれ
七カ月ほどしか、もちませんでした。

当時の与党は日本社会党、民主党、そして国民共同党。
社会党、民主党の退陣後、国民協同党・幹事長だった三木武夫に
首相の座が回ってきそうになりました。

マッカーサーが二度に亘ってGHQに三木を呼びつけ、
芦田の次を担当するように説得。これが実現してれば、
三木は伊藤博文、近衛文麿を抜いて、史上・最年少の首相。

ところがここで三木は「憲政の常道」を引用して固辞。
与党が不祥事で退陣した場合、総選挙が筋だと主張しました。
マッカーサーも言い返せず、結果、野党だった自由党に
政権が渡り、第二次・吉田内閣が誕生。

昭電疑獄の背景にはGHQ内の路線対立があったと言われてます。
吉田内閣を阻止したかった民政局のホィットニーやケーディス。
三木に首相の座が回ってきたのも、彼らの根回しがあったからでした。

そして彼ら民政局と対立する参謀・第二部のウィロビー。
第二次・吉田内閣の誕生によって民政局は影響力を失い、
代わって参謀・第二部が影響力を強めました。

飛行機1
airplane

法人税・減税(2)

打ち続くデフレの暗澹たる時代。学校教員や大企業・社員をしながら、
日々、ボンヤリ生きてる人には信じられないかもしれませんが、
現在、日本にある民間企業の約七割が赤字。黒字企業は、三割ほど。

赤字企業の大部分は中小企業。その中小企業にとって3%の増税は、
ズシンと響くはず。まともな経営者なら、数%を工面することが
いかにタイヘンか身にしみて分かってるでしょう。

消費税の代わりに、と安倍内閣が言い出した法人税・減税。
けれど現在、七割の赤字企業には関係ない話。赤字だから、
法人税も払っておらず、減税の恩恵を受けることもありません。

消費税・増税は、苦しい中小企業にも容赦なく課せられます。
華々しく始まったアベノミクスでしたが、ここに来て、その本質が
露(あらわ)になってきました。これでは小泉内閣と全く同じ
「民営化」「規制緩和」の名を借りた弱者イジメ。

三割の黒字企業は好調な企業。円安を背景に輸出を伸ばした企業も
多いでしょう。そんな勝ち組には恩恵を施し、負け組はさらにいじめる。
そんな政策が長続きするはずありません。

今、小泉時代を思いかえして「いい時代だったな」と思える人は、
大企業・社員か公務員。でなければ投資家。大部分の人は
「そう言えば、あの頃から生活が苦しくなった」と思うはず。
そう学習してる日本人がアベノミクスを批判的に
見始めるのは、当然のことでしょう。

金4
Geld

日経平均の上限

日経平均の先週・終値は398円下がって1万4088円。
再び1万4000円割れが見えてきました。消費税・増税によって、
日経平均には1万5000円で蓋がされてしまいました。
私は以前の記事でそう書きましたが、予想通り。
1万4700円で天井を打ち、下がり始めました。

とはいえ日経平均は神経質な動き。カラ売りをしかけようにも、
適当なタイミングが掴めません。

明日から始まるマーケット。じっと見てれば、明らかなサインが
いつか出るでしょう。それを見落とさないことが大切です。
私もこのブログで、逐一、報告していきましょう。

貨幣5
money

ユーロと国際金融のトリレンマ

「国際金融のトリレンマ」という法則があります。

固定相場制 自国の金融政策 資本移動

この三つを同時に実行することはできません。例えばユーロを考えて
みましょう。ユーロでは固定相場制と資本移動を認めてますから、
自国の金融政策を取ることができません。

二年前に始まった欧州金融危機。日本のメディアは今、ほとんど
取り上げませんが、今だその傷は癒えてません。ギリシア、スペイン、
イタリアなどの南欧諸国では今も、失業率が25%前後。
若年層だけ取れば50%を超える国ばかり。

若者の二人に一人が失業してる国で、よく政府がもってるものだ、
と日本人なら思うことでしょう。そう。欧州は今も、危機的状況。
普通なら、ここまで景気が悪いと、自国通貨を大量発行して、為替と
金利を下げ、投資を促し、輸出競争力を出すという政策が定石。

しかし共通通貨ユーロという縛りがある故に、当たり前の政策を取ることが
できません。結果、南欧諸国は赤字を減らすための緊縮財政しか
政策がなく、国民は高い失業率に苦み続けてます。

ユーロは大きな実験でしたが、完全に破綻。本来なら「ユーロ離脱」という
話題がとっくの昔に出てもおかしくないのに、メンツにこだわって、
どの南欧諸国も言い出せないまま。これも日本人には
理解しにくいところ。

南欧諸国では非効率な公企業を効率的にしようとして
「規制緩和」や「民営化」が始まってます。この状況こそ、
外国資本がレント・シーキングをしかける絶好の状況。

南欧諸国は日ごとに疲弊。その隙に外国資本がドンドン儲ける
状況が始まってます。日本で行われた「郵政民営化」を
思い浮かべれば、簡単に理解できるでしょう。

貨幣4
finance

セイ法則

セイ法則とは一言で言うと「供給が需要を創造する」という法則。
もっとシッカリ定義すれば。

諸財の超過需要の和は、恒等的にゼロ。

社会全体では需要不足(超過供給)はなく、どこかで需要不足があれば、
別などこかで必ず超過需要(供給不足)があり、均衡する、というもの。

仮説にすぎず「法則」と呼べかどうか疑わしいのですが、この法則が
古典派・経済学の叩き台となったわけですから、一度は見といた方が
いいでしょう。ちなみにセイは十九世紀・前半、フランスで活躍した経済学者。

経済を「供給」観点から見るセイ法則では、どこかで必ず供給不足が生じます。
それ故、供給を増やせば増やすほど、需要も増大。戦前、阪急鉄道を設立した
小林一三(こばやし いちぞう)は「乗客は電車が創造する」と豪語。
まさにセイ法則を実行。

失業者も理論上、いなくなります。働いた分、需要も増えるわけですから、
完全雇用となります。もちろん職種のミス・マッチは起きるかもしれませんが、
探せば、職は他にいくらでもあります。セイ法則によれば、
失業者は全て「自発的・失業者」。

とはいえセイ法則。インフレ時には当てはまっても、デフレ時には、
全く当てはまりません。供給が増えても需要が増えず、
失業者が増大するだけだからです。

ここ二十年の日本の状況を考えれば、明白でしょう。法科大学院を
設立して、弁護士の数を増やしました。弁護士の数を増やせば、
その分、弁護士の仕事が増えるかと思いきや、
ニート弁護士ばかりが創造されました。

セイ法則の欠陥を糺(ただ)そうと、登場したのがジョン・メイナード・ケインズ。
ケインズは供給の増大より、国民所得を増大させるために有効な
「需要」を創造する方が大切だと説きました。

供給が過剰となったデフレ期には、重要創出こそ、雇用を生み出し、
失業者を減らす方法だと主張。この理論が大恐慌時、さまざまな場所で
応用されたことは有名でしょう。

一時は「古くさい」と扱われてたケインズ理論。セイ法則を土台とする
新自由主義・経済学が疑われるにつれ、今、見直されつつあります。

貨幣2
money

トリクル・ダウン理論

英語で"Trickle Down Theory"と言います。
「トリクル・ダウン」とは「滴り落ちる」ぐらいの意味。

新自由主義・経済学ではよく使われる用語で、小泉内閣の時、
盛んに言われてました。法人税・減税が話題になるにつれ、
再び、脚光を浴びてる理論。

分かりやすく言うと、社会のさまざまな規制を緩和し、
競争力ある企業に有利な状況を作れば、その企業が潤い、
その利潤が社会の隅々に滴り落ちるという理論。

規制緩和や減税を正当化する時に使われます。大企業が儲かると、
社員の給与が増え、その給与を使って、消費を行い、その消費によって、
さまざまな分野での所得、雇用が生まれる・・・

けれど現在の日本のように、大企業が利潤を設備投資にも給与にも
反映させず、ひたすら内部留保に回してる状況では、トリクル・
ダウン理論もサッパリ通用しません。むしろ強者を優遇し、
弱者をいじめるだけの理論となってます。

金1
harvest

三木武吉

金丸信(かねまる しん)や青木幹雄(あおき みきお)など、
首相や大臣を目指さず、影に回った自民党の大物政治家たちは
「三木武吉みたいですね」と言われることを何より名誉にしたとか。

では三木武吉(みき ぶきち)とは、一体どういう人物なのでしょうか?

武吉は1884年(明治14年)香川に生まれます。頭が良かった武吉は
高松中学(現・高松高校)に入学。しかし二年生の時に同級生と
「うどん食い逃げ事件」を起こして退学。

その後、京都の同志社中学に進みました。しかし、ここでも
乱闘事件を起こして退学。やむなく上京することに。

上京後は羽目を外さず勉強し、東京専門学校(現・早大)を卒業。
その後、政治家を志し、憲政会から衆議院に立候補して当選。
国政に参加します。

当時は原内閣。蔵相は高橋是清。軍縮機運が高まり、高橋蔵相も
国会答弁で軍縮を主張「陸軍・十年、海軍・八年と申しまして・・・」
軍備には時間がかかることを訴えようとすると。

ダルマは九年!

若いヤジが飛び、高橋蔵相も原首相も大笑い。同じ憲政会のリーダー、
謹厳実直で知られる加藤高明や濱口雄幸も爆笑。このヤジの主こそ、
当選間もない武吉。やがて「ヤジ将軍」の異名をと取るまでに。

武吉が名を馳せたのは大東亜戦争後、十年経った保守合同。
当時、保守勢力は吉田茂の後継者・緒方竹虎(おがた たけとら)
が率いる日本自由党と鳩山一郎が率いる日本民主党。

この二つの政党に力がなく、日本社会党がついた方が勝つという状況。
政治のキャスティング・ボードを社会党が握ってたわけです。

この状況に危機感を抱いた武吉。鳩山の日本民主党に所属。
自由党との合同が不可欠と悟り、自由党・実力者、大野伴睦
(おおの ばんぼく)と交渉に入ります。もともと武吉は公職追放組。
追放を逃れた伴睦とそりが合うはずありません。

しかし六十回に及ぶ交渉の末、伴睦と合意。自由民主党の結成に
こぎつけました「義理と人情」で知られた大野伴睦。

伴睦 殺すにゃ 刃物はいらぬ 天下国家を 言えばいい

武吉もひたすら「天下国家のために私情を捨てる」と説きました。
こうして1955年(昭和30年)11月22日「保守合同」が成立。
自民党の時代が始まりました。別名「55年体制」。
生涯の仕事をやり終えて、武吉は翌1956年に死去。

「自主憲法制定」「自主防衛」を夢見た武吉。
ホンとはもう十年、政界のフィクサーとして活躍し、
日本の真の独立を達成したかったことでしょう。

空2
sky

五品目の関税撤廃を検討

TPP交渉で日本が聖域とした分野が五品目あります。米、麦、肉、乳製品、
砂糖原料。これら五品目の関税については、撤廃は断固許さない、
と自民党はこれまで主張。昨年末の衆議院選挙でも
「交渉離脱も辞さない」と息巻いてました。

ところが今月、インドネシアで行われたTPP交渉。自民党の西川公也
(にしかわ こうや)TPP対策委員長は五品目についても関税撤廃
できるかどうか検討すると発表。トンデモナイ公約違反。

今年になって、囃(はや)されたアベノミクス。消費税・増税に加えて、
さまざまな分野で綻(ほころ)びを見せ始めてます。この状況が続けば、
現在は七割ほどの支持率も、やがて五割を切る状況となるでしょう。
アベノミクスによる円安、株高を見て、その将来に期待した私も、
そろそろ評価を変えねばなりません。

空1・1
sky

日米自動車交渉

今月、行われたTPP日米・自動車交渉。安全基準について合意に達する
ことができませんでした。アメリカは日本に、自動車・安全基準を
もっと緩和するように要求。日本の安全基準がキビしすぎるので、
アメリカ車が日本市場で売れないと主張。

もちろん日本としては、こんな主張を呑むわけにいきません。
今回の交渉は見送りとなりました。とはいえ、自動車の安全基準。
そんなことを一体、外国にとやかく言われるべきでしょうか?

TPPが結局、主権問題である理由もここにあります。食物の安全基準、
自動車の安全基準、環境基準、これらは全て、自分たちで決める問題。
なのに、統一基準を外国に決められてはたまったものではありません。

どの分野においても、日本の安全基準は世界トップ・レベル。
それだけ安全な暮らしができるということです。
外国の低レベルな基準など必要ありません。

小説表紙
forest path

企業の内部留保

現在、日本企業が抱える内部留保は二百三十兆円。スゴイ額です。
この前まで二百二十兆円と言ってましたから、ドンドン膨らんでます。
要するに、企業が設備投資にも配当にも使わない銀行預金が
増え続けてるということ。

海外投資も加速。国内で有望な投資先を見つけられない日本企業は
投資先を海外に移してます。もちろん、それによって
資金が海外に流出し、国内で循環しません。

消費税・増税の代わりに法人税・減税を画策してる安倍内閣。
けれど法人税を減税しても、内部留保や海外投資、
そして株主への配当が増えるだけ。

国内での投資、雇用、そして消費に回りません。
減税するならするで、投資や、雇用にシッカリ結び付くよう
法や規制を定める必要があるでしょう。

秋の多摩
autumn

お茶の水女子大学附属高校(4)

渋谷教室にお茶高生。今年最初の合格報告。聞けば慶大・法の推薦入試に
合格したとか。私大・志望者として、これ以上の結果はないでしょう。
慶大・法は政治学科、法律学科に分かれます。法律学科に
決めてるとのこと。

資格を取る、取らないに関わらず、法体系をシッカリ頭に叩き込んでる人は、
どこへ行っても強い。彼女も、それを分かっての選択なのでしょう。
さあ、新しい勉強のスタートです。

並木道
avenue

横浜雙葉祭2013・ロミオとジュリエット

文化祭、盛り上がりませんよ。

歴代・横浜雙葉の教え子たちに、これまで何度言われたことでしょう。
とはいえ第五十一回・雙葉祭が土・日で開かれるとあって、
行ってみることにしました。

東急・東横線の終点、元町・中華街駅。出口を出ると、
元町通りの終点。フランス坂を上がって行くと「港の見える公園」。
私が横浜で最も気に入ってる観光スポット。そこから外人墓地へ
歩けば、やがて横浜雙葉の正門が見えてきます。

正門を入ると左にテニス・コート。やがて正面玄関。
左が北校舎。一階が中一、二階が中二、三階が中三のクラス。
中庭を挟んで南校舎。今度は一階が高三、二階が高二、
三階が高一のクラス。一通り校舎を見てから、
向かったのは道路を隔てた講堂。

音楽部によるミュージカル「ロミオとジュリエット」が始まります。
十六世紀イギリスで活躍した劇作家ウィリアム・シェークスピア。
この時代、まだ市民革命は行われておらず、人々は運命に
縛られて生きてました。

そんな中、街を二分するモンタギュー家とキャピュレット家。
それぞれの家に生まれ、敵の家に生まれた相手を好きになる
ロミオとジュリエット。二人の悲恋を横浜雙葉生が演じます。

ロックっぽいBGM。背が高く足の長いロミオ。青い服を着て登場。
横浜雙葉にも、こんなボーイッシュな女子がいたのですね。

そして小さな、愛らしいジュリエット。けれど、か弱い女子では
ありません。小さな体からは思いもよらない力強いセリフと歌声。
よっぽど練習したのでしょう。

命を償う代償を 誰かが支払わねばならない

そんなコーラスが流れます。やがて二人の死。
それを取り囲む両家の人々。二人の犠牲を契機に、
憎しみの愚かさを悟り、和解へと歩み寄ります。

大きな拍手。アンコールに応えるキャストたち。普段は地味な
横浜雙葉生も、やる時にはやるのですね。照明、音楽も
申し分なく、高校生の演劇としては最高級の出来栄え。

見にきた小学生・女子も、カッコイイ先輩の姿に触れ、
心密かに受験の意志を固めたことでしょう。

朝の光
morning light

米国債デフォルト(2)

自国通貨で国債を発行し、中央銀行がそれを買い上げることができ、
しかもインフレではないアメリカ。米国債がデフォルトする
可能性は、ほぼゼロ。同じことは、財政再建の名の下に
消費税・増税を決めた日本にも当てはまります。

アメリカ議会は現在、上院・下院がねじれ状態。
上院・与党の民主党は債務上限を引き上げる法案を可決。
しかしそれを下院・与党の共和党が否決して予算が組めない状態。

結果、アメリカでは数週間に亘って、一部の政府機関がストップ。
インドネシアで開かれたAPEC(アジア太平洋・首脳会議)に
オバマ大統領が出席できなかったのも、この理由によります。

最終的には下院・共和党が暫定予算・成立に協力。政府機関も
業務を始めました。実はこれまで債務上限・引き上げは七十回以上、
行われてて、何の問題も発生してません。

本来は、大したことのない債務上限・問題。それをめぐって紛糾する
アメリカ議会。まさに「不毛」の一言。メディアは大きく
取り上げましたが、重視すべき話題ではありません。

夜景
night scene

小田原高校

町田から小田急線に乗れば五十分ほどで小田原駅。
このまま乗ってれば、箱根湯本まで連れてってくれますが、
今日はここで降りましょう。西口を出ると、ターミナルの向こうに
大きな武将の像。北条早雲(ほうじょう そううん)です。

早雲は「戦国の風雲児」と呼ばれ、さまざまな奇策で、のし上がり、
今川氏に代わって相模を治めるまでになりました。その後、北条氏は
五代に亘って勢力を拡大し、やがて「関八州」を支配。

百年に及んだ、北条氏・支配は豊臣秀吉が1590年(天正18年)に
天下統一するまで続きました。この北条攻めの時、秀吉は徳川家康に
北条後の関八州を任せます。家康はこれを承諾。住みなれた
三河、駿府を明け渡し、江戸に本拠を定めました。

早雲像を見ながら、左に曲がると、すぐに城山中学校。そばに坂道。
上り坂はやがて階段に。これがけっこうキツイ。地元では「百段坂」と
呼ばれてます。上まで上がると、もう小田原高校のグラウンドが左に。
神奈川の県立高校で地元では「小田高」。

神奈川二中を前身とする名門。設立は1901年(明治34年)。
横浜に神奈川一中が設立された後、二中が小田原に決まったのは、
当然の成り行きだったでしょう。明治期になっても、小田原は
交通の要所。地域の秀才をシッカリ教育することは急務でした。

正門を入ると、左に「堅忍不抜」「至誠無息」が彫られた石碑。
目の前は玄関。受付を済ませましょう。校舎は新しい三階建て。
2007年(平成19年)築。グラウンドの向こうは相模湾が一望。
キツイ坂を上ったかいがあったというもの。
ただしグラウンドは広くありません。

この場所全体が、かつてグラウンドだったようで、
そこに新しく校舎とグラウンドを配置したことにより、
手狭になったようです。

神奈川の県立高校らしく、小田高も部活動が盛ん。陸上競技部、
少林寺拳法部は、毎年のようにインターハイに出場。
男子・女子のソフトテニス部も強く、関東大会の常連。

昨年の進学実績では横国15名。早大67名。慶大19名。
進学先の圧倒的多くはMARCH。西湘の秀才を集めたとはいえ、
やはり限界が見えます。

大物OBとしては河野一郎を挙げることができるでしょう。
河野は大東亜戦争が終わって十年経った1955年(昭和30年)
三木武吉(みき ぶきち)と共に鳩山一郎(はとやま いちろう)を推し、
自由民主党を設立。長く続く自民党政治の基礎を築きました。

神奈川に強固な地盤を作り上げた河野。神奈川はやがて
「河野王国」と呼ばれ、その地盤は息子・洋平、孫・太郎が
引き継いで、現在に至ります。

さて小田高。文化祭では二年生・三年生クラスがオリジナル劇を
披露するとのこと。聞けば、六月。都立高校の文化祭とかぶることも
ありません。来年六月には私も小田高に足を運んでみましょう。

西湘の雄大な海。向こうに見える三浦半島。新しい校舎。
そして長い伝統。小田高には今後も要注目です。

森と自転車
forest and bicycle

私の祈り

去っていく男子に「恨んだりしない」と呼びかける女子。アリラン以降、
このモチーフは「恨」(ハン)文化に受け継がれ、K-POPにも継承。
BoAがバラードで「ハン」を取りあげても、フシギではありません。

私は今日も寝る前 少しのお祈りする
どうか あなたを消せる知恵を下さい 切実に願う心で

別れで痛む私の心が 他人にまちがいを起こさないように
傷を与えた彼を 許せる心を与えてください たとえ弱くて
欲張りな私でも 私のために小さな声で言ってください

(Just let it go) 今は聞こえる It's alright It's OK 少しの間だけど
痛みは消えるでしょう 私の胸が潰れても いつかは
良い思い出になるでしょう

とてもサビしくて辛い時 私を慰めてくれる彼らを祝福してください
私たちの仲を引き離そうとした彼らに 悟らせてください

(Just let it go) 今は聞こえる It's alright It's OK 少しの間だけど
痛みは消えるでしょう 私の胸が潰れても いつかは
良い思い出になるでしょう

あなたを忘れるために こんなにお祈りするのは あなたが嫌いに
なったからじゃない この痛み終わらないかと思って祈ったのよ
(I can't let it go) It's alright  去ってしまっても 他人に出会っても
私の胸が潰れても 新しい心をもらえるように This is my prayer

英語が挟まれてても、モチーフは間違いなくアリラン。ずっと中国の
属国だった朝鮮半島。自己実現だの自由恋愛だの、できるはずも
ありません。人生、おしなべて不幸。その人生をじっと見つめる時、
キー・ワードとなったのが「恨」(ハン)。

朝鮮半島が、どうしようもない属国状態から何とか抜けだし、自分たちの
運命、未来を自分たちで選択する、という明るい希望を持ち始めたのは、
日本統治時代になってからです。

Love Letter

BoAにはこんな穏やかな曲もありました。匿名ラブレターを受け取って、
心揺らす女子の内面。こういうテーマは、時代、地域を超えて普遍的。
まずは、歌詞の和訳から。

誰だろう 私の引きだしに とっても注意深く 手紙が入れてあった
名前もないその手紙の中に ただ「好きだよ」て一言が書かれてた

誰がこんな冗談をしたのかな ううん そうじゃない 私が思ってる
あの子じゃないかな ひょっとして 私の心が聞こえたのかな

あなた 気持ちを全て言ってみて (Say Love You) ホンとに
あなたのこと好きよ あなたも私だけを ずっと好きだったって
言ってくれなきゃ

私の気持ち 全て話したら あなたも同じって言ってくれるかな
会いたい気持ちで流れる涙 ガラス瓶に入れて見せてあげようか
今 こんなふうにあなたを思って あなたは頷いてくれないかな

あなた 気持ちを全て言ってみて (Say Love You) ホンとに
あなたのこと好きよ あなたも私だけを ずっと好きだったって
言ってくれなきゃ

私の心にあるあなたの声は「好きだよ」 とても嬉しい 何度も涙が
こぼれるだけ 手紙一枚に あなたが込めた言葉に涙が出るのよ

あなた 気持ちを全て言ってみて (Say Love You) ホンとに
あなたのこと好きよ 私の心にある あなたの声は「好きだよ」

BoAと言えば、ビートのきいた曲で明るいダンス、というイメージ。
けれどこんなシットリしたバラード。彼女の歌唱力、
存分に生かされてます。

法人税・減税

消費税・増税と同時に、相殺する形で法人税・実効税率の引き下げが
議論されるようになりました。引き下げが可決されれば、
国民から徴税して大企業は優遇する、という
アベノミクスの哲学が明らかになります。

さすがに自民党・税制調査会で可決されませんでしたが、
決定を十二月まで引き延ばしただけ。もし十二月に可決されれば、
弱者に犠牲を強いて、強者を甘やかすことになります。
それで良いのでしょうか?

安倍内閣には発足当初から「大企業・富裕層の優遇」という
イメージがありました。今年・年初に書いた通りです。

その後、大胆なリフレ政策が奏功し、恩恵が国民全体に
行き渡るかと一瞬、思われました。思えばアベノミクス、
久しぶりに、良い夢を見せてくれたものです。

けれど消費税の増税・決定。法人税の減税・検討。
失望した国民は、多かったでしょう。

気球1
baloon

原敬

受験だの大学だのと全く無縁に生きてても、小・中学校のどこかで
「平民宰相・原敬」という名前を聞いたことがあるでしょう。

薩長閥が強かった中央政界で、当時、岩手出身にもかかわらず、
頭角を表し、やがては爵位を持たない身で首相に登りつめた原敬
(はら たかし)「はら けい」と呼ばれることもあります。

政治家としてのキャリアは1900年(明治33年)に始まります。
外務省に出仕し、外務次官まで上り、その後、毎日新聞社・社長を
務めた原。伊藤博文が設立した立憲政友会に幹事長として加わります。

1902年(明治35年)には盛岡から衆議院選挙に立候補して初当選。
原は政党の力をバックに利権政治を実行。選挙区に鉄道を敷き、
その利権の代わりに政治力を拡大する、という手法を取りました。

日露戦争後、外国との戦争が遠のいたと思われたこの時代、
原の説く利益誘導型・政策は国民の心を捉えました。言ってみれば、
原こそ、田中角栄に代表される金権政治の原形を築いた政治家でした。

当時、元老として権力・頂点に立ってた山縣有朋(やまがた ありとも)。
長州閥・山縣にとって、利権を盾にのし上がる原は、目触りな限り。
しかし子飼いの桂太郎が大正政変で倒れ、最後の切り札、寺内正毅
(てらうち まさたけ)も米騒動で首相の座を追われます。

原は首相になる以外の全ての道を、周到に潰してました。
政敵であっても山縣への心遣いも欠かさず、ついに1918年
(大正7年)首相に就任。政友会への国民の支持も絶大。

政党政治が確立し始めたこの頃、議会で多数派を握る政友会は、
予算を円滑に通過させることができ、それによって国政と軍を掌握。
政党が軍に優越し始めました。軍が政党政治を本格的に潰しに
かかるのは、もっと後のことです。

その意味では、原内閣は、平和な政党政治を実行した最初の内閣。
秘密政治や恐怖政治でない政党政治。もう一つの面は金権政治。
原内閣には汚職スキャンダルが絶えませんでした。

金権政治の批判をよそに、原は三年以上、首相を務めました。
暴漢に襲われることがなければ、原内閣はもっと続いたでしょう。
1921年(大正10年)11月4日、遊説に向かおうと東京駅に
立った原に、暴漢が接近。恐らくプロ。一撃は確実に
原の心臓を貫きました。原は即死。

原敬
prime minister

この時、原の身辺に危険が迫ってたことは明らかだったのに、
なぜ警備が手薄だったのか、今も歴史の謎として残ってます。
司法解剖に運ぼうとした警察を、妻・浅(あさ)が制止。
涙一つこぼさず、気丈に、原の乱れた衣服を整えた浅は。

もう総理ではありません。宅へ運んで下さい。

政治活動の激務の中、誰にも理解されず、ひっそり足を運んだ新橋の店。
そこで原が見初めた芸妓が浅でした。彼女も東北の貧しい家の出身。
全く身分違いだったにもかかわらず、原は誰にも打ち明けられない
苦悩を浅に伝えました。浅も、その気持ちにシッカリ応えます。
二人が伴侶となったことは必然だったでしょう。

原を失った政友会。後を高橋是清が首相となって引き継ぎますが、
利権に縁のない是清。半年も経たないうちに、政友会は分裂。
この後、三代に亘って日本の政党政治は頓挫します。

井上準之助

東京帝大・法から日銀に入行した井上準之助(いのうえ じゅんのすけ)。
卓越した実務力、実行力でメキメキ頭角を表します。三十代で大阪支店長、
営業局長、ニューヨーク支店長を歴任。

1919年(大正8年)日銀・生え抜きから初の総裁就任。それまで日銀総裁は
大蔵省からの天下りか、三菱からの派遣。そこに、生え抜き総裁の誕生。
井上の力を、誰もが認めたからこその快挙。

1923年(大正12年)関東大震災の復興にあたった第二次・山本内閣。
井上はこの時、山本に請われて蔵相に就任。この時の内閣では、内相・
後藤新平の活躍が、今もよく語られます。しかし蔵相・井上の、
金融面からの震災復興も、見逃してはいけません。

震災の報を聞くやいなや、井上蔵相はモラトリアムを発表。全ての
金融決済の「猶予」を宣言します。これで多くの中小企業が救われ、
結果的に金融暴動も抑えられました。

この手腕を見た高橋是清。後に1927年(昭和2年)政友会の田中義一・
首相に請われて蔵相を引き受けた時、日銀総裁に井上を指名。

当時は金融恐慌の時代。難局を乗り切るため、大蔵省の相方である
日銀総裁には、井上しかいないと見込んでの抜擢。井上としては、
二度目の総裁就任。

後の政策対立から、対照的に論じられる是清と井上。けれど、真っ向から
対立したのは、昭和恐慌時だけで、それ以前は、お互い、相手の力量を
十分に認めあう師弟のような間柄。ここを見落としてはいけません。

さて、1929年(昭和4年)民政党・濱口内閣が発足すると、井上は蔵相として
再入閣。井上はそれまで政友会に所属してましたが、蔵相就任と同時に、
民政党に入党。このサプライズが当時、話題を呼びました。

濱口、井上のコンビは同年9月、かねてより国際社会から要請されてた
金解禁を発表。インフレ懸念の払拭、通貨の信認を訴えます。

とはいえ10月にニューヨークで大恐慌が発生して、その影響が世界に
飛び火。これを理由に金解禁を延期、停止することは可能でした。しかし、
濱口、井上にとって金解禁はイデオロギー問題。状況しだいで、
どうこうする話題ではありません。

この状況を見て東洋経済新報の石橋湛山(いしばし たんざん)は
「嵐の前に雨戸を開けるようなものだ」と猛烈に批判。
しかし濱口、井上は聞く耳を持ちませんでした。

1930年、予定通り、金解禁を断行。やはり予定通り、円高が進行し、
輸出産業に大打撃。景気が極端に悪化し、東北農村で身売りが続出。
この時の政策は、今も失政と語られてます。

その後、濱口が凶弾に倒れ、後継の第二次・若槻内閣が満州事変を
収拾できず、1931年(昭和6年)12月13日、犬養内閣が発足。政権が
民政党から政友会に戻りました。

犬養内閣・蔵相の是清は即座に金解禁を停止。井上のメンツは丸潰れ。
是清は大幅なリフレ政策を実行し、景気回復への道を開きました。

昨年からのアベノミクスが、この時の政策に酷似したことから、
是清、そして湛山の名前が巷間、よく語られてます。

巻き返しを図る民政党・井上。状況しだいでは将来、首相を狙える地位に
ありました。しかし1932年(昭和7年)2月9日、本郷の小学校で遊説中、
血盟団員によって背中から撃たれ、斃(たお)れました。

家族は生前の借金が出てこないか、真っ先に心配したとか。当時の
政治家は家族に内緒で、借金する場合が多かったのでした。

井上準之助
financial minister

金保有量・範囲内で財政をやりくりする金本位制は、確かに通貨信認には
ベストな政策。しかし国家運営は時に、民間では行えない財政出動により、
景気悪化を防ぐ役割も果たさねばなりません。その意味では、濱口、井上の
金解禁は、時期を誤った政策だったと言わざるをえないでしょう。

マグノリア祭2013

JG生から新宿教室で、そっともらったマグノリア祭チケット。
土曜日、横浜教室に行く前、私は市ヶ谷に向かいました。
JG玄関前は小学生・女子を連れた母親ばかり。

玄関を入ると、左に北館。右に南館。北館は高校生の校舎、南館は
中学生の校舎。二つの校舎に挟まれるように講堂。校舎を上がって
行くと講堂の上は屋上広場になってて、まるでフード・コート。
お昼時だったこともあって、あっちこっちで食事とお話。

目を引いたのは「宗教委員会」の展示。JGらしく、キリスト教を
テーマにしました。イエスの生涯、弟子の足跡。それだけでなく
アウグスチヌス、新プラトン主義まで調べ上げた展示は、
JG生の並々ならぬ知性を窺わせます。

南館・廊下を歩いてると緑のグラウンド。狭い。
市ヶ谷だからしかたないのかもしれませんが、この狭さでは
運動部の活躍など望めないでしょう。グラウンドでは文化祭と
全く関係なくテニス練習。いろんなJG生がいるのですね。

タンポポ
dandelion

カラ売りのタイミング

増税・決定によって株価に蓋がされてしまいました。
直近高値の1万5000円を抜くことはないでしょう。

これはカラ売りのチャンス。私も1万4000円前後から、
タイミングを計ってました。とはいえ日経平均は、その後、
スルスルと上昇。今週の終値で1万4400円台を回復。
相場は分からないものです。

ただしこの上昇はカラ売りには、やはりチャンス。
1万5000円に近づいてくると、どうしても
直近高値が強く意識されるからです。

「買い」と違って「売り」は参入時期の特定が困難。
私も今まで投資手法としては敬遠してきました。

しかし下落局面でも利益が出せないなら、真の投資家ではありません。
私も今、勉強のつもりでマーケットに向かってます。

晩秋
autumn

多摩高校

溝の口から乗るJR南武線(なんぶ せん)立川方面の電車に乗れば、
三つ目の駅が宿川原駅(しゅくがわら えき)ここで降りましょう。
出口は一つ。多摩高校へ行くためには陸橋を渡って、
駅の反対側に行かねばなりません。

そこからは真っすぐの道。場所は川崎市・多摩区ですが、
スッカリ地方都市の風情。蕎麦屋、豆腐屋、酒屋。。。
そんな店が続きます。やがて「多摩高校前」の交差点。
多摩高の正門が見えてきます。

正門を入ると右に「質実剛健」の石碑。そして、もう一つの校訓は
「自重自恃」(じちょう じち)この二つの概念は、相いれない
ものですが、多摩高。どうやって両立させてるのでしょうか。

二階建ての校舎が四棟、並んでます。まるで昭和の佇(たたず)まい。
レトロな雰囲気と言えば、聞こえがいいですが、言い方を変えれば、
オンボロ校舎。耐震基準も満たしてません。

建て替え工事が既に始まってます。四階建ての東棟・西棟が渡り廊下で
つながれるレイアウトに。モダンな高校に生まれ変わりそうです。
建て替え工事にあたっては、プレハブ校舎は使わないとのこと。

さて多摩高。設立は1956年(昭和31年)川崎市・多摩区には、
これといった県立高校がなく、地域の期待を担って設立されました。
以来、そこそこ頭のいい受験生を集め、地域トップ校に。

県下の湘南、横浜翠嵐には進学実績で劣るものの、
早慶には毎年、二十~四十名の合格者を出してます。

多摩高らしい行事と言えば、十一月の「大師強歩」。
多摩高から川崎大師までの22㎞を歩きます。コースは
多摩川沿いのサイクリング・ロード。質実剛健の校訓が、
こんな行事にも表れてますね。

部活動ではダンスドリル部が全国大会で活躍。野球部の神奈川・
予選でも応援に一役買ってます。陸上競技部もインターハイへ
進む選手を出す名門。文武両道は、神奈川の県立高校ならでは。

多摩高のすぐ向こうは多摩川。西へ歩けば小田急線、京王線。
東へ歩けば田園都市線、東横線。これからの爽やかな季節。
川沿いを歩いて駅へ向かう多摩高生の姿が増えることでしょう。

森
realization

岸信介

ある世代の人々にとって岸信介は「悪の権化」のように嫌われました。
「昭和の妖怪」という呼び名まで。けれど一体、信介(のぶすけ)の
何がそんなにいけなかったのでしょうか?

信介は山口の名家に生まれます。岸・佐藤・安倍の三家は、閨閥
(けいばつ)で互いに濃く結び付いてました。佐藤家・次男に
生まれた信介は跡取りとして岸家・養子に。

長男・佐藤市郎は海軍中将。信介の述懐によると、この市郎が
三人兄弟の中で最も頭が良かったとか。市郎は「海軍きっての秀才」と
言われ、病に倒れなければ中将で止まることもなかったでしょう。

次男・岸信介。東京帝大に進学するも、ろくすっぽ勉強せず、
それでも、試験では刻苦勉励するライバルを抑え、次席・卒業。
その才能を見込んで指導教官は大学に残ることを強く薦めます。

とはいえ信介。大学に残ってはバカになるとシッカリ見抜き、
官吏の道を選びます。何となく受けにいった高等文官試験でトップ合格。
大蔵省か内務省、と思われた選択肢は、なんと農商務省
(後の商工省、戦後の通商産業省)。

世界に名乗りを上げてた当時の日本。産業・商業をリードしたいと
考えた信介の直感は、実に正しいものでした。上司である吉野信次
(よしの しんじ:吉野作造の実弟)の庇護を得て、商工省で
トントン拍子に出世。洋々たる未来が開けます。

やがて満州国・建国。赴任した信介は事実上、官房長官の役割。
当時、満州国で政治の実権を握ってたのは星野直樹(ほしの なおき)。
信介は星野の下で思う存分、国家運営の腕を磨きました。
ちなみに当時、関東軍には東條英機が赴任してました。

やがて東條が近衛内閣の退陣を受けて組閣。信介は商工大臣として
中央に呼ばれました。星野も内閣書記官長。東條内閣は「満州内閣」。

戦後、信介は開戦の詔勅署名でA級戦犯に擬せられ、巣鴨プリズンに収監。
とはいえ信介に戦争犯罪などあるはずもなく、やがて釈放。
政治活動を再開します。

鳩山一郎・率いる自由民主党に入党し、石橋内閣が倒れた後、
推されて岸内閣を組閣。そして1960年(昭和35年)日米・
安全保障条約の改定に乗り出します。

この安保・改訂に対して当時、反米を唱える学生・労働者が反発。
安保闘争として、歴史に記されることになりました。
今も記憶してる人は多いでしょう。

安保、反対。安保、反対。

国会を取り巻く数十万人のデモ隊。その掛け声はやがて。

岸、倒せ。岸、倒せ。

そのうちに。

岸、殺せ。岸、殺せ。

当時、首相官邸に詰めてた信介。三男の佐藤栄作が訪ねてきます。
窮地に立たされてた兄に向って、栄作は一言。

アニキ。首相官邸で死ぬなら、本望じゃないか。

それに対して信介は。

善良な国民は、今晩も後楽園球場でのジャイアンツの
試合を楽しみにしてる。彼らこそ、私の支持者だ。

安保・改定は自然成立。高度経済成長に道を開きました。とはいえ、
信介への「憎しみ」だけは国民の間に残ります。安保・改訂後、
1960年7月に、信介は暴漢に太ももを刺され、重傷。
岸内閣は悲劇的な幕切れとなりました。

同年10月には日本社会党・委員長の浅沼稲次郎(あさぬま 
いねじろう)も日比谷公会堂での演説中に、暴漢に刺され死亡。
世情は騒然としました。

岸信介が引いた高度経済成長のレール。後を継いだ池田勇人が
その路線を忠実に継承し、日本は戦後復興をいち早く、達成。その後、
池田内閣を引き継いだのが佐藤栄作。日本は先進国の仲間入りをします。

岸信介
prime minister
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ