FC2ブログ

東芝機械株、600円割れ

東芝機械株、このブログで670円の時、取り上げました。
その後、思惑どおり700円の達成みた後、マーケット全体の
動きに合わせ、急落。今日前場、600円を割りこみました。
再び、買い場がやってきました。

ただし、慎重に。現物で。

日経平均、2万2000円割れ

イタリア、スペインの政局混乱。七年前に、似たような状況。
この二国、長期金利上昇。もちろん株価下落。
日経平均、今日前場400円以上、下げてます。

現物保有なら、こんな日、どれも下がりますが、
もちろん、ホールドで。

イタリア、スペインの政局、日本と関係ない話。日本株に追撃買い
したいと場面ですが、底値、見極めて。今は、ダメ。

信用買いなどやってれば、こんな時、困る。
信用買いも、ダメ。

東芝機械株、670円

年初、930円まで値を上げた東芝機械。決算結果、悪く
なかったのに、600円まで売りこまれました。

私は610円から650円までの値幅で取引。
東芝機械株、今は670円まで上昇。

ダイカストでは、首位の東芝機械。今後、700円を
いつ回復するか、注目。

戸田工業株、底値か?

粉末で国内首位の戸田工業。今日終値で3115円。
昨秋、5000円つけてた株価。四割下落。

5000円前後で買った投資家、しかも複数枚、買ったとしたら、
ヤバイ。けれど、その時こそ、妙味とも言えます。
株は難しい。

バルチック海運指数(3)

現在、バルチック海運指数は778。昨年の今頃、291でした。
記事にしましたね。その後、指数は反転し、トランプ相場の頃、
1230まで上昇。

しかし、再び下落。現在は778。世界景気は良くなっておらず、
トランプ相場も金融市場だけの話。日本郵船も、この三月決算、
赤字予定。

水平線
horizon

三菱東京UFJ株、カラ売り(5)

先週の記事で、三菱東京UFJ株の信用残を取り上げました。
信用取引の売り残、積みあがり、このままだと踏みあげられますよ、
そう書きました。

案の定、今週、売り方が崩れ、踏みあげ相場。株価は660円から、
680円に。売りに回った人、トホホ。私は先週末、いったん手じまい。
買いしかけたくなりましたが、見送りました。ですから、
今回の上昇相場の恩恵も、なし。

紫
grace

三菱東京UFJ株、カラ売り(4)

トランプ相場で急騰した金融株。中でも三菱東京UFJ株、
510円から680円まで、なんと30%上昇。これは、スゴイ。

しかも私。その上昇相場を使って、上がり切ったところをカラ売り。
上昇相場のカラ売りでは、大きく儲けることできませんが、
売りと買い、組み合わせ、なんとか凌ぎました。

そんなややこしいことせずとも、素直に500円台で買っとけば、
よかったんじゃないの?

それは、そのとおり。けれど、誰が金融株のここまでの暴騰、
予想できたでしょうか? 上がったら売り準備する、プロの鉄則。

しかも、そう考えるのは、私だけではないようです。三菱東京UFJ株、
昨日の時点で買い残3111万株、売り残3175万株。これほどの大型株で
売り残が買い残を上回ること、ありません。というより、通常、
信用取引では買い残が売り残を上回る場合、ほとんど。

これほど売り残、積みあがっているなら、逆に買いしかけたくなりますね。
信用取引の売り方は、必ず買い戻し、よぎなくされるからです。
昨日終値662円ですから、売りふみあげられ、買い戻してくる時、
株価は再び、680円をめざすことになります。

ただし、こんな話は素人には無用。自信ないなら、マーケット急激に動く時、
手を出してはいけません。私も昨日、信用取引ポジションは、
いったん、ゼロにしました。

水面
lake

1ドル110円台に

トランプ相場でNYダウ上昇。景気拡大の期待から、米国債・長期金利も
上昇。現在、2.27%。米国債・長期金利の上昇により、米・ドルに
資金が流れ、為替は円安に。

トランプ・ショックの一日、1ドル101円まで円高が進みましたが、
その後、怒涛の円安。一週間少しで、なんと110円台。この間、
円安ポジションを取った人は、大儲けしたことでしょう。

とはいえ、機関投資家ふくめ、そんなこと、できた人、皆無。
まずトランプ候補の勝利を予想できず、当選後も、マーケットの動き、
早すぎ。ついていけた人、ほぼゼロ。

個人投資家としては、今後の動きを落ち着いて、考えるべき。
このままドンドン円安が進んで1ドル115円まで行くでしょうか?

私は円安トレンドも、ここで一服と見てます。円安と共に上がり続けた
日経平均も1万8000円つけたところで、いったん、下落。当然でしょう。

今後の分析には時間がかかります。今日の記事では、
現状はこうです、と言うにとどめておきましょう。

六甲
wealth

三菱東京UFJ株、カラ売り(3)

今日、30円以上、上げた三菱東京UFJ株。急騰。けれど、上昇の
あちこちで下落する場面。そんなところで、何度かカラ売り、
しかけてみました。ショート・ポジション。逆張り。

上がりすぎた時、相場は必ず反転します。その勢い、利用したデイトレ。
私がこれまでほとんどやらなかった手法ですが、今日は
時間かけてやってみました。

カラ売り難しいけど、挑戦の価値あり。相場では、上がったものは
下落するし、下がったものは上昇。買い売りも両方できれば、
投資の範囲、広がります。

水仙
November

日経平均、1万7000円割れ

アメリカ大統領選挙。ここにきてトランプ候補の支持率、上昇。
トランプ候補の政治手腕、未知数。市場は未知、予想不能を極端に
嫌いますから、世界の株価、急落。NYダウも1万8000ドル割りこみました。
為替も1ドル105円台だったのが、103円台。

トランプ大統領となった場合、市場の混乱、六月のブレグジット以上。
1ドル95円、日経平均1万5000円割れ、覚悟しましょう。
ただし、その後の自律反発、予想されます。

結果が分かる前の信用取引はダメ。買いも、売りも、です。
大統領選挙の結果など、誰にも分かりません。それでも信用取引の
相場を張るというなら、まさに丁半博打。それって、投資?

トランプ大統領となった場合、市場は急落。その時、輸出企業への
カラ売り。そして十分に下げたところ見計らって、現物買い。
このタイミング測定、投資家としての力量、問われます。

クリントン大統領となった場合、市場は緩やかに上昇。今、持ってる
現物をそのまま保有するだけ。ここで信用買いの追撃、
するかどうかは、その投資家の判断。

いずれにせよ、来週の市場、アメリカ大統領選挙の結果で大きく動きます。
まさにイベント・ドリブン。何人かいる教え子の投資家たちも、
今頃、腕まくってることでしょう。私も負けてられません。

空
ciel

大塚家具株、上昇

以前の記事で大塚家具株、買い推奨。その頃の株価1000円前後。
現値1173円ですから、15%の上昇。信用取引なら、
利益確定でいいでしょう。当たりました。

けれど私。この銘柄についてはズバリ、配当狙い。あまり高騰すれば、
売却も考えますが、今のところ、ホールド。このブログでの買い推奨。
とりあえず、当たったこと、ご報告。

岸和田城
castle

大塚家具株、注目!

昨年、父娘不和で話題さらった大塚家具。結局、娘の久美子社長が
社内闘争に勝利し、実権を握りました。新規立て直し。

大塚家具の決算みると、中間決算で赤字、通期も赤字予想。
メタメタ。昨年の今頃、1800円だった株価は下がりに下がり、
先月、なんと半値の900円台。株価が935(くみこ)になった、
マーケット関係者は揶揄したもの。

けれど、ここが買い。年末に予定されてる配当。大塚家具、
なんと一株・八十円。利回り8%以上。久美子社長、新体制の
威厳たもつためにも、この配当は維持予定。百株で八千円、
五百株なら四万円の配当。

え? 年末プレゼント?

目先きく人は、大塚家具株、1000円前後から買いを入れたでしょう。
案の定、先週、株価上昇し始め、金曜日終値1105円。百株あたり、
一万円の利益。もちろん、こんな利益で売るわけにはいきません。

大塚家具、PBR0.7倍。下値は限定的。再び下がっても、
また1000円前後で止まるでしょう。配当8%ということは、
1000円で買ったなら、920円まで下がってもトントンということ。

けれど、大塚家具株、ジャスダック銘柄。素人には手出し無用。
株の勉強のため見るだけ、にしときましょう。

傘
Japanese umbrella

イギリス・ポンド、急落

今から十年前といえば、平成十八年。リーマン・ショック前。
当時、イギリス・ポンド人気高く、1ポンド250円くらい。強いポンドは
イギリスへの敬意、呼びおこし、ロンドン・シティは活況。
円高で不景気になる日本と、このへん違うところ。

ところが六月のEU離脱・国民投票。そして今回、メイ首相の離脱手続き
履行発表。イギリス・ポンドは落ちに落ち、今週終値は1ポンド128.05円。
十年前の半値。それだけイギリスの価値が下がったわけです。

とはいえポンド安でイギリスの輸出企業、息ふきかえし、
FTSEは史上・最高値圏で7044.39。

道
Weg

1ドル、103円台に

以前の記事で1ドル100円台。FXやってるなら、今はドル買い有利、
そう書きましたね。どんぴしゃ、その後、円安に振れ、現在、1ドル
103.51円。五百万円かけてれば、十万円ほど儲かったでしょう。

FXでは倍率を高めないこと、大切。数億円の相場を張る人いますが、
プロでない限り、無謀。十万円の利益を、これっぽちと思わないこと、
大切。それを積み上げていきましょう。

今後の為替は、なかなか予想しづらい。1ドル105円まで、
このまま円安が進むでしょうか? それは、分かりません。

透明
transparency

1ドル100円を超え、円高になるか?

あまり昔に遡っても意味ありません。ニクソン・ショック、プラザ合意は、
除きましょう。1ドル200円を切ったプラザ合意以降、つまり過去三十年、
円ドルチャートを見ると、一年間で25円以上、動いた時は、
ほとんどありません。

昨夏、1ドル125円。現在100円。値幅は既に、これまでの限界25円。
こういう数字は市場関係者に強く意識され、だから今年、100円を切って、
円高が進むこと、ありません。ならば、1ドル100円台の今、下値が
固いと買いに入るべきでしょうか?

FXに期限ありませんから、長期で持っていい、というなら、今の水準、
ドル買いに動けば、かなり有利。今後、1ドル95円まで円高が進んでも、
すぐに反発。また100円に戻ってくるでしょう。

円安の上値については予想できません。105円? 110円?
ドル買いに動くとして、どこで利益確定するかは一概に言えません。

ただし、FXは投資というより、投機。投機では、損失をどこまで許容するか、
が大切。今、ドル買いに動くなら、95円、最悪90円も想定し、それで
大丈夫なら、動いてよいでしょう。利益目標を102円にするか、
103円にするかは、どうでもいいこと。

倍率を低くし、証拠金を厚くし、現物ドルを持つつもりで、今、ドル買いに
臨むなら、一つの手でしょう。何度も言いますが、FXに期限なし。
そして今、歴史的な値幅で、円高。

秋
Herbst

日経平均、1万7000円の攻防(2)

日銀による政策に限界が見え、政府による効果的な財政出動なく、
日経平均に1万7000円という蓋。下値も固いので、
当分、1万6000円のボックス相場。

買い売りをこまめにやって、せこく稼ぐ取引。ただし、カラ売り、
なかなか難しい。オプション売りでもやれば、儲かる相場ですが、
私にそこまでの実力、ありません。

カップ
cup

三菱東京UFJ株、カラ売り(2)

500円台でカラ売りした三菱東京UFJ株。思惑どおり、400円台まで下落。
よし、と思って見てましたが、昨夜NYダウ上昇を受け、今日、
前場で上昇。再び500円台に。ここで、反対売買。

利幅は僅か。カラ売りは、こんな取引が多く、分析に手間かかる割に、
儲かりません。けれど、早めの手じまい、必要。

結局、信用取引のポジション、ゼロになりました。
今は現物株のみ。

ひなぎく
September

三菱東京UFJ株、カラ売り

中曽・日銀副総裁が講演。マイナス金利の深ぼり、ありうる、との見解。
来週が日銀・政策決定会合ですから、この時期、副総裁の発言、重要。

マイナス金利、金融機関へのダメージ、大きい。これ以上の深ぼり、
できないだろう、私はふんでました。けれど、今回の発言。

量的緩和、つまり国債・買い入れが、限界に近づいてきたからでしょう。
金融政策として、量的緩和より他の政策としては、ETF、リートなど
買取資産の多様化、その額の増加。そして、マイナス金利の深ぼり。

マイナス金利さらなる低下となれば、金融株、急落。
負債を抱え事業する不動産株、リートは急騰。

というわけで三菱東京UFJ株にカラ売り、実行。うまくいくでしょうか?
金融機関をダシに儲けること、投資で最もおもしろい。

落葉の道
autumn

三井物産株、売却

けっこう長く保有した三井物産株、売却しました。4%超の配当利回りを
評価し、購入した株。高輪で開催された株主総会にも出席。

けれど、前期、大赤字。配当4%、維持できなくなりました。
株価が買値を上回ってきたので、いったん売却。
高配当だった銘柄、名残おしい。

すぐにスイッチ。日産自動車株、購入。これも利回り4%超。
自動車セクター、目下、業績下方の展望なし。

今回のスイッチ、吉と出るでしょうか? 読者のみなさんと一緒に、
見ていきましょう。東京市場は、七月から膠着状態ですが、
今月下旬から、動き始めます。注視!

黄色
wealth

オプション(2)

オプションは買いだけなら、コールであっても、プットであっても、
損失限定。権利行使価格こえれば、利益無限。思惑どおりに
動いた時のオプション価格・上昇率は、原資産の売買より、
遥かに大きく、その意味では魅力的。

けれど、オプションはいわば、保険。思惑どおりにいかなかった場合、
支払った保険料(オプション)戻ってきません。保険は一般的に、
売る側が有利。買って儲ける商品ではありません。

オプションは売りもできますから、だったら売ればいいじゃないか、と
なりそうなもの。売った場合、利益確定、損失無限。思惑どおりなら、
書い手から保険料えられます。けれど、反対の動きの場合、
保険料、支払う義務。その保険料は、反対に行けば行くほど、大。
破産への道。

個人投資家がオプションを取引する場合、買いはともかく、
売りはやめとけ、と言われるのは、この理由。

買いも売りも、大して使えないじゃないかということで、
私はオプション原理だけ学んで、ほったらかしてました。

ところが、オプション。さまざまな可能性を秘めた取引であること、
徐々に分かってきました。コールとプットの合成、買いと売りの合成、
日経先物との合成・・・要するに、裁定取引。

シッカリ合成すれば、損失限定で、わりと確実な利益ねらえるようです。
ちょうど東京市場、上にも下にも行かず、儲けるチャンスなし。
そんな時、登場するのが、オプション。

今まで、裁定取引は、海外のヘッジファンド購入時、そのファンド・
マネージャーに一任。自分でやったことありません。けれど、
少額から慎重に始めてみましょう。

静かな森
forest

日経平均、1万7000円の攻防

日経平均が1万7000円を挟んで動かなくなりました。今後の動きは、
FRB、日銀からの発表しだい。日銀については、国債の
買い入れ増額、マイナス金利の上昇が取りざた。

とはいえ、国債は既に年間・八十兆円以上の買い取りを三年半、
継続。市中銀行から既発債、買ってますが、だんだん買い取れる
既発債なくなりつつあります。

そこでマイナス金利の上昇。最近の黒田総裁の発言でも、
マイナス金利の上昇、話題になってます。

マイナス金利上昇となれば、銀行株、急落。不動産株、上昇。
分かりやすいマーケットとなります。発表前に予想し、動くことがベスト。
とはいえ、今年の日銀発表、肩すかしばかりで、私は少し慎重。
発表を見てから、動きたいと思います。

水面
September

日経平均、当面の下値(3)

先月末に増額された、日銀によるETF買い入れ。これに、公的年金の
買い入れ加わりますから、日経平均の下値、強く固めることになりました。
1万6000円。よほど悪いニュース、海外から来ない限り、
この水準を割ることはありません。

ならば、安心して買いか、というと、上値も重い。
1万7000円が上値。東京市場、夏涸れ。

九月から、相場が動き始めます。上昇するか、下降するかは、
もう少し時間たたないと分かりません。臨時国会で審議される、
政府の財政出動。その内容によります。それを待ちましょう。
今は売り買いすべき時期ではありません。

緑
green

日経平均、円高への耐性

週末、日経平均・終値は1万6919円。1万7000円台うかがうところ。
為替1ドル101~102円という円高。昨年の今頃、1ドル125円。

この為替水準。今までなら、日経平均1万5000円を切っても
おかしくなかったでしょう。リーマン・ショック以降、
円高・株安、円安・株高というトレンド、不変。

けれど今回、円高にかかわらず、株安になりません。どうやら、
日本企業、為替水準を既に1ドル100円前後に合わせ、
マーケットも織りこみ始めたようです。

加え、七月末、日銀が政策決定会合でETF買取額、六兆円へ増加。
一カ月、五千億円。一日で七百億円の買い、一カ月で七度。

マーケット関係者なら、一日・七百億円の買い、どれほど大きいか、
すぐに分かるでしょう。現在、二人いる証券会社・出身の日銀理事。
マーケット価格形成プロセス歪める、として、反対。結果的には、
七ー二で可決されました。

日経平均に大きな下値メド。よほどの悪材料、海外から来ない限り、
日経平均、当分1万6000円を下回りません。

九月には政府の経済対策、具体化。その頃には、半年ほど経った
マイナス金利の効果も、徐々に効いてきます。全体的に見て、
日経平均、今後、1万7000円ともかく、1万8000円、
1万9000円を目ざし上昇する勢い。

とはいえ下値は固いけど、上値も固いのが、現状。日銀の買い支えを
見て、カラ売りなくなり、買い戻し上昇相場もありません。
1万7000円より少し上がったところで、調整する可能性も。

光
light

ホンダ株、上昇!

十日ほど前、ホンダ株、有望であること、記事にしましたね。
その後、為替が円安に進み、現在、1ドル107円。

ホンダ株も上昇。今日の前場で113円上がって2911円。
この前の記事を読んで、いいな、と思って四百株ほど買った人は、
それだけで、二十万円ほど利益が出てます。

私は既にホンダ株で利益確定しましたが、今、持ってる人は、
さらにホールドでよいでしょう。1ドル110円の壁、超えるか超えないかが、
次のテーマ。利益確定するのは、超えられない、と確認してからでも、
遅くありません。

私の場合、他の自動車メーカーにスイッチしたせいで、利益確定。
取引の細かいところまでは、ご紹介できません。

緑
green

ホンダ株、有望!

ホンダ株、現在2476円。連結PBRは0.66倍。連結PERも11.44倍。
不当な安値。配当・利回り、なんと3.55%。

この安値の理由、ホンダの将来業績への不安によるのでなく、
為替・円高。1ドル100円まで円高すすめば、輸出企業である
ホンダへの評価、かくのごとく低下。

けれど、1ドル100円が現在の円高ピークと見るなら、ホンダ株、
どこから見ても、買い。今、ホンダ株に買いをしかけるかどうかは、
今後の為替、どう見るかによります。

今後、1ドル90円を目ざし、さらなる円高、進むでしょうか?
進むと見るなら、ホンダ株、今は見送り、進まないと見るなら、
文句なしに買い。その判断は、個々の投資家に委ねられます。

テーブル
table

日本株、一人負け

金曜日、日経平均・終値は106円上がって1万5682円。年初、
1万8800円でしたから、15%下落。一方、NYダウは年初1万7300ドルから、
現在、1万7929ドル。イギリスのFTSEでさえ、年初、6200が現在、6526。
なんと、イギリス・ショックあっても、FTSE、年初から見れば、上昇。
日本株、一人負け。

なぜ、かくも日本株は脆弱なのでしょうか?

その答えは、取引主体にあります。現在、日本株・保有者で、
外国人の割合は三割。けれど、取引量で見ると、七割に跳ね
あがります。日本株・取引の主体は、七割が外国人。

彼らは日本株を買う時、何割か使い、ヘッジのための円買い。
日本株、下がれば、円が上がると知ってるからです。加えて、
世界市場が同時下落する時、日本株にカラ売り。一番、
下落幅が大きいと知ってるからです。

ということで、日本株は為替と連動。日本株さがれば、為替は円高。
実際、年初為替は1ドル120円。今、ちょうど15%ほど円高。

逆に、円安になれば、自動的に日本株は上昇。突きつめれば、
アベノミクスの本質は、それ。円安誘導し、株価上昇させ、
景気浮揚させること。

リフレ政策は正しいものでしたが、消費税・増税により、腰折れ。
現在に至ります。日経平均1万5000円台は、アベノミクス始まって、
半年ほど経った三年前の今頃と、同じ水準。

三年前から、一年半たった平成二十六年・十月、黒田・日銀総裁は、
第二の金融緩和を発表し、日経平均は2万円台に。けれど、日経平均、
昨夏をピークとし、チャイナ・ショックによって下落つづけ、現値。
為替も、昨夏が最円安で1ドル125円。なるほど。

なんとかして、インフレ率を上昇させ、円安にもっていかなくては
なりません。為替介入でなく、インフレ率・上昇により。そのためには、
財政出動しか、方法はありません。このブログで、何度も
指摘してるとおりです。

十勝
July

東京市場、大荒れ

イギリスEU離脱うけ、金曜日、日経平均・終値は1286円安の1万4952円。
離脱となれば日経平均1万4000円ですよ、そう予想した、このブログ。
その通りになりました。

そんな金曜日・夜、投資プロの教え子から、連絡。相場の大荒れで、
大損したかと思いきや、なんと、1ドル101円を見て、ドル買い、
円売りしかけたとか。

五百万円かけた、というのだから、これはスゴイ。私は来週、動こうかな、
というノリ。けれど、プロ投資家、金曜日、極端な円高を見て、早速、
ドル買い。さすが。

確かに、来週早々、市場が反発する可能性も。そもそもイギリスEU離脱は、
それほど大ニュースではありません。ならば、動くのは金曜日。
この判断力、機敏さ、これこそ投資家に求められるもの。
また一つ、教わりました。トホホ。

イチゴ
berries

日経平均、当面の下値(2)

このブログで指摘してた日経平均の当面の下値、1万6000円。
昨日、あっさり割りこみ、今日、大幅に続落。
終値485円安の1万5434円。

私は1万6000円で多く仕込んでますから、それを割ると、マイナス。
今はトホホ状態。しかたありません。

今回の下落、来週、イギリスで行われるEU離脱に関する国民投票を
受けてのこと。離脱となれば、株価はさらに下落。残留となれば、
一気に上昇。

イギリス国民投票の予想、私には、できません。日本にいては、
そんな情報、集められません。今は取引せず、マイナス広がる中、
見守ることにしましょう。為替も1ドル103円に急騰。

ラムネ
summer

日経平均、当面の下値

日経平均、当面の下値は1万6000円。二月に1万5000円切りましたが、
一日で1000円戻し、やっぱり1万6000円に。

1万6000円は、なんとなく出てきた数字でなく、今、上場企業の解散価値。
つまり、1万6000円切ると、上場企業のPBR一倍割れ。

リーマン・ショック時、上場企業PBR〇・八倍まで下がりましたから、
PBR一倍が下値と決めてかかることは、できません。けれど、平時なら、
およその目安。1万4000円まで網を張りながら、1万6000円切ったら、
そっと買いを入れる、これは賢い方法でしょう。

株に一千万円、入れるなら、三百万円くらい。二千万円なら、六百万円。
というより、まともな投資家なら、既に1万6000円あたりで
ポジション取り、次の動きに備えてるはず。

2万円で買った人は、そこまで行くのに、まだ相当な時間、かかります。
損切りすべきだったでしょう。何度も言いますが、1万4000円の
可能性もあります。一気に、全て入れてはいけません。

緑
May

トヨタ、最高益

トヨタ自動車が昨年度・決算を発表。営業利益、なんと2兆8539円!
アベノミクス始まって以来、トヨタは三年連続の最高益・更新。

とはいえ、来年度の営業利益。これが、失望。1兆円以上、
下がって、1兆7000億円の見とおし。四割の下落。理由は円安。

結局、今までの最高益も、円安によるもの。トヨタ社長が会見で
話したように「今までは、追い風・参考記録」。ここに、アベノミクスの
本質が象徴。つまり、金融セクターだけ変化し、その恩恵は、輸出・
大企業だけ。しかも、輸出・大企業すら、円安に振れると、
一気に業績悪化。

このブログで、何度も指摘しているとおり、財政出動が、不可欠。
サミット前後に、その発表、出るでしょう。株価も一気に上昇。
それをみこんで、今、建設株、不動産株、リートに資金流入。
私も、そういうポジションを取ってます。月末にかけ、
政府発表、市場反応に、注目です。

イチゴ
delicious
プロフィール

ゆめラジオ

Author:ゆめラジオ
ユーチューブとリンク

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
7位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ