FC2ブログ

大分東明の高三生

大分の私立高校、東名高校。大分トリニータでの
卒業生の活躍、地元では有名。

そんな東名男子、オンライン授業の扉たたき、
英語を習い始めたのは、晩夏の頃。

英語は共通テスト対策だけでいい、とか。
私もひたすら共通テスト英語の解法伝授。
リーディング、リスニング、どちらも
得意にしなければなりません。

数カ月、正しい方法でやれば、共通テスト英語なんて、
楽勝。最初はリーディング40%台だった正答率、
80%前後まで上がってきました。

ここまで来たらリーディング90%とり、分大への合格、
決めるように、私は指導。ただし彼の難点は、
リスニング。まだ60%台。リーディングで
補う戦略。それしかない。

宮学の高三生 Part 3

昨年六月、まだ高二の時から、ずっと日曜夕方の
オンライン授業に出席してきた、宮学男子。

今回、中大・経済に、合格決めました。
ずっと東京に来たかった男子、
その夢かない、この吉報。

地域での事業承継、今からテーマにしてます。
時々、オンライン授業が中断し、
私が彼の話に聞き入ることも。

来年、大学生になったら、ゆめラジオで、
真の地方再生について、熱く語ってもらいましょう。
今から、楽しみです。

宮学の高三生 Part 2

日曜夜に英語を習いにくる宮学男子。オンライン授業です。
教え始めてから一年以上。彼の英語力、
私が鍛えました。

慶大SFCに提出する、彼のPR動画、私も
見せてもらいました。地域経済の活性化にかける、
若者の熱い思い、伝わってきます。AO入試用。

動画制作、夏休み中に終了し、再び、
一般入試用の勉強。AO入試、一般入試、
どちらでも合格できるようにしておくこと、肝要。

宮学の高三生

日曜夜のオンライン授業。宮学男子、毎週、画面に登場。
そんな彼、この春から、なぜか元気いっぱい。
嬉しそうです。理由を聞いてみると。

先生、東京一極集中、これでなくなりますね!

ウイルス騒動で、麻痺している東京。相対的に、
地方の価値、上昇。実家に戻るという若者数、
今後はドンドン増えてくるでしょう。

これで宮崎も、ちょっとは活気づくと思うんですよ。

そう言う男子。東京の私大めざし、オンライン授業の扉、
叩いた彼。東京への憧れと同時に九州への郷土愛、
着実に育っているようです。

沖尚の高三生 Part 4

沖尚女子とのオンライン授業、終了。成蹊・法に合格きめ、
今月はもっぱら英検準一級の勉強。
彼女の英語、私が磨きました。

私、安倍さんの、後輩になるんだよね・・・

彼女の進学先、成蹊・法・政治学科。そういえば、
安倍首相も成蹊出身。そう語る彼女の口ぶりに、
どことなく新しい矜持。

東京でいろんなことに挑戦したい、と言う女子。
その目は国際舞台へも開かれてます。

沖尚の高三生 Part 3

木曜オンライン授業で英語を習ってる沖尚女子。
いよいよ今週が最終授業。

指定校推薦で成蹊・法に合格、今は英検準一級を
新しい目標にしてます。準一級取得し、高校を
卒業できれば、かっこいい。私も作文と
文法を中心に指導。

那覇にいて、東京渋谷に憧れる女子。大学は吉祥寺。
彼女にとって、来春からの舞台は井の頭線。
その目に映る、車窓からの桜。
綺麗に流れることでしょう。

大阪女学院の高三生 Part 2

七月から日曜夜、オンライン授業を受講し始めた
女学院生。最初は、英語メタメタ状態から。

その後、センター英語・過去問を使いながら、
速攻で英語基礎マスター。今回、マーク模試で121点。
ようやく目標150点が見えてきました。

東京の私大を目ざす女子。センター英語が
最終目標ではありません。私大入試むけの、
読解、文法。本当はこれから。

沖尚の高三生 Part 2

沖縄尚学の高三生、指定校推薦で東京の私大に、
合格きめました。まだ内部決定の段階で、
どこに進学するか、このブログで発表できない。

四月から、ずっとがんばってきた女子。
木曜オンライン授業。夏休みから青学・法の
過去問に挑み、今月から立教・法の予定。

そんな中、決まった指定校推薦。けれど、
十一月までオンライン授業、継続するようです。

私もこれから受験英語だけでなく、大学、
そして社会人としての英語、伝授しましょう。

宮学の高二生 Part 2

日曜オンライン授業で英語を習ってる男子、
宮崎学園の高二生。

聞いてると、なんと地元新聞から、インタビュー
受けたとか。テーマは「高校生とキャッシュレス」。

東京の私大で、国際経営を学ぼう、と目標する男子。
宮崎日日新聞も、そんな彼に注目したようです。

記事になるのは、もう少し、先。発行されたら、
私も早速、見せてもらいましょう。教え子が、
どんなふうに取り上げられるか、注目。

宮学の高二生

宮崎学園は中高一貫の大きな学園。一貫校ですが、
高校入学も可能。そこに通う男子、日曜夜の
オンライン授業で、英語の実力、磨いています。

まだ高二。けれど東京の私大に目標しぼり、
今月も上京、さまざまなオープンキャンパス、
回ってみたとか。

将来は国際ビジネスで活躍したいと話す高二生。
九州にいては話になりません。南国男子の東京行き、
その夢の実現。少し力を貸すこと、私の役割です。

大阪女学院の高三生

大阪女学院といえば、四天王寺と並び、大阪の
名門女子校。そこに通う高三生、
日曜オンライン授業で、
英語を学びはじめました。

七月から受講だから、まだ基礎が未達。当初は、
そのまま大阪女学院大学に進学する予定で、
まともな受験勉強も、できていない。そこから、
スタート。早速、基礎英文法から。

一カほど経ち、形ついてきましたが、そもそも、
始める時期が遅い。今から東京の私大レベルに
追いつくこと、タイヘン。

こんな時こそ私の腕、見せどころ。
最短距離で彼女を導きましょう。

東海の卒業生 Part 2

金曜オンライン授業で、英語を習ってる東海生。
男子です。マーク模試の結果、自己採点し、報告。
聞けば、英語200点満点で176点!

五月で、この点数。こうなれば来年一月のセンター英語、
満点とりにいきましょう。青学くらいなら、センター利用で
かたづけること、実力者のたしなみ。

MARCHレベルには、そもそも受験にいく必要なし。

東海の卒業生

東海高校といえば、名古屋の名門私立。その卒業生、
金曜昼のオンライン授業で英語を習っています。

けっこう実力ある男子。今は苦手な文法に特化し、
授業を進めています。一学期かけて文法マスターしたら、
夏から本格的な過去問演習。実力男子だけに、
わりと楽な受験勉強となるでしょう。

金曜オンラインは、彼にとって生活リズム。
私もたまに英語以外に話題をふっています。

沖尚の高三生

木曜夕方、オンライン授業で英語を習いに来てる女子、
沖縄尚学に通ってます。もともと英語が好きで、
発音もうまい。英会話教室にも行ってたとか。

けれどペラペラ話すことと、英語をシッカリ和訳し、
英語で自分の意見を述べることは別問題。
新しい訓練、必要。

その問題意識で、オンラインの扉たたいた女子。
オンラインだけに空間の壁、関係なし。
東京の私大志望。その応援、私の仕事です。

日南の高三生

宮崎にある私立の日南学園、男女共学。そこに通う女子、
オンライン授業の扉、叩きました。東京の私大に
進学すべく、私から英語の薫陶。

今週月曜日から、早大過去問に入りました。
平成二十五年の過去問、取り組んでみると、
第一問はなんと、満点!

日南女子、少し自信ついたことでしょう。ただし、
早大過去問、いつもこうとは限りません。
今後も山あり谷あり。

西南学院の高三生

木曜オンライン授業で、西南生に英語を教えてます。
夜も遅い授業。ただし、オンライン授業では、
早朝、深夜という時間帯は関係ありません。

福岡にいながら、東京の私大めざす男子。
私との授業でも、最初はセンター英語演習から始め、
今は青学・全学部日程の過去問演習。

センター英語演習では、スイスイ解けてましたが、
青学過去問となると、なかなか。

京女の高三生 part 2

水曜夕方のオンライン授業。京女生が画面に登場。
テキストに"can't take my eyes off ~"という英語。
この表現、英語ポップ"Can't Take My Eyes Off You"
に出てきます。

60年代に歌われた曲。後にボーイズタウンギャングが
カバーし、大ヒット。

その後も多くのアーチストが歌い、今も街に
流れてます。そんな話を京女生にしてると。

それ、体操の時間にかかってますよ。
え?

京女体操のバックに"Can't Take My Eyes Off You"。
それで体操やってるとか。京女教員にも、
ポップの心得ある人、いたようです。

京女の高三生

オンラインで京女の高三生に英語を教えることに
なりました。水曜夕方の授業。京女といえば、
関西女子校の名門。このブログでも、
以前、取り上げました。

大阪で暮らしていても、東京の私大を志望する女子。
私も応援しないわけにはいきません。

英語に苦手意識ある京女生。最初は基礎から。
けれど、高三秋、もう時間がありません。基礎と同時に
入試対策も。私も難しいやりくり、求められます。

海陽中等教育学校(3)

今夏、夏期講習で来塾した海陽・男子。冬期講習、渋谷教室に再び。
普段は愛知県での寮生活。休暇中、東京に帰ってきて季節講習。
彼の戦略です。

冬期講習・二日目のテキスト終了後、実施したセンター英語・過去問演習。
海陽生、三十八点中、三十五点。満点はムリでしたが、90%の得点率。
これで、よし。

クラス最高点は三十五点。同点の塾生、他にも何名か。これこそ、
塾の切磋琢磨。普段、受けてる学校授業とは一味ちがいます。
五日間、最大限に活用しましょう。今日は三日目。

緑
green

海陽中等教育学校(2)

愛知県にある海陽学園。中高一貫の男子校。設立当初、
話題になり、このブログでも取りあげました。

そんな海陽生の一人、渋谷教室の夏期講習にやって来ました。
レギュラー・メンバーに交じって切磋琢磨。休憩時間に、海陽学園について
聞いてみると、とりあえず、行ってよかったとのこと。彼は東京出身。
普段は海陽で寮生活。帰京中の時間を利用して、今回の来塾。

最近、あまり話題にならなくなった海陽。東大・合格者数も減ってます。
けれど、学園の価値、進学率だけではありません。彼が何をもって
海陽を評価するのか、つっこんで聞きたいところ。けれど、
渋谷教室の夏期講習、今日で五日目。終了です。

ひまわり
sunflowers

白陵の卒業生

横浜教室の授業前、東大・女子が挨拶にきました。この春で大学・卒業。
就職も決まってます。兵庫・白陵の出身。もちろん教え子ではありません。

彼女が一年生の時、塾でアルバイトを始め、同じ兵庫・出身ということで、
話し始めました。今回、塾をやめるにあたり、一番、話した私に、
一言、何か言いたかったのでしょう。

このブログを始めたのも、四年前。東大記事の多くを、実は彼女に負ってます。
貴重な情報源がなくなることは、私にとってもサビしい限り。
けれど卒業ということで、しかたありません。

就職先は大手・繊維会社。炭素繊維にみられるように、繊維は今後、
日本経済を引っ張る分野の一つ。その分野を選ぶ目は確かです。
塾で学んだ接客も、思わぬところで役立ってくれるでしょう。

さあ、今までは人の背中を見てきました。これからは自分の背中を見せる番。
舞台は世界。無限に広がります。深呼吸して、走り始めましょう。

梅
ume

東福岡高校

JR博多駅・筑紫口から歩いて十五分ほどの場所。博多で教えてた頃、
夜、この辺りを走ってましたから、よく覚えてます。中高一貫の男子校。
高校からの入学も。地元では「東」(ひがし)。

正門を入って右に雄飛館。飛翔するイメージを描いた壁画。
トレーニング・ルームまで備えた体育館です。隣には50mプール。

正面には四本の棕櫚の木。左右に続く、空中・渡り廊下。くぐると
「センター・サークル」と呼ばれる円形の中庭。欧州の庭園を思わせる
整ったアレンジメント。とても男子校とは思えません。

聳え立つ本館。入ると玄関ホール。設立者・徳野常道(とくの つねみち)の胸像。
そしてギャラリー。東の歴史、今春の大学・合格者、そして部活動のトロフィー。
このトロフィーがスゴイ。

東では野球部、サッカー部、ラグビー部が全国レベル。全国大会で
その名を見たことある人も多いでしょう。他の部も、九州大会で上位に
食い込む強豪ばかり。それらのトロフィーがいちいち並んでるわけですから、
これだけの量。女子の影なく、男子ばかりで運動に打ち込めば、
成果も出るというもの。

二階に上がってみましょう。職員室。まるで企業のオフィス・フロア。
向こうまでドーンと仕切りなし。東生がカウンターで教員を呼びだして、質問。
効率重視を徹底。

三階は情報メディア・センター。図書館、コンピューター・ルーム、
ブラウジング・ルーム、LL教室、そして情報科教室。図書館・開架には、
二万冊、書庫には四万六千冊の蔵書。六年間で読破するには十分な量。

四階には理科教室。そして四階、五階は八百四十六席を誇る記念講堂。
音響、照明、舞台装置を備え、ほぼ全てのパフォーマンスに対応。
もちろん入学式、卒業式といった行事も、ここで行われます。

ホーム・ルームがある北館、南館。空調は人感センサー。人がいなくなると、
自動的に停止。教室、トイレの照明も人感センサー。徹底的にムダを省く空間。
南館・屋上ではソーラー・パネルによる太陽光発電。
北館では風車による風力発電の風車。

地下には地熱利用・設備まで。平成二十二年に完成した校舎は、
どこを取っても省エネ、効率重視。胸のすく思いです。

グラウンドに下りてみましょう。緑の全面・人工芝。周囲の住宅街に
埃・塵が飛散するのを未然に防ぎます。サッカー部・練習場。
ラグビー部・練習場。野球部には、離れた場所に専用・練習場。

人工芝には"HIGASHI"そして"FUKUOKA"の鮮やかな白い文字。
もちろんナイター照明も完備。

部活動としてはラグビー部に注目。花園大会で平成二十一年から
二十三年まで三連覇したことは記憶に新しいでしょう。特に平成二十二年、
神奈川大表・桐蔭学園との決勝戦は、今も語り草に。

前年の決勝戦も同じカード。この時は東が31ー5で問題にしませんでした。
そして平成二十二年、リベンジに燃える桐蔭ラグビー部に、東は前半、
押されまくり。ドンドン圧力をかけられトライを献上。10ー31。

後半も押されたまま、残り十五分。もうダメかと思われました。
が、ここから、合図したかのように東の怒涛の攻撃が始まります。
中央でもみあった後、右にボールをパスする展開。みごとなパスを続けて、
ゴールを奪います。キックも決めて七点。それを立て続けに三回。
いつのまにか31ー31の同点に。

この勢いなら、もう数分で東が再びゴールを狙えそうな時に、
ノーサイドのホイッスル。引き分けで両校・優勝となりました。
笑顔の両チーム。健闘を称え合いました。東ラグビー部は、
翌年も全国制覇。史上・五校目の三連覇を達成。

さて東。文武両道を掲げ、男子ばかりで切磋琢磨。共学の県立高校とは、
まるで雰囲気が違います。けれど全国的に見ても、トップ・レベルの設備。
徐々に向上しつつある進学実績。まさに未来を感じさせる学園です。

青
blau

明星高校

七つボタンは桜に錨(いかり)。

現在、七つボタンを採用してる学校は全国で四つ。札幌の光星、
東京の暁星、大阪の明星、そして長崎の海星。これらは全て、
カトリックの兄弟校。どうしてカトリックの学園が七つボタンに
こだわるのか不明ですが、実際、そうです。

七つボタンを見るために、玉造(たまつくり)まで足を運んで
みました。大阪明星学園。玉造駅は東西に走る長堀通にあります。
北に大阪女学院、南に大阪海星学園。東京の明星学園とは、
直接、関係ないようです。

向こうから歩いて来る男子。胸に星マーク。おお。明星生。
けれど、みんな夏服。もう衣替えは終わってるらしく、
七つボタンを見ることはかないません。残念。

学園が近くなるにつれて、やって来る男子の数も増えます。
背は高く、恐らく高校生。中高一貫の男子校。
高校入学も受け付けてます。

正門を入ってすぐ右の聖堂が印象的。正面に十字架。
屋根は波が次々かぶさっていく設計。
白い建物は清潔感に溢れてます。

聖堂の中に入ると白い壁。ステンドグラスから明るい色彩。
イエスの生涯を順々に描いた絵が壁に並びます。

聖堂を出て、校舎へ向かうと、水のせせらぎ。玄関前の噴水。
校舎の上には白いマリア像。噴水の向こうにグラウンドが
ありますから、学園というより、公園の趣き。

明治三十一年、マリア会から派遣されたウォルフ神父が設立。
現在の真田山に来たのは五年後の明治三十六年。
日露の間で緊張が高まってた頃。

戦後、大阪明星学園となりました。カトリックを標榜するからには、
校則は厳しめ。毎朝、教職員が校門に立ち、挨拶の励行と服装チェック。
そういう厳しさがイヤなら、すぐ隣の府立・高津高校に行った方が
いいでしょう。明星とは全く逆の自由な空間が広がってます。

さて明星。中入生は六年一貫コース。高入生は三年コース。
六年一貫コースは特進コースと英数コースに分かれ、特進コースは
中二段階で特進選抜コースにも分かれます。これで三つ。

三年コースは文理選抜コースと文理コース。これで二つ。
三年コースの文理コースを除き、高二から文系・理系と
分かれますから、全部で九つのコース。

女子校のように毎朝の礼拝はありません。週一回ある宗教の授業も、
気合いが入ってません。というわけで大阪明星。進学実績の良い
私立の男子校が、大阪の真ん中にある、と考えておけば、
良いでしょう。

風鈴
windbell

須磨学園高校

姫路から乗る山陽電鉄。明石を過ぎると、右に視界がパッと
開けます。穏やかな瀬戸内海。五月の海。湘南のように
サーファーこそいませんが、いつ見ても、心和む風景。

舞子、垂水、須磨・・・古(いにしえ)よりの雅な地名が
続きます。やがて板宿駅(いたやど えき)。
ここで降りましょう。

駅を出ると商店街。突き当りまで行って左に曲がると川。
目の前の山の中腹にドーンと須磨学園。川に沿ってしばらく歩くと、
階段。見えてくる正門。右には「西」という表札の家。

高い場所まで登っただけあって、海が見渡せます。
正門を入ると、右にバラ園。そして本館。中入生のクラスはここ。
少し上に高入生・校舎。中入生、高入生は別学。
同じ授業を受けることはありません。

高入生は長田、姫路西といった県立高校を落ちた人たち。
今一歩の学力。というわけで、須磨学園の進学実績を支えてるのは、
もちろん中入生。今春の実績で京大8名。阪大32名。神大27名。

最初は女子向けの裁縫学校。西田のぶが設立しました。
今も正門を上がった場所に西田の胸像。平成になって共学となり、
進学実績が上昇。一躍、注目される学園に。

平成十年、西田の孫、西泰子が理事長、四年後の平成十四年、
兄の西和彦が学園長に就任。今に至ります。正門前の家に
「西」の表札があったのも、こういう経緯から。

西和彦と聞いて、知る人は「あっ」と思うでしょう。
ビル・ゲイツと共にマイクロソフトの設立に関わった人物。
ウィンドウズの立ち上げにも終始、参加。帰国後はコンピューター
専門雑誌「アスキー」を創刊。編集長として活躍しました。
今も日本でITを最もよく知る一人。

西が学園長を務めるだけあって、須磨学園ではITに力を入れてます。
須磨生は各自「制電話」と呼ばれる専用の携帯電話を所持。
教員、他の生徒との通話には一切、費用がかかりません。

ノート・パソコンも各自に一台。このノート・パソコンには
キー・ボードに文字がありません。文字位置くらいサッと
覚えようよ、ということでしょう。

部活動としては水泳部、陸上競技部が全国レベル。
高入生・校舎の前には、なんと50mプール!
ここからオリンピック選手も輩出したとか。

一月に京都で行われる高校駅伝。都大路マラソンとも呼ばれます。
須磨学園は女子駅伝で二十一回・連続出場を誇る名門。
平成十八年には全国優勝を飾ってます。

今年一月の都大路。やはり女子駅伝で須磨学園が活躍。
一区・二区の三年生が首位でタスキをつなぎました。三区から
五区までは二年生トリオ。いずれも区間・六位の記録を出し、
二つ順位を下げた三位ゴール。入賞を果たしました。

試合後、涙を見せた二年生アンカー。首位で通過してくれた
三年生に、申し訳ないとのこと。けれど、その目はもう、
来年を見据えてます。

須磨学園に戻りましょう。進学校として認知されてから、
まだ日が浅く、今は県立高校の滑り止め。けれど学校運営には
マーケットを意識した確かさ。さすが西が学園長を務めるだけあります。

近い将来、高砂の白陵に迫る実績も出せそうです。
塾業界に身を置くなら、注目しておくべき学園でしょう。

ランプ
lamp

修道高校

広島の市電・御幸橋(みゆき ばし)から南へ歩いてすぐ。
道を隔てて空中・渡り廊下。「修道学園」と書いてありますから、
すぐに分かります。中高一貫の男子校。広島・最古の教育機関。

江戸期、安芸を治めたのは浅野氏。享保十年(1725年)藩内の
教育を充実させる目的で「講学所」が設立されました。
これが修道の前身。明治期、修道中学となり、
戦後、修道学園に。

六年間を初級、中級、上級と三つに分けてます。上級となる
五・六年生では私服通学も可能。もう大人ですよ、自分で自分を
律しましょう、というメッセージ。そう言われて、
奮起しない男子はいないでしょう。

「紳士」の輩出を目指す修道。服装だけでなく、さまざまな面で
自主性を尊重。それで学園運営がうまく行くのは、さすが
集ってる生徒のレベルが高いからでしょう。

最近は進学実績で、後発の広島学院に後れを取ってます。
今春の実績では東大8名。京大7名。広大37名(医5名)。

広島で男子ばかり、六年間も一緒にいれば、何か爆発させる
イベントが必要。いつしか十一月に行われる修道・文化祭で
女装コンテストが名物に。

「我こそは」と思う修道生がメイク・衣装を凝らして舞台に登場。
観客もほぼ全て男子。歓声が上がります。客観的に自分を見る。
そんな作業はここでは法度。あくまで日頃の鬱憤を晴らすイベント。

大物OBとしては大正期、首相を務めた加藤友三郎(かとう
ともさぶろう)加藤は修道中学を卒業した後、海軍兵学校
(七期)に進み、士官の道を歩みます。

日露戦争に従軍。旗艦「三笠」艦上で、参謀長として東郷平八郎を
支えました。NHK「坂の上の雲」では草刈正雄が演じてましたね。

その後、温和な性格を買われて政治家に。寺内、原、高橋の内閣で
海相を歴任。原が暗殺された後、高橋是清が政友会をまとめ切れず、
瓦解した時、海相だった加藤に白羽の矢が立ちました。

この後、加藤、山本、清浦と三代続いた軍人出身の内閣は
立憲に基づかず成立した、という意味で日本史では
「変態内閣」と呼ばれます。

さて修道。広島の私立・男子校として広島学院と双璧。
伝統ある学園。ここはガンバってもらいましょう。

空
summer sky

広島女学院高校

広島の女子校と言えば、広島女学院。設立は古く、明治十九年。
街にスッカリ定着し「女学院前」という交差点、市電・停留所も。
アメリカ人・宣教師ゲーンス女史が初代校長。
毎日の礼拝。週一度の聖書授業。

自分を愛するように周囲の人を愛しなさい。

「隣人愛」をテーマとする聖書教育を実践。
それを百二十年近く続けてきました。

リボンで中学生、高校生を区別。赤リボンは中学生。
青リボンは高校生。校舎も道を隔てて中学校舎、高校校舎。
二つの校舎は空中・渡り廊下でつながってます。

訪問したのは、ちょうど下校時。高校校舎の校門前でクラス全員の
ダンス練習。かなり練習したのか、息が合ってて、結構、カッコイイ。
聞けば体育祭は今月。そこで披露するとか。

校舎は新しく、窓も大きくて、明るい雰囲気。
初代校長の名を取ったゲーンス・ホールがひときわ目を引きます。
毎日の礼拝では、全校生がここに集合。パイプ・オルガンが響き渡る
そうですが、もちろん部外者には聞くこと、かないません。

ゲーンス・ホール外壁には「カリヨン」と呼ばれる、いくつかの鐘。
定時には讃美歌のメロディで、鐘が響くよう設計。

そんな女学院。聖書教育と並んで平和教育を重視。
平和記念公園でのボランティア活動。平和の大切さを学びます。

隠れたスポットは食堂。なにせメニューが豊富。うどんだけ取っても、
普通うどん、卵うどん、天ぷらうどん、わかめうどん、
きつねうどん、肉うどん、カレーうどん・・・

カレーはハヤシライス、カツカレー、ハンバーグカレー。
この他、やきたてパン、丼弁当。これだけ揃ってれば、食べ盛りの
女子も満腹。メニューの豊富さは、女学院生にも支持され
「お昼が楽しみ」というアンケート結果が多く寄せられます。

昭和二十年八月六日、投下された原子爆弾。その威力は女学生も
容赦しませんでした。女学院でも多くの教員、生徒が被爆し、
命を落としました。その記憶をこれからも伝えていくことが、
女学院の責務。

民間人の頭上で炸裂し、十数万人の犠牲者を出した原爆。
一機目のB29で空襲警報を出させ、それが去って警報解除。
市民が防空壕から出て来たところを見計らって、二機目が
原爆投下。より多くの民間人を殺すための周到な計画。

完全な国際法・違反。戦中、日本人は英米人を「鬼畜米英」と
呼びましたが、まさに鬼畜の所業。女学院生でなくても、
広島に住む限り、忘れるわけにはいきません。

アメリカ人が戦中、ことあるごとに「神のために」という言葉を
繰り返しながら、戦ったことを考えれば、一体、キリスト教と反戦は
現実的には相いれないのではないか、という重いテーマが浮上。

キリスト教の中に、実は「鬼畜」要素が含まれてるのではないか、
というテーマ。今から六十九年前、女学院生の頭上で炸裂した原爆。
その非道を実行した者たちが、呪文のように唱えてた「神のために」。
その神は一体、今の女学院生が毎朝、礼拝してる神と同じでは
なかったでしょうか?

もちろん、こうしたテーマが今、女学院で
語られることは決してありません。

さて女学院。昭和三十一年に始まった総合選抜制度で、広島の
公立高校が衰退していくことに反比例して、進学実績を上昇。
蓄積されてきた評判の力は大きく、今、その時代の女子が
母親となって、娘を送り出す世代に。

平成に入り、広島でも、ようやく公立高校が復活しつつありますが、
女学院、一定レベルの女子を集め続けてます。
その人気は当分、続くでしょう。

平和記念公園
Peace Memorial Park

京都女子高校

祇園・八坂神社といえば、しだれ桜。けれど、新緑の季節。
もう散ってます。けれど晴れた四月の日。学校訪問には吉日。
八坂神社前を南北に走るのは東大路通り。そのまま南へ歩きましょう。
平日なので、それほど人は多くありません。

五条、六条、七条。やがて東山七条の交差点。ここから東へは
「女坂」と呼ばれる、なだらかな坂。右には智積院(ちせき いん)。
整った庭園と襖絵で有名ですね。

やがて左に見えてくる京都女子学園。地元では「京女」(きょうじょ)。
大学は、もう少し東に行った場所。明治三十二年、甲斐和里子
(かい わりこ)が設立した顕道女学院が前身。

この学校が京都高等女学校となり、戦後、中学校、
高校、大学と相次いで新制に切り替わりました。

正門には守衛室。ここで受付をしなければなりません。
入るとすぐにグラウンド。それを囲むように一校舎と二校舎。
一校舎の向こうには体育館。体育館を挟むように三校舎と四・五校舎。

ブルーの制服を着た京女生が静かに挨拶して通り過ぎます。
おお。さすが、京都。左のグラウンドでは部活動が始まってます。

設立者の甲斐は浄土真宗に帰依。それ故、京女も親鸞聖人の教えに
基づいて運営されてます。週に一度、宗教の授業。
釈迦の生涯。親鸞の生涯。世界の宗教・・・

浄土真宗の本尊は西方にあるアミターバ。阿弥陀如来です。
京女の講堂にも阿弥陀如来像。京女生はここで祈りを捧げます。

浄土真宗は一心に念仏を唱えることから「一向宗」とも呼ばれました。
本山は本願寺。織田信長がホトホト手を焼いたのも、この一向宗・門徒。
倒しても倒しても、念仏を唱えながら、次から次へと
立ち向かってくる門徒。どんな戦国武将よりも、
恐ろしかったとか。

さて京女。京都女子大への進学を望むならウィステリア科。
この科に普通に通ってるだけで、高二・三学期の時点で
京都女子大への内部推薦が決定。

けれど、それ以外の京女生は他大学への受験を準備しなくては
なりません。そのため、京女では三つの類を用意。

Ⅰ類は私立大コース。Ⅱ類は国立大コース。Ⅲ類は難関大コース。
Ⅲ類は事実上、中入生しか入れないようです。高入生の場合、
先取り勉強をしてませんから、Ⅲ類はムリ。

このコース分けも奏功してか、京女、京都の私立女子校では、
No.1の進学実績。今春、京大3名。阪大11名。神大5名。

部活動ではダンス部が有名。平成二十四年には、なんと
高校ダンス・コンクールで金賞!「柔らかな時計」という
演目を披露。女子らしい、しなやかな動きで、時間と空間を
結びつけるダンス。観客を魅了しました。

設立以来、浄土真宗の教えを受け継ぐ京女。祖母も母も京女でした、
という女子が今も、その扉を叩きます。いかにも京都らしい学園。
今後も人気は続くことでしょう。

花々
petites fleurs

大阪女学院高校

東京から新大阪に着くと、赤い御堂筋線。大阪市営・地下鉄。
江坂から、なかもずまで。私にとっても懐かしい路線。
新大阪から中津まで毎週、通ったものです。

今日は中津を通り過ぎ、心斎橋まで行ってみましょう。
市営地下鉄は長堀鶴見・緑地線と交差。黄色い電車。長堀橋、
谷町六丁目、そして玉造。玉造駅で降りて一番出口を出ると、
辺りはマンションばかり。

地下鉄・出口からすぐの場所に大阪女学院の南口。
ここからは入れません。正門に回りましょう。受付をすませて
歩き出せば新緑が眩しい。セコイアの木が至る所に。
都会にフッと出現した緑のオアシス。

右には噴水。正面にはヘール・チャペル。左に北校舎。
ここは高校生の教室。向こうには東校舎も。
右に南校舎。ここは中学生の教室。

明治十七年の設立。宣教師アレクサンダー・ヘールが大阪に
開校したウィルミナ女学校が前身。以来、幾度かの校名変更を経て、
戦後、大阪女学院に。中学、高校だけでなく大学、短大も併設。

ただし大学、短大も同じ敷地内にありますから、そのまま
進学すれば、十年間、玉造キャンパスに通うことに。

とはいえ女学院生。大部分の生徒は有名大・進学を希望。
カリキュラムでも英語科を設置。早い段階から異文化理解、
語学教育を徹底。

国立、私立を問わず、文系学部の大学入試なんて、
英語ができれば、どうとでもなるもの。結果、大阪女学院は結構、
良い進学実績を残してます。関西の女子校は進学実績で
勝負してませんから、これは貴重な存在。

とはいえ、英語科の強みがそのまま弱みにも。英語以外の科目、
特に理系科目が手薄。カリキュラムからして、そう。

国公立大・医には毎年、一名か二名。というより、
そもそも国公立大・医を志願する女学院生がいません。

これからの日本の女子が知識人として生きていこうとする場合、
理系の知識は必須。けれどそれを手薄にしたまま、英語力だけで
見かけの進学実績を伸ばす方法では、早晩、時代に取り残されます。
今やリケジョが英語でプレゼンテーションする時代。

キリスト教に彩られた行事。四月のイースター礼拝。
六月の花の日礼拝。十一月の収穫感謝礼拝。そして十二月の
公開クリスマス。体育祭、文化祭も、それなりに盛り上がります。

けれど大阪女学院。理系科目に、もっと傾注しないとマズイ。
まさか科学教育は信仰心を妨げると思ってもいないでしょう。
宗教教育の良い面は残しつつ、時代についていくことが、
大阪女学院の今後の課題と言えそうです。

森
green

甲南女子高校

JR神戸線。三宮と大阪の中間にある甲南山手駅
(こうなん やまて えき)。三宮と大阪の両方から、
十五分ほどで到着。

北口を出るとすぐに阪急神戸線。ガードをくぐると、神戸らしく
六甲山系への坂。その坂を上がるとこと十分。甲南女子学園の正門が
見えてきます。守衛のオジサンが大きな声で挨拶してきます。
こちらも返事しとかないといけません。

新しい校舎。私立の女子校らしく、白くて清潔。玄関を入るとすぐに
アトリウム。上まで吹き抜けの広い空間。ガラス張りの天井からは、
日光がいっぱいに降り注ぎます。そして白いテーブル。緑の椅子。

今は授業中で静かですが、お昼休みともなれば、ここが生徒で
溢れるとか。中・高の学年を超えて友人ができる場所。
制服はセーラー服。襟には三本の白い線。

教室の外にはベランダ。頭の大きさまでの手すりがありますから安心。
大阪湾が見渡せます。この眺めを見れば「入学してヨカッタ」と
思うことでしょう。

大正九年に甲南高等女学校として設立。戦後に甲南女子学園に。
完全・中高一貫校。東京オリンピックが行われた
昭和三十九年には、甲南女子大学も開学。
今に至ります。

校歌は二つ。一つは明治天皇、昭憲皇太后が作られた四首に
曲が付けられました。そしてもう一つ、毎年、高三生が作る校歌。
平成二十四年度の校歌は。

変わりゆく この時の中 新たな風を 吹き込もう
勇気を持って 踏み出す一歩 理想へ導く 道しるべ
さあ 始めよう 不安や迷いも きっとあるけれど

変わらない この丘の上 大切な夢 見つけよう
希望に満ちた みんなの笑顔 闇を照らす 真実(まこと)の光
さあ はばたこう 明るい未来が きっと待っている

女子らしい優しい詩。けれど、
未来を見つめる意志も窺えます。

部活動としてはアーチェリー部が有名。インターハイ優勝経験も。
校内にアーチェリー専用の練習場があり、好成績につながってます。

進学実績としては近くにある関学に毎年、四十~五十名。
関学レベルなら、塾は必要なさそうです。

神戸・女子は偏差値で勝負しません。偏差値など、
女子の人生トータルでみた場合、何の役にも立たないことを
知ってるからです。偏差値より女子力のアップ!

それは人と協力する力だったり、哀しんでる人に寄り添う力だったり
します。そういう力はもちろん、ガリ勉で培われたりはしません。

かくして甲南女子。神戸で穏やかに過ごしたい女子にはお薦めの学園。
ただ、どうしても京大、阪大に進学したいという女子には、物足りない
でしょう。そういう女子は県立の神戸や長田を目指しましょう。

幻
Wahrheit

名古屋高校

名城線・砂田橋駅。地上に上がれば、もう名古屋学院の敷地。
数ある学校の中でも、駅出口と学校が直結してるのは、
ここ名古屋学院だけでしょう。すぐに正門。

設立は古く、明治二十年。フレデリック・C・クラインという
プロテスタント・メソジスト派の宣教師が立てました。
最初は名古屋英和学校としてスタート。その後、大正期に
名古屋中学となり、戦後、新制の名古屋学院に。

設立からは百二十年以上の男子校。名古屋では「名高」
(なこう)という愛称で親しまれてます。

正門から、ひときわ目立つのが名高・名物のチャペル。
高い塔が聳えてます。その向こうにメディア・センター。
そしてレンガ色の校舎。四階建てです。

校舎の玄関に入ると、エントランス・ホール。ここが広い。
落ち着いた色調。階段を下りて行くと、茶色のオブジェ。
三枚の大きな絵。校舎というより、ホテルのラウンジ。

上に上がると教室。各教室には個人ロッカー。暗証キーでしか、
開けることはできません。廊下はフローリング。上履きは必要なし。
ここも佇まいは、まるで大企業のオフィス。教室へのドアは、
全て滑らかな引き戸。

教室にはAからFまでのアルファベット。6Fならば六年生Fクラス。
四階まで上がって見下ろすと、北にテニス・コートが六面。
南にグラウンドが二面。一面は人工芝。

校舎・北にはアリーナ(体育館)があります。バスケットボール、
バレーボールの専用コート。そしてインドア・プール。
温水プールで、一年中、使用可能。

ここまで施設が充実してるなら、結果が出ない方がおかしいというもの。
硬式テニス部は過去四回のインターハイ優勝。陸上競技部も、
インターハイで優勝する選手を輩出。

バスケットボール部、ラグビー部、サッカー部、ゴルフ部も
愛知大会の上位校。まさに資金を使って結果を出す学校運営。
しかもスポーツ特待生の結果ではありませんから、
この結果は素直に賞賛すべきでしょう。

プロテスタントの学校らしく、キリスト教・大学と協定。
同志社に15名、関学に25名、立命館に16名の指定校推薦の枠。

もう一つ、名高の特色として「サマー・エクステンション」。
アメリカやイギリスでの異文化体験プログラム。毎年、六十~八十名が
参加する英語研修。英語学校として始まった名高なれば、
これぐらいのプログラムは当然でしょう。

名高の進学実績は、名古屋の私立高校として東海、滝、南山の次あたり。
スポーツに力を入れての結果ですから、これも悪くありません。

施設が充実、勉強も運動もさせてくれる、そして夏休みには
サマー・エクステンション。資金に余裕があるなら、
進学を考えてみる価値はありそうです。

白
white
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ