FC2ブログ

清田の高三生

札幌の市立、清田高校。小樽商大に、それなりの進学者。
そんな清田生、日曜日、オンラインで英語を担当することに
なりました。女子です。

最初はセンター英語を使いながら、手ほどき。
その後、徐々に過去問演習に入っていきます。

東京の私大に行きたい、という女子。道内では息が詰まるのでしょうか。
私も授業中、折にふれ、東京の私大について、
その特色、話すようにしてます。

江南の高三生

江南高校は新潟の進学校。県立高校です。そこに通う男子、
私が指導し始め、もう二カ月。水曜日オンライン授業。

韓国のラップ・バンド、トワイス。そのヴォーカル、チェヨンに憧れ、
韓国語も勉強という男子。韓国語なら、私もいくぶん、
たしなみましたから、共通の話題。

東京の難関私大めざし、今、奮闘中。私も過去問演習で、
彼をあとおし。

学校では目だたなくしてる男子。けれど内には秘めた野望。
周囲をあっと言わせてやりたい。でも結果でるまでは、
秘密に、おとなしく。

普連土の卒業生(4)

普連土の卒業生から、久しぶりの連絡。卒業する頃、
パリに行ってフランス語を学びたい、なんて言ってた女子。

教えてたのは平成二十七年だから、もう三年前。早大・文化構想に進学。
そこでがんばってるんだろう、と思ってたら、なんとアメリカ・
ウィスコンシン州で今、留学してるという話。

塾で私が鍛えた英作文力、ここアメリカの勉強でも生きてます、
そんな嬉しい一文も。そう、受験勉強、特に英語は、まじめにやれば、
将来の土台になってくれます。

帰国すれば、また連絡くれることでしょう。異文化の中、
早大生、どんな経験したか、その時、聞いてみましょう。

登別明日中等教育の高三生

のぼりべつあけび、と読みます。北海道の中高一貫校。
平成十九年、開学。できて九年の新しい学校。
校名どおり、登別市にあります。

そこに通う高三女子、彼女の英語、私が担当することになりました。
月曜日のオンライン授業。北海道地震について聞いてみると。

・・・怖かったです。

午前三時ごろの地震。まだ起きてた、とか。ずいぶん揺れたけど、
周囲に被害はなかった、という話。地震ニュースを聞いた時、
私が一番に考えたのも、彼女のこと。

とりあえず無事だったということで、勉強再開。
けれど、電気も水も二日間、止まったそうです。

高崎経大の高二生

火曜日と木曜日、オンラインで高崎経大の高二生、
私が英語を担当しています。

英語が苦手な女子。けれど、東京の私大を志望。
まだ高二、時間あります。私はセンター英語を教材とし、
英文法の基礎、そして単語、熟語を叩きこんでます。

始まって一カ月の授業。最初はメタメタだった彼女の英語、
ようやく形できつつあります。テキスト全訳してくるように
課題を出しても、なんとかやってきます。

最初、どこまで鍛えていいのか、私も手探り授業でしたが、
鍛えまくっても、へこたれない根性女子と判明。
基礎から始めて、今は中級に。

洛北の高三生

京都の府立、洛北高校。かつて京都一中の流れくむ名門。
その洛北に通う男子、オンラインで担当しています。
火曜日授業。

サッカー男子。本来は十一月までの部活ですが、夏で引退。
秋から本格的な受験勉強、その英語担当が、この私。

スポーツ男子だけあって、少々きたえても、へこたれない。
私も最初から、かなり飛ばすつもりです。

地力ある男子、秋から始めて、どれくらい伸ばせるか、
私の腕の見せどころです。

京都女子の高三生

オンラインで京都女子の高三生、英語担当になりました。
水曜日の授業。京都女子高校といえば、関西の女子校、名門。
このブログでも、取り上げましたね。

大阪で暮らしていても、東京私大を志望する女子。
関西出身で東京の大学に進学した私も、
応援しないわけにはいきません。

英語に苦手意識ある京都女子生。最初は基礎から。
けれど、高三の秋、もう時間がありません。基礎と同時に
入試対策も。私としても、難しいやりくり、求められます。

水沢の高三生(2)

今、渋谷の地下通路にAAAのポスターがズラリ。その話、
水沢女子にしてみました。水曜日オンライン授業、その合間に。
すると。

・・・うらやましいです。

東京の私大を志望し、私から英語ならう岩手女子。J-POP好きで、
私との勉強でも、その話題で盛りあがります。そんな中、AAA。

彼女が好きだという曲、いくつか紹介してくれました。
早速、聞いてみましょう。私にとってのJ-POP、実は
五年くらい前で止まってますから、ここは発掘しないと。

城北の卒業生(11)

東京フォーラムとJR山手線の交差点、残暑の昼さがり、
やってきたのは、城北の卒業生。お客さま対応ということで、
予定より少し遅れて登場。彼が社会人になる、少し前に会って以来。
また大人になりました。

駅ガード下の魚料理店。有楽町で一番おいしいと評判。
そこに案内したのですが、人気店らしく、完売。
やむなく地下街おそば屋さんに。

外資に入社し、後輩もできた、と言う男子。なんと、九億円を、
荒稼ぎ。その内容、ブログで詳しく書くこと、できず。

年収それくらいになっても、夕食MAX千五百円とか。
来月には再びニューヨークに行く、ということで、
今回、有楽町で話すことになりました。

彼がやってる仕事も、稼ぐ額も、ふつうでないのですが、
私には、なじみある話題。彼の方でも、かつての師に語る、
自らの武勇伝。まんざらでも、なさそうです。

百万円を超える時計。もっと高いものも買えるけれど、
顧客対応の理由で、これ以上、高額なもの、
身につけない方がいいとか。

入社以来、睡眠時間、二時間以下で、がんばってきた男子。
やはり、常人を超えた努力あっての高額報酬。

さまざまな投資手法、財務諸表分析を聞きながら、
私も、投資もっとがんばろう。

東京学館の卒業生(2)

日曜日夜、押上で開かれた学館生クラス会。スカイツリーの真下。
八月も二十六日なら、もう涼しくなってるだろうと、この日に予定、
入れましたが、残暑、厳しい。午後六時に集合。暑い。

昨年、教えてた学館生。今回、集まったのは四名。
男子一名、女子三名。江戸情緒あふれる、和食のお店に、
ご招待。コースのお料理です。

先付、茶碗蒸し、漬物、てんぷら、おそば・・・食事すすむうちに、
なんと話題は、一人いた男子の恋愛相談に。

どうすれば、ぼく、彼女できるでしょうか・・・?

それに対する、私の返答、そして女子たちのコメント。
盛りあがった話題ですが、そこで語られた口伝、
ブログに書くこと能わず。

お店でた頃は、もう夜風。下町の夜。見上げるスカイツリーも、
ライトアップ。学館生とのクラス会。一度目は銀座で和食。
二度目は今回、押上で和食。三度目は築地で、
お寿司にしましょう。そう言うと、みんな、ワーイ。

城北の卒業生(10)

城北の卒業生から、連絡がきました。東大卒業後、
外資に就職した男子。てっきりニューヨークにいるとばかり、
思ってましたが、帰国。麻布十番から、かけてきました。
久しぶりの休暇なようです。

で、話を聞いてると、その内容が、またスゴイ。外資に就職後、
なんと九億円、荒稼ぎした、とか。東大生の頃から、数千万円、
稼いでいた男子。外資に入り、ケタがまた一つ、上がりました。

一体、どんなマーケットで、そんなポジション、取れたのでしょう?
NYダウ、日経平均、年初から、そんなに動いてないのに?

九月半ばまで東京にいて、またニューヨークに戻る、と言う男子。
その間、話せたらいいね、ということになりました。その時、
どんなマーケットで稼いだのか、私も有楽町で
拝聴することにしましょう。

二十代半ばの男子。汐留と六本木に、家も買ったとか。
おお。二つも家、いるんかい?

岡山朝日の高二生

オンラインで岡山朝日生に、英語を教えることになりました。
九月からの土曜日授業。岡山朝日といえば、岡山県立トップ校。
そこに通う理系女子。二年生です。

西日本の公立高校で教えたいな、いつもそう思っていましたが、
今回、オンラインでそれが実現。

高二なので、焦る必要ありませんが、英語は一番、苦手とか。
ここは、英語を好きになってもらわなくてはなりません。
まずは苦手意識の克服から。

京華の高三生

京華高校といえば、文京区にある男子校。その京華生、
木曜日と日曜日授業で、めんどうみることになりました。

なんと、先月七月までボリヴィア留学の男子。
スペイン語ペラペラで帰国。

とはいえ、日本の大学入試、スペイン語受験は、なかなか。
しかもグローバルな今、英語できてこその、スペイン語。
私から英語を習うと決めた、彼の決断は正しいでしょう。

受験勉強を通じ、英語、スペイン語を両方とも話せる
大学生になってもらいます。

スペイン語できても、そのままでは、英語の勉強に
あまり役立ってくれません。新しい言語、学ぶつもりで。

逗子開成の高二生

逗子開成生、教えることになりました。火曜日授業。今は高二です。
逗子開成といえば、海の男を育てる、中高一貫校。
今回の男子も、高二にしては、実力あり。
育てがいありそうです。

どこかの国立大文系に進学できればいい。
今の彼は、そんなノリ。

私としては数学がんばってもらって、一橋あたりに押しこみたいところ。
まずは、模試で英語偏差値70を取りにいきましょう。

藤嶺藤沢の高三生

七月からオンライン授業を始めた藤嶺藤沢生。男子です。
月曜日授業。私のスタイルにも、だいぶん慣れてきました。

無口な男子。最初は話しかけても、ろくすっぽ返事なかったのですが、
最近は長い読解で、しっかりした訳を続けるようになってます。
げに、男子の成長は早い。

勉強を始め、もう二カ月近く。そろそろ手ごたえ、ほしいところ。
私としては、夏終りから始まる模試を受けにいくように、
彼に伝えています。

やっぱり、実力は客観的に判断してもらわないと。

高輪の高三生

高輪高校は泉岳寺にある男子校。泉岳寺は赤穂浪士で有名。
そんな高輪生に、日曜日の授業。英語を教えることになりました。

歴代の高輪生、けっこうレベル高かったのですが、
今回の男子、英語で苦戦。これは、まずい。

中学レベルまで戻って教える部分と、高三のハイレベルな部分が、
ごっちゃになる授業。けれど、その方法しかありません。

なんとか志望校レベルまでもっていかないと。週一回の授業では、
とても足りません。授業のない六日間、どれだけ積み上げて
もらうかが、勝負。その気にさせることが、私の仕事です。

水沢の高三生

岩手県・奥州市にある水沢高校。そこに通う女子に、
英語を教えることになりました。水曜日のオンライン授業。

彼女いわく、水沢高校は「自称」進学校。学校授業だけでは、
とても対応できません。というわけで、私の出番となりました。

私大文系を志望する女子。英語で決まります。
私の責任も、大。がんばらないと。

水沢といえば、私が尊敬する高野長英、後藤新平を輩出した街。
彼女に高野、後藤について聞いてみると。

もちろん知ってます。

故郷の偉人については、やはり教育委員会も、
伝えるべきことは、伝えてるようです。

七尾の高三生

石川県・七尾市にある七尾高校。街ではトップ校。けれど、
まともな受験指導、なかなか受けられない。
都会の予備校にも通えない。

そんな七尾生に、オンラインで英語を教えることになりました。
男子です。授業は金曜日。

英語は得意なようで、初回授業でも、私の質問に的確に答えてきます。
これは、有望。しかも、変わった話が好きらしく、私が合間にはさむ
雑談、おもしろそうに聞いてます。知性ある若者、
それくらいの余裕、なくては。

志望校は控えめにMARCH。今後、成績が上昇してくるでしょうから、
適時に早慶への挑戦にも、話を振ってみましょう。

七尾高校。地方の公立進学校ありがちですが、国立大の
受験対策ばかり熱心で、私大対策は皆無とか。

三高・野球部、決勝進出ならず

センター南教室に通う三高・女子。きょう月曜日、
午前中授業、欠席。甲子園に行きました。
ベスト4まで勝ち進んだ野球部を応援。

決勝に進んだら、応援にいきます。

そう言ってた女子。野球部の活躍みて、受験勉強を一度、中断。
ご両親は尼崎出身、親戚みな関西、と言ってましたから、
宿泊場所に困らないでしょう。

で、今日の準決勝、結果は?

秋田代表の金足農に1-2で惜敗。完投を許しました。
私も仕事の合間、甲子園の結果をチェック。
日大三高、決勝進出ならず。

野球ルールよく知らない、と言ってた女子。スタンドから見た試合、
どうだったでしょうか? 次の授業で聞いてみましょう。

郁文館の高三生

郁文館に通う剣道男子、私から英語指導を受けることになりました。
なんと、剣道三段! 団体戦ではインターハイ目ざしましたが、
今夏の都大会、ベスト8敗退。引退することになりました。

部活おわってからの受験勉強。けれど根性あり。剣道で培った
集中力、ここからは英語に向けます。もともと勉強きらいなら、
そんな運動から勉強への転換もできないのですが、
彼の場合、大丈夫そうです。

鍛えれば、伸びる。MARCHのどこかに押しこみましょう。
私には慣れた作業です。

自修館の高三生

伊勢原にある時修館。男女共学の一貫校。高校入学も、可能。
伊勢原といえば、大山の麓。雄大な山々。

同じ敷地内に向上高校。向上野球部は毎年、夏の県大会で、
勝ち上がります。今夏も四回戦、進出。県相に4-6で惜敗。
涙のみました。

さて、そんな時修館に通う、高三女子。高校からの入学。
彼女の三年間をしめくくる受験、その英語指導、なんと私が
担当することになりました。彼女との勉強が始まったのは、
先月末、もうすぐ一カ月です。

英語はけっこうできる。けれど目標も高く、妥協したくない、という女子。
まあ、力ぬいて。私はそう言うようにしてます。リラックスして
臨んだ方が、より良い結果が出ます。
どんな分野でも、そう。

袋井の高三生

先月初めからオンラインで県立袋井の男子、めんどうみることに
なりました。高三男子、静岡の男子らしく、サッカー部所属。
部活引退し、本格的な受験勉強、そして私の指導、
受けることになりました。

もう二カ月近くになる、彼との勉強。日曜朝です。お父さんからの
報告によると、日曜日は午前中、私と勉強した後、すぐに近くの
自習室に行き、勉強する習慣がついたとか。おお。

私の指導は週一回でも、それを契機に全体の勉強量が増えること、
これが大切。袋井にいて、まともな受験指導に触れること、
できなかった男子。オンラインで、私が英語を口伝。

東京学館の卒業生

昨年、教えてた学館生。夏期講習ちょうど今頃。京成線に乗って、
山の中まで通ってた頃、なつかしい。

そんな学館・女子から今回、連絡あり。夏にクラス会やりたい、
という話。おお。学館生とは三月、銀座でクラス会、開きました。
八月終り、また再会しましょう。

今回は日本橋か汐留を予定。本当は学館生を横浜に案内したいところ。
横浜通を自認する私、横浜はいろんなスポット、案内可能。
けれど学館生、千葉県民なれば「横浜に来て」とも言えず、
やっぱり、東京ウォーターフロントで。

三高の高三生

今夏からセンター南教室で高三生を担当することになりました。
日大三高・女子。二高生なら、これまで何人もこのブログに登場。
けれど、三高生は初めて。

英語きらいじゃないけど、できない、そんな女子。この夏、そんな英語に
弾みつけたい。体験授業へて、来塾を決めました。

朝早くからの授業。けれどシッカリ通ってます。まじめ女子。
彼女のサクセス・ストーリー、その道筋つけること、
私の新しい仕事、始まりました。

湘工大の高一生(8)

七月、湘工大附属で一学期最後の授業。アドバンス・クラスの
テキストで出てきた"revolution"。「革命」の意味。

私が「フランス革命」や「ロシア革命」について語ってると、
一番後ろに座った男子。

先生、ロシア革命はスターリンだよね。

英語はあまり得意でない男子。けれど一学期、皆勤。
英語はともかく、歴史には興味あるようです。

ロシア革命はスターリンじゃなくて、レーニン。

私もすかさず彼の言葉、訂正。けれど、そこから革命とは何か、
共産主義とは何か、みたいな話。なんと湘工大のアドバンス・
クラス、それなりに耳かたむけ。こんな話に。

今週で、一学期も終わりました。二学期も、英語のテキストを基に、
いろんな話へ広げていきましょう。お楽しみに。

湘工大の高二生

土曜日、湘工大附属での授業。廊下でバッタリ、高二男子。
昨年の教え子。私は昨年、高一担当。てっきり、もちあがりと思ってたら、
今年も高一担当。昨年の教え子たちに教えること、叶わず。

とはいえ今回、久しぶりの再会。昨年度、一緒に帰った東海道線、
音楽アレンジャーになりたい、熱く語る男子。私もJ-POPの話、
盛り上がりました。

今回、廊下での立ち話。アレンジャーへの夢、もちろん今も。
第一志望、国立大。

湘工大からJR辻堂駅まで遠い。けれど、話すには、よい距離。
夏の終り頃、また話しかけてくれるでしょう。

東京家政の高一生(4)

一学期終わりに近づいた六月最終週。東京家政での授業も、終了。
月曜日の九段は、夏のようなお天気。窓あけただけではダメで、
今年初めて、空調をつけました。

東京家政での授業、初級文法を板書だけでサッと片づけたのが、
最初の数回。爾来、高一なのに教材はセンター英語。

今の高一生、センター試験とは関係ない世代ですが、センター英語、
大学入試のきっかけとしては良問ぞろい。使わない手、ありません。

第六問まであるセンター英語の、第一問、第二問のみ。
それを数回、解いて、一学期授業、終わりました。

「ありがとうございました」と挨拶して、教室を出ていく女子たち。
出会った時の挨拶は「ごきげんよう」。しつけは鍛えられてます。
彼女たちとの再会は、二学期。

七周年です

ブログ開設が平成二十三年でしたから、もう七年。
今日から八年目。読者のみなさんと作ってきたブログ。

世界は激動しています。常にフォローしておかないと。
さまざまな記事、お届けしましょう。

今でなければいつ? ご期待ください。

田雙の卒業生(3)

溝の口にあるイタリアン・レストラン。入ってきたのは、田雙・卒業生。
五年前に教えてた女子。私と青高・男子、先にテーブルにつき、
彼女が加わりました。五年前に教えてた二人。
溝の口でクラス会。

今春、早大・政経を卒業し、大手都市銀行に就職きめた田雙生。
内部文書、いったん自宅に置かねばならない、という理由で、
今夜のクラス会にも遅れてきました。

ワイン好きな女子。パスタに白ワインはよく合います。
食べながら、支店業務、語ってくれました。覚えること、
多くてタイヘン。まずは金融用語をマスター。

とはいえ、資産運用にも進みたい、そう語る女子。その目は、
未来みすえてます。どんな金融女子に成長するでしょうか?
今後の活躍に注目です。

青高の卒業生(7)

田園都市線・溝の口駅。改札で迎えてくれたのは、青高・卒業生。
男子です。教えてたのは平成二十五年だから、五年前。
今春、早大・文を卒業。広告代理店に就職しました。

二人で行った、イタリアン・レストラン。パスタと白ワインの夕食。
軽い夕食。彼には太ってほしくない。話してると青高生、
会社では昼食とってないとか。

先生、絶食すると、超能力つくって、言ってましたよね。
え?

そんな話、してたっけ? とはいえ、食べるから、私たちは太る。
食べるから、短命になる。食べるから、バカになる。
昼食を抜くこと、私は大賛成。

広告代理店での、日々。早大祭で鍛えたマネージング能力で、
社会人の仕事も、けっこう、こなせるとか。これは、頼もしい。

次は長津田あたりで会おう、ということに。今回の店えらびは、私。
次回は、彼が選んでくれます。今から、楽しみ。
プロフィール

松本誠一郎

Author:松本誠一郎
ちょっと変わった世界へ、ようこそ!

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
時計
Cats
Sweets
検索フォーム
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク